MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
高性能タックルを駆使して、カワハギ53枚ゲット!!【相模湾・腰越沖】

高性能タックルを駆使して、カワハギ53枚ゲット!!【相模湾・腰越沖】

秋が深まるとおもしろくなってくるのがカワハギだ。夏から開幕している相模湾・腰越沖も数釣りシーズンに突入している。

周囲がエサばかり取られ苦戦するなか、魔法のように掛けていった

木っ端サイズが多いなか、良型を引きずり出した。

ポイントは腰越沖〜鎌倉沖と広範囲。水深は20m台〜30m台。

途中の連発タイムでは一荷も!

当日、飯田さんが使ったハリは「ステファーノ 吸わせ」の6.5号。

飯田さんはこの仕掛けを使用。

13時すぎには50枚達成。

当日、飯田さんがメインに使った竿はゼロテン釣法専用のシマノ「ステファーノ 攻 SS175」。カワハギがエサを吸い込むのに違和感を与えない穂先のおかげで、飯田さんは手ごわい木っ端サイズを連発していた。

リールはハイギア仕様のシマノ「ステファーノ SS101HG」を使用。

飯田さんは釣れたカワハギを神経締めにする。死後硬直せず、当日は甘く透き通ったカワハギの刺身を食べることができるという。

飯田さんの釣友・一野義隆さんもこのとおり。

同船者も良型をゲット!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・腰越港「池田丸」。

活況を呈するな腰越沖のカワハギに、今回チャレンジしたのがシマノインストラクター・飯田純男さん。今年発売のニュータックルを持参して腰越港「池田丸」に乗船した。
まずは港からほど近いポイントでスタート。飯田さんは第1投目から本命を手にしたが、その後はベラの猛攻。ベラのアタックをかいくぐって、ときおり本命を掛けるが厳しい状況。
そこで、橋本浩平船長はポイントを移動。小マメに移動して、鎌倉沖で好反応を発見。すぐにエサが取られる状況。そこで飯田さんはゼロテン釣法専用のシマノ「ステファーノ 攻 SS175」を取り出す。カワハギが違和感なくエサを吸い込む軟らかい穂先のおかげで、小型ながら怒涛の連発がはじまった!
「穂先が軟らかいので、なんとか掛かっていますが、小型が多いので竿先に集中していないと、すぐにエサを取られちゃいますよ!」と飯田さん。
竿先にちょっと変化が出ると、聞き上げるように竿を立て、見事に掛ける飯田さん。周囲がエサばかり取られ苦戦するなか、まるで魔法のように掛けていった。
正午頃には40枚を記録し、13時すぎには50枚を突破! この日は53枚でダントツの竿頭となった。
「今日はおもにゼロテン釣法でした。この釣り方では、集寄を付けることでアタリが伝わりやすくなります。『ステファーノ 攻 SS175』のおかげもあって連発できました。狙い通りにいくと、本当におもしろいですね。これだからやめられないですよね」と飯田さん。
本格的な数釣りシーズンを前に、すでに数釣りモードに突入している腰越沖。腕試しにチャレンジしてみてはいかがだろうか!?

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読