MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大原沖のショウサイフグ、開幕ダッシュ!【外房・大原〜太東沖】

大原沖のショウサイフグ、開幕ダッシュ!【外房・大原〜太東沖】

今期も大原沖のショウサイフグがスタート! まずまずの滑り出しを見せたとのことで、当地におけるこの釣りのパイオニア的な船宿「敷嶋丸」へおじゃまして様子を伺ってきた。

あっちでも、そっちでも! まさにヒット連発!!

ダイワの松永直己プロも解禁直後の様子をチェックし、この笑顔!

アタリが遠い時はキャストして広範囲を探ってみよう。

ロッドはカットウ専用かカワハギ竿。リールは、小型両軸に道糸PE1〜2号を巻いて挑むのがセオリーだ。

この日のショウサイは超ゴキゲンモード。コンスタントにヒットの声が飛び、あちこちで良型が抜き揚げられた。

良型は、サバ並みに横っ走りし、取り込むまでスリリングなファイトを楽しませてくれる。ちなみに、巻き上げは一定のリズムで行おう。

エサのアオヤギは船で購入。縫い刺しして、たっぷり付けよう。なお、仕掛けは実績ある「敷嶋丸」のオリジナルカットウをオススメ。

ひっきりなし、という感じで釣れまくったぞ!

群れが濃ければ、一荷でヒットしたり一斉にアタルこともある。誰かが掛けた時は集中して誘い、アタリを取ろう。

釣ったフグは、基本、船上で棒身にさばいてくれるので安心だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「敷嶋丸」。

「開幕直後は群れが固まらず、あちこち移動しての拾い釣りになるケースが多いけど、今期はすでに固まっているポイント・一ノ宮寄りの太東沖があるので、お土産には、まず困らないと思うよ。ただ今後に役立つ全体的な状況も知りたいから、広く探りながら行くからね」と山本幸夫船長が笑顔で語って、船は河岸離れした。
釣りは、行程10分の大原沖からスタート。水深20m前後を何ヵ所か流すも、ポツポツとしかアタらない。ただ、掛かる魚のサイズは30㎝クラスと良型だ。
その後も点々と様子を見て、本命ポイントへGO。水深は16m前後だ。
「釣り方は、底に這わせたカットウ仕掛けを3〜5秒おきにシャクリあげる(空アワセを入れる)タイム釣りで良いけど、アタリを捉えて掛けるのも楽しいよ。釣った感が味わえるからね」。
具体的には、仕掛けを海底付近でリフト&フォール。50㎝ほど持ち上げたら、超スローで落とし込み、カットウが底へ着く間に出るアタリを捉えてアワセを入れるのだ。
ちなみにこの釣りを覚えると、食い渋り時にも役立つと船長が微笑んだ。
さぁ、この釣り方を覚え、ロングランで楽しめるショウサイフグをガンガン釣っちゃいましょう!!

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
仙台湾のヒラメが激アツ!ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとはイワシエサでバクバクヒラメ釣り!!東北の沖釣りなら、おまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。
最新記事
オフショアジギングからマグロキャスティングまでカバーするスピニングリールオクマ「アゾレス」
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読