MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗ってます! 秋のイカ三種盛り ヤリイカ編【相模湾・小田原南沖】

乗ってます! 秋のイカ三種盛り ヤリイカ編【相模湾・小田原南沖】

ついに相模湾西部の小田原南沖でヤリイカが始まった。今年の夏は、相模湾ではスルメの模様がパッとしなかったので、「イカヅノを存分にシャクりたい!」と、このときを待ちわびていたイカ釣りファンも多いことだろう。さぁ、心ゆくまで、シャクっていただきましょう!

シーズン初期とあってイカの種類は本命ヤリイカが主体だったり、スルメ主体だったりとマチマチ。数はトップ30杯前後とまずまず

身が柔らかくて食べて最高においしいサイズが乗ってます!

ポイントは小田原南沖の水深150m前後。

思わず顔もほころびます。

この海域に合わせてツノがセレクトされた「坂口丸」オリジナル仕掛け。

「一杯目は必ずアタリが出る」と久保田船長。竿先を注視してアタリをとらえよう。

今期はサバが少ないので仕掛けはブランコメイン。取り込みは落ち着いて行おう。

これはうれしいヤリとニセのダブル! スルメのサイズが小さいので、ツノは11cm主体でOKだ。

スルメはこのサイズが多い。これがうまい! とくにこの時期の船上干しは空気が乾燥しているから最高の仕上がりに! 熱燗でグビッとやりたいですねな。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小田原早川港「坂口丸」。

ヤリイカファンのみなさまお待たせしました! 相模湾の西側・小田原南沖で、ついにヤリイカが開幕したぞ!
シーズン初期とあってイカの種類は本命ヤリイカが主体だったり、スルメ主体だったりとマチマチだが、数はトップ30杯前後とまずまず。スルメはニセイカ(ムギイカとスルメイカの中間)が中心で、このニセイカがまたうまい! お刺身はもちろん、干しても煮ても焼いても最高なのだ。
そのうえ、今期は厄介者のサバが少ないから、仕掛けはブランコでOK。初心者の入門にも最適だ。
「まだ始まったばかり。これからどんどんよくなりますよ!」とは小田原早川港「坂口丸」久保田忍船長。
昨シーズンは年明け頃から本格化し、年をまたいで5月頃までロングランで続いた小田原南沖のヤリイカ。つまり本番はこれから。熱いシーズンが始まったぞ!

ツノは11㎝、ブランコ仕掛けでOK!

10月下旬の状況ではスルメもよくまじっているので、ツノのサイズは11㎝主体にしようか、それとも14㎝にしようか、セレクトに迷う人も多いのではないだろうか。
「いまのところはスルメはニセサイズが多いので、ツノは11㎝メインで大丈夫です」とは小田原早川港「坂口丸」の久保田忍船長。
ブランコか直結かについては、「サバが少ないので、仕掛けはブランコでOKですよ」とのこと。14㎝のツノの仕掛けや直結仕掛けは、予備程度と考えておいてよさそうだ。
ツノのカラーについては、
「ケイムラ、ブルー、ピンクの基本3色をメインに、イエローや赤白スッテをまぜるといった配色でいいですよ」
ツノ数は、初心者は5~7本程度がベター。仕掛けの扱いに慣れた人なら、ヤリメインの状況なら7本程度、スルメメインのときは10本以上がタナを探りやすく効率的だ。

指示ダナの範囲によって、探り方を変えよう!

投入の合図が出たら即投入! はヤリイカやスルメイカ釣りでは鉄則。そのためにも、上のイラストを参考に釣り座のセッティングを行い、仕掛けを手前マツリさせないよう、迅速かつ確実な投入を心がけたい。「坂口丸」は投入器が船に完備されているので安心だ。
タナは「水深150m。底から5mをやってみて」という底中心のパターンと、「水深140m。タナは110mから下に出ています」などと広く出ているパターンの大きく2種類がある。
前者の場合は、オモリをいったん海底まで着け、海底から指示ダナの範囲を集中的に誘うとよい。
後者の場合は、道糸のマーキングをよく見ておき、上の指示ダナの少し手前からサミングしたり道糸の放出を時々止めたりしながら誘い下げていくとよい。アタリがなくオモリが海底に着いても、反応が広範囲に出ている場合は面倒がらずに上の指示ダナまでしっかりと誘おう。
また、指示ダナが広く出ることが多いと感じた場合は、ツノ数の多い仕掛けを使うのも手。効率よくタナを探れる。
そして忘れてならないのが「巻き落とし」。しばらくタナを探ってもアタリがないときに、水深の半分程度仕掛けを大きく巻き上げ、再び落すというテクニックだ。非常にカンタンだが、効果は絶大だ。

シャクったら止めて、必ずアタリを見る!

誘いは、水深が深い場所(とくに150m以上)では小さな誘いではツノが効果的に動かないので、大きく強めに行うとよい。そしてシャクった後は必ず竿の動きを止め、竿先に出るアタリをしっかりと見るようにしたい。
「アタリは、1杯目は必ず竿先に出ますので、シャクったあとはしっかりと竿先を見て、アタリをとらえてください」と久保田船長も言う。
2杯目からのアタリはそれほど明確には出ないので、さらに誘いを掛けるようなことはせず、追い乗りはリールのハンドルをまわして仕掛けを巻き上げることで狙い、あとは中速で巻き上げよう。
小田原南沖のヤリイカシーズンははじまったばかり。
「昨シーズンは、年をまたいで年明け頃がピークで、今年の5月まで続きました。これからどんどん群れが入って来ると思いますので、非常に楽しみです」と久保田船長。
夏の鬱憤を晴らすべく、存分にヤリイカ釣りを楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読