MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
高性能タックルを駆使して、カワハギ53枚ゲット!!【相模湾・腰越沖】

高性能タックルを駆使して、カワハギ53枚ゲット!!【相模湾・腰越沖】

秋が深まるとおもしろくなってくるのがカワハギだ。夏から開幕している相模湾・腰越沖も数釣りシーズンに突入している。

周囲がエサばかり取られ苦戦するなか、魔法のように掛けていった

木っ端サイズが多いなか、良型を引きずり出した。

ポイントは腰越沖〜鎌倉沖と広範囲。水深は20m台〜30m台。

途中の連発タイムでは一荷も!

当日、飯田さんが使ったハリは「ステファーノ 吸わせ」の6.5号。

飯田さんはこの仕掛けを使用。

13時すぎには50枚達成。

当日、飯田さんがメインに使った竿はゼロテン釣法専用のシマノ「ステファーノ 攻 SS175」。カワハギがエサを吸い込むのに違和感を与えない穂先のおかげで、飯田さんは手ごわい木っ端サイズを連発していた。

リールはハイギア仕様のシマノ「ステファーノ SS101HG」を使用。

飯田さんは釣れたカワハギを神経締めにする。死後硬直せず、当日は甘く透き通ったカワハギの刺身を食べることができるという。

飯田さんの釣友・一野義隆さんもこのとおり。

同船者も良型をゲット!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・腰越港「池田丸」。

活況を呈するな腰越沖のカワハギに、今回チャレンジしたのがシマノインストラクター・飯田純男さん。今年発売のニュータックルを持参して腰越港「池田丸」に乗船した。
まずは港からほど近いポイントでスタート。飯田さんは第1投目から本命を手にしたが、その後はベラの猛攻。ベラのアタックをかいくぐって、ときおり本命を掛けるが厳しい状況。
そこで、橋本浩平船長はポイントを移動。小マメに移動して、鎌倉沖で好反応を発見。すぐにエサが取られる状況。そこで飯田さんはゼロテン釣法専用のシマノ「ステファーノ 攻 SS175」を取り出す。カワハギが違和感なくエサを吸い込む軟らかい穂先のおかげで、小型ながら怒涛の連発がはじまった!
「穂先が軟らかいので、なんとか掛かっていますが、小型が多いので竿先に集中していないと、すぐにエサを取られちゃいますよ!」と飯田さん。
竿先にちょっと変化が出ると、聞き上げるように竿を立て、見事に掛ける飯田さん。周囲がエサばかり取られ苦戦するなか、まるで魔法のように掛けていった。
正午頃には40枚を記録し、13時すぎには50枚を突破! この日は53枚でダントツの竿頭となった。
「今日はおもにゼロテン釣法でした。この釣り方では、集寄を付けることでアタリが伝わりやすくなります。『ステファーノ 攻 SS175』のおかげもあって連発できました。狙い通りにいくと、本当におもしろいですね。これだからやめられないですよね」と飯田さん。
本格的な数釣りシーズンを前に、すでに数釣りモードに突入している腰越沖。腕試しにチャレンジしてみてはいかがだろうか!?

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読