MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
沼津沖の夜タチウオ、今シーズンもムラムラっと好調だ!【沼津沖】

沼津沖の夜タチウオ、今シーズンもムラムラっと好調だ!【沼津沖】

例年7月ごろからスタートし翌年春ごろまでロングランで楽しめる沼津沖の夜タチウオが、今シーズンも順調な滑り出しを見せている。夜風が涼しくなってきた今日この頃、快適な釣りと好釣果が期待できそうだ。

「ムラムラパイプ」の新色を沼津沖のタチウオで試してみよう

指6本級の大型も出た!! 沼津沖ではドラゴンクラスの大物も少なくない。

好調に釣れている沼津沖の夜タチウオを狙い、「イシグロ」のスタッフたちが沼津「舵丸」から出船。

東邦産業「ムラムラパイプ」の新色「超ケイムラ/夜光ピンク」、「超ケイムラ/セクシーピンク」の効果を試した!

こちらはイシグロオリジナルの「ムラムラパイプ・アソートパック」。夜釣りには「夜光アソートパック」がオススメ。

実はこの日が沼津沖の夜タチウオ初体験という飯田純男さん。ムラムラパイプ効果で? 連発だ!

「沼津のタチウオでは、ハリスは通常8号以上を使うことが多いと思いますが、私は今日は6号を使いました。ムラムラパイプがチモトを保護してくれるから、ハリス切れは一度もありませんでしたよ!!」。

ハリのチモトにムラムラパイプをセット。ケイムラ発光で魚にアピールする(夜光タイプは、さらに蓄光して発光)。

ラムラパイプがあるとハリス切れや、ライントラブルが激減する。

リーダーとタチウオテンヤの接続部にムラムラパイプをセットし、アピール効果とリーダーの保護を狙う。

ジグにもムラムラパイプをセットして発光アピール。

新保明弘さんはタチウオテンヤで狙い、良型連発。

好釣な夜タチウオを狙い、この日沼津港「舵丸」に集まったのは釣り具ショップ「イシグロ」のスタッフとシマノインストラクターの飯田純男さん、東邦産業テスター新保明弘さん等のメンバー。東邦産業「ムラムラパイプ」の新色を沼津沖のタチウオで試してみよう、というのがこの日の趣向だ。
東京湾と違って夜の釣り、しかもアンカーを打って集魚灯を灯し魚を寄せて釣るのが沼津沖のスタイル。魚が寄るまでは「待ち」の釣りとなる。そのため魚を寄せる効果のあるアピールグッズも重要になってくる。
この日は「ムラムラパイプ」の新色「ケイムラ/夜光ピンク」が効果を発揮! 「実は沼津沖のタチウオは初めてなんです」という飯田さんに連続ヒット。新保さん、イシグロスタッフも好調にタチウオを釣り上げ、指6本クラスの大型も姿を現した。
沼津沖のタチウオは今後も期待十分、本番はこれからだ!

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。
更新: 2019-03-29 07:00:00
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読