MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
沼津沖の夜タチウオ、今シーズンもムラムラっと好調だ!【沼津沖】

沼津沖の夜タチウオ、今シーズンもムラムラっと好調だ!【沼津沖】

例年7月ごろからスタートし翌年春ごろまでロングランで楽しめる沼津沖の夜タチウオが、今シーズンも順調な滑り出しを見せている。夜風が涼しくなってきた今日この頃、快適な釣りと好釣果が期待できそうだ。

perm_media 《画像ギャラリー》沼津沖の夜タチウオ、今シーズンもムラムラっと好調だ!【沼津沖】の画像をチェック! navigate_next

「ムラムラパイプ」の新色を沼津沖のタチウオで試してみよう

指6本級の大型も出た!! 沼津沖ではドラゴンクラスの大物も少なくない。

好調に釣れている沼津沖の夜タチウオを狙い、「イシグロ」のスタッフたちが沼津「舵丸」から出船。

東邦産業「ムラムラパイプ」の新色「超ケイムラ/夜光ピンク」、「超ケイムラ/セクシーピンク」の効果を試した!

こちらはイシグロオリジナルの「ムラムラパイプ・アソートパック」。夜釣りには「夜光アソートパック」がオススメ。

実はこの日が沼津沖の夜タチウオ初体験という飯田純男さん。ムラムラパイプ効果で? 連発だ!

「沼津のタチウオでは、ハリスは通常8号以上を使うことが多いと思いますが、私は今日は6号を使いました。ムラムラパイプがチモトを保護してくれるから、ハリス切れは一度もありませんでしたよ!!」。

ハリのチモトにムラムラパイプをセット。ケイムラ発光で魚にアピールする(夜光タイプは、さらに蓄光して発光)。

ラムラパイプがあるとハリス切れや、ライントラブルが激減する。

リーダーとタチウオテンヤの接続部にムラムラパイプをセットし、アピール効果とリーダーの保護を狙う。

ジグにもムラムラパイプをセットして発光アピール。

新保明弘さんはタチウオテンヤで狙い、良型連発。

好釣な夜タチウオを狙い、この日沼津港「舵丸」に集まったのは釣り具ショップ「イシグロ」のスタッフとシマノインストラクターの飯田純男さん、東邦産業テスター新保明弘さん等のメンバー。東邦産業「ムラムラパイプ」の新色を沼津沖のタチウオで試してみよう、というのがこの日の趣向だ。
東京湾と違って夜の釣り、しかもアンカーを打って集魚灯を灯し魚を寄せて釣るのが沼津沖のスタイル。魚が寄るまでは「待ち」の釣りとなる。そのため魚を寄せる効果のあるアピールグッズも重要になってくる。
この日は「ムラムラパイプ」の新色「ケイムラ/夜光ピンク」が効果を発揮! 「実は沼津沖のタチウオは初めてなんです」という飯田さんに連続ヒット。新保さん、イシグロスタッフも好調にタチウオを釣り上げ、指6本クラスの大型も姿を現した。
沼津沖のタチウオは今後も期待十分、本番はこれからだ!

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
去年、鹿島港「植田丸」で誕生した『テン巻き』 。『ひとつテンヤ 』と『巻き物(ジグ&タイラバ)』をTPOで使い分けて楽しむライトゲームのことで、その釣果がグングン上昇中だ。
銭洲解禁!伊豆諸島遠征シーズン開幕!今年もシマアジが絶好調!五目は激うまウメイロメインでお土産十分!カンパチはジギングでチャレンジ!
常磐沖のルアーゲームを多彩に楽しませてくれる「釣楽園 征海丸」。春先のおすすめはホウボウ&カンパチゲームだ。
鹿島沖の水深60m台にヤリイカが大回遊中!春の浅場パターンはオモリ150号、通常タックルで攻略!追い乗りさせて多点掛けを目指そう!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル