MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大原沖のショウサイフグ、開幕ダッシュ!【外房・大原〜太東沖】

大原沖のショウサイフグ、開幕ダッシュ!【外房・大原〜太東沖】

今期も大原沖のショウサイフグがスタート! まずまずの滑り出しを見せたとのことで、当地におけるこの釣りのパイオニア的な船宿「敷嶋丸」へおじゃまして様子を伺ってきた。

あっちでも、そっちでも! まさにヒット連発!!

ダイワの松永直己プロも解禁直後の様子をチェックし、この笑顔!

アタリが遠い時はキャストして広範囲を探ってみよう。

ロッドはカットウ専用かカワハギ竿。リールは、小型両軸に道糸PE1〜2号を巻いて挑むのがセオリーだ。

この日のショウサイは超ゴキゲンモード。コンスタントにヒットの声が飛び、あちこちで良型が抜き揚げられた。

良型は、サバ並みに横っ走りし、取り込むまでスリリングなファイトを楽しませてくれる。ちなみに、巻き上げは一定のリズムで行おう。

エサのアオヤギは船で購入。縫い刺しして、たっぷり付けよう。なお、仕掛けは実績ある「敷嶋丸」のオリジナルカットウをオススメ。

ひっきりなし、という感じで釣れまくったぞ!

群れが濃ければ、一荷でヒットしたり一斉にアタルこともある。誰かが掛けた時は集中して誘い、アタリを取ろう。

釣ったフグは、基本、船上で棒身にさばいてくれるので安心だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「敷嶋丸」。

「開幕直後は群れが固まらず、あちこち移動しての拾い釣りになるケースが多いけど、今期はすでに固まっているポイント・一ノ宮寄りの太東沖があるので、お土産には、まず困らないと思うよ。ただ今後に役立つ全体的な状況も知りたいから、広く探りながら行くからね」と山本幸夫船長が笑顔で語って、船は河岸離れした。
釣りは、行程10分の大原沖からスタート。水深20m前後を何ヵ所か流すも、ポツポツとしかアタらない。ただ、掛かる魚のサイズは30㎝クラスと良型だ。
その後も点々と様子を見て、本命ポイントへGO。水深は16m前後だ。
「釣り方は、底に這わせたカットウ仕掛けを3〜5秒おきにシャクリあげる(空アワセを入れる)タイム釣りで良いけど、アタリを捉えて掛けるのも楽しいよ。釣った感が味わえるからね」。
具体的には、仕掛けを海底付近でリフト&フォール。50㎝ほど持ち上げたら、超スローで落とし込み、カットウが底へ着く間に出るアタリを捉えてアワセを入れるのだ。
ちなみにこの釣りを覚えると、食い渋り時にも役立つと船長が微笑んだ。
さぁ、この釣り方を覚え、ロングランで楽しめるショウサイフグをガンガン釣っちゃいましょう!!

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読