MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
沼津沖の夜タチウオ、今シーズンもムラムラっと好調だ!【沼津沖】

沼津沖の夜タチウオ、今シーズンもムラムラっと好調だ!【沼津沖】

例年7月ごろからスタートし翌年春ごろまでロングランで楽しめる沼津沖の夜タチウオが、今シーズンも順調な滑り出しを見せている。夜風が涼しくなってきた今日この頃、快適な釣りと好釣果が期待できそうだ。

「ムラムラパイプ」の新色を沼津沖のタチウオで試してみよう

指6本級の大型も出た!! 沼津沖ではドラゴンクラスの大物も少なくない。

好調に釣れている沼津沖の夜タチウオを狙い、「イシグロ」のスタッフたちが沼津「舵丸」から出船。

東邦産業「ムラムラパイプ」の新色「超ケイムラ/夜光ピンク」、「超ケイムラ/セクシーピンク」の効果を試した!

こちらはイシグロオリジナルの「ムラムラパイプ・アソートパック」。夜釣りには「夜光アソートパック」がオススメ。

実はこの日が沼津沖の夜タチウオ初体験という飯田純男さん。ムラムラパイプ効果で? 連発だ!

「沼津のタチウオでは、ハリスは通常8号以上を使うことが多いと思いますが、私は今日は6号を使いました。ムラムラパイプがチモトを保護してくれるから、ハリス切れは一度もありませんでしたよ!!」。

ハリのチモトにムラムラパイプをセット。ケイムラ発光で魚にアピールする(夜光タイプは、さらに蓄光して発光)。

ラムラパイプがあるとハリス切れや、ライントラブルが激減する。

リーダーとタチウオテンヤの接続部にムラムラパイプをセットし、アピール効果とリーダーの保護を狙う。

ジグにもムラムラパイプをセットして発光アピール。

新保明弘さんはタチウオテンヤで狙い、良型連発。

好釣な夜タチウオを狙い、この日沼津港「舵丸」に集まったのは釣り具ショップ「イシグロ」のスタッフとシマノインストラクターの飯田純男さん、東邦産業テスター新保明弘さん等のメンバー。東邦産業「ムラムラパイプ」の新色を沼津沖のタチウオで試してみよう、というのがこの日の趣向だ。
東京湾と違って夜の釣り、しかもアンカーを打って集魚灯を灯し魚を寄せて釣るのが沼津沖のスタイル。魚が寄るまでは「待ち」の釣りとなる。そのため魚を寄せる効果のあるアピールグッズも重要になってくる。
この日は「ムラムラパイプ」の新色「ケイムラ/夜光ピンク」が効果を発揮! 「実は沼津沖のタチウオは初めてなんです」という飯田さんに連続ヒット。新保さん、イシグロスタッフも好調にタチウオを釣り上げ、指6本クラスの大型も姿を現した。
沼津沖のタチウオは今後も期待十分、本番はこれからだ!

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
日立久慈沖の激うまアカムツが開幕!今期は真沖の120mからスタート!日立久慈港「釣友丸」では当日、47㎝1.6㎏の大型もキャッチ!日立沖はいまがチャンスだ!
平塚港「庄三郎丸」ではイナダ&ワカシをメインに狙うLTイナダ五目船が好調!船長のオススメ仕掛けはウイリー!今後はカンパチも期待大!
聖地、波崎沖カンネコ根のアカムツが乗っ込みハイシーズンを迎える!波崎「仁徳丸」では連日良型が浮上中!誘いのパターンを理解して、激うまアカムツを確実にゲットしよう!
沼津沖の夜タチウオが開幕!アンカーを打ってのカカリ釣りでドラゴンを狙う!金洲はカツオ&キハダが絶好調!太いハリスで勝負だ!
マハタが好調!勝浦松部港の「信照丸」では、トップ8匹の日、船中20匹も上がった日も!ここ数年で、マハタの魚影がもっとも濃いように思う。極上の味覚を狙いに勝浦へ行ってみよう。
最新記事
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読