MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味タチウオ、数釣りフィーバー中!【伊勢湾口伊良湖水道】

美味タチウオ、数釣りフィーバー中!【伊勢湾口伊良湖水道】

伊勢湾口にあたる伊良湖岬沖、いわゆる伊良湖水道でタチウオが数釣れている。 いまが最盛期と言えるだろう。タチウオは、もちろん美味い。しかし、美味いだけでなく、引きは強烈で、アタリが出てからの駆け引きがおもしろく、釣って最高に楽しい魚なのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》美味タチウオ、数釣りフィーバー中!【伊勢湾口伊良湖水道】の画像をチェック! navigate_next

あの手この手を試して、幽霊魚タチウオとの駆け引きを楽しもう

引きも味も最高だっ。

タチウオ船団が形成される伊良湖水道。休日には大船団になる。

オモリは80号だが、ショートロッドが扱いやすい。

一荷ヒットもあり!!

タチウオのサイズが大きくなると冷凍イワシが威力を発揮する。それに有効なのが2段バリ仕掛け。サンマエサ仕掛けにはアピール効果を狙うタコベイトを装着しよう。

船で配られるのはサンマ。ハリに縫いざしにする。

ルアー感覚で広範囲を誘い続けるのが大事だ。

食い渋りですが60本釣りました。

小ぶりでも美味しいタチウオ! いまが最盛期!!

今回、取材にご協力いただいたのは、愛知・片名「まつしん丸」。

「今年は例年に比べてちょっと遅れ気味の開幕です。サイズは指2〜3本メインで小ぶりですが食べておいしいですし、数釣りができます。活性が高いと100本釣りもあります」とは、知多半島の先端、片名港「まつしん丸」の上松憲司船長。
釣り方は東京湾と同じく、ルアー的に“誘う”釣りが主流。牛島船長は、
「底からポイントの水深の半分くらいまで、止めずに誘い続けてください。ここのタチウオは広範囲にいますから」と、アドバイス。タイラバのようにアタリが出ても巻き続け、しっかりとフッキングしたところでやり取りを開始する釣り方がオススメという。
実際、魚の活性は高く、アタリは頻繁。しかし、なかなかフッキングまでにはいたらない。そこは、あの手この手を試しながら、幽霊魚タチウオとの駆け引きを楽しもう。けして、絶対の答えはない。
いま流行りの仕掛けは、全長1.5m前後のショートハリス1本バリ。タコベイトでアピールする。魚のサイズがアップしたら、付けエサはサンマからイワシにして、2段バリ仕掛けを使って釣果を伸ばすのもよい。

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津静浦港「幸松丸」では、エサ釣り・ジギング&ワインド・サーベルテンヤ・タチウオテンヤまで、同乗してすべての釣り方が楽しめる夜タチウオ釣りが大人気!
東京湾で古くから継承されてきた、伝統釣法のテンヤスミイカ!竿をシャクったときの衝撃がたまらない!400~500gをアベレージにツ抜けもある数釣りモード全開だ!
日立沖周辺のマダイが好調だ。ゲストも含めてアタリ多く お正月用のマダイ確保にもオススメ!ビギナーも楽しめるよ!!
日本海のモンスター、タルイカ(ソデイカ)がトップシーズンを迎えて、大型が次々に浮上している。スリル感満点。年末までチャンスだ。
お正月の食材として人気のタコが、大洗から那珂湊沖で好調!とにかく乗り乗りでひとり20杯も!〝渡り〟の大ダコも期待十分だ!
最新記事
旬はまさに冬!釣って楽しく、食べて幸せ!超絶美味な肝パンカワハギ!今回は松輪港から出船している「一義丸」さんにお世話になりました。
野毛屋(金沢八景)の釣果情報を掲載
ソーラー電池を採用したカウンター付き万能ベイトリール「攻棚デジソーラーVR」
深海の高級巨魚ベニアコウ!難しいからこそ釣りたくなる!深海釣りの最難関ターゲット!?1000mからの魚信をつかめ!!
沼津静浦港「幸松丸」では、エサ釣り・ジギング&ワインド・サーベルテンヤ・タチウオテンヤまで、同乗してすべての釣り方が楽しめる夜タチウオ釣りが大人気!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル