美味タチウオ、数釣りフィーバー中!【伊勢湾口伊良湖水道】

美味タチウオ、数釣りフィーバー中!【伊勢湾口伊良湖水道】

伊勢湾口にあたる伊良湖岬沖、いわゆる伊良湖水道でタチウオが数釣れている。 いまが最盛期と言えるだろう。タチウオは、もちろん美味い。しかし、美味いだけでなく、引きは強烈で、アタリが出てからの駆け引きがおもしろく、釣って最高に楽しい魚なのだ。


あの手この手を試して、幽霊魚タチウオとの駆け引きを楽しもう

引きも味も最高だっ。

タチウオ船団が形成される伊良湖水道。休日には大船団になる。

オモリは80号だが、ショートロッドが扱いやすい。

一荷ヒットもあり!!

タチウオのサイズが大きくなると冷凍イワシが威力を発揮する。それに有効なのが2段バリ仕掛け。サンマエサ仕掛けにはアピール効果を狙うタコベイトを装着しよう。

関連する投稿


いま釣りどき! いま一番うまい季節! 沼津沖の夜タチウオ【沼津沖】

いま釣りどき! いま一番うまい季節! 沼津沖の夜タチウオ【沼津沖】

沼津沖のタチウオが最も旨い時期を迎えた。脂が乗ったその魚体は釣り上げて触ってみただけでもすぐにわかるほど。お刺身もさることながら、定番の塩焼きには舌鼓を打つこと間違いなしだ。


ナイトゲームでドラゴンゲット!  タチウオ好調!【沼津沖】

ナイトゲームでドラゴンゲット! タチウオ好調!【沼津沖】

「ここのところ、特別デカイのは出ないけど、細いのも少ないし、1ヵ月くらいずっと楽しめているよ。指3本クラスが中心で4本くらいがまじるって感じかな」とは、静浦港「幸松丸」の松坂孝憲船長の言葉だ。


“早朝”タチウオは今がチャンス!【駿河湾・焼津~安倍川沖】

“早朝”タチウオは今がチャンス!【駿河湾・焼津~安倍川沖】

タチウオ釣りの場合、エサ釣りの釣果がいいときは、概してジギングは厳しいことが多い。ところが今の焼津沖は、エサは常に堅調な釣果を維持し続けていつつも、ルアーも絶好調に釣れている。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


爆釣を味わうなら今! 駿河湾のタチウオナイトゲーム【駿河湾】

爆釣を味わうなら今! 駿河湾のタチウオナイトゲーム【駿河湾】

怒号が聞こえた。釣れ盛っているようだ。指示ダナは30〜50m。投入の合図と同時にメタルジグを落とすと、途中でガツガツアタってくる。たしかに「あくでえ」食いだ。


最新の投稿


ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ささめ針より新発売「激釣アジビシ2本フロロ(金フッ素)」

ビシアジ仕掛けのベーシックバージョン。貫通力があるフッ素コートハリ使用


ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

ヤリイカとスルメイカ、春の相模湾はおもしろい!【相模湾】

茨城〜房総エリアではヤリイカが数釣れ始めた。一方、相模湾ではヤリイカとスルメイカが釣れているが、状況によって釣れるイカの割合が大きく変わっている。どちらのイカが多く釣れるにせよ、模様が良くなってきている。そこでヤリイカ&スルメイカを狙って釣行してきた。


スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

スミス「サイドスラスター」PL01、GH01、GS01/ニューカラーが登場

ヒラマサに効く横方向のカーブスライドを誰にでも演出可能なメタルジグにニューカラー


良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

良型がそろうぞ! 城ヶ島沖のオニカサゴ【相模湾・城ヶ島沖】

オニカサゴは周年狙えるターゲットだが、春も充分な釣果が期待できる時期だ。じっくりと型物を狙おう!


「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

「ダイワ レオブリッツS500J」中深場から大型青物までこれ1台でカバー

ダイワからレオブリッツS500Jが登場。最上位機種であるシーボーグシリーズに 引け劣ることない機能とパワーを備えた注目の電動リール。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読