MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
美味タチウオ、数釣りフィーバー中!【伊勢湾口伊良湖水道】

美味タチウオ、数釣りフィーバー中!【伊勢湾口伊良湖水道】

伊勢湾口にあたる伊良湖岬沖、いわゆる伊良湖水道でタチウオが数釣れている。 いまが最盛期と言えるだろう。タチウオは、もちろん美味い。しかし、美味いだけでなく、引きは強烈で、アタリが出てからの駆け引きがおもしろく、釣って最高に楽しい魚なのだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

あの手この手を試して、幽霊魚タチウオとの駆け引きを楽しもう

引きも味も最高だっ。

タチウオ船団が形成される伊良湖水道。休日には大船団になる。

オモリは80号だが、ショートロッドが扱いやすい。

一荷ヒットもあり!!

タチウオのサイズが大きくなると冷凍イワシが威力を発揮する。それに有効なのが2段バリ仕掛け。サンマエサ仕掛けにはアピール効果を狙うタコベイトを装着しよう。

船で配られるのはサンマ。ハリに縫いざしにする。

ルアー感覚で広範囲を誘い続けるのが大事だ。

食い渋りですが60本釣りました。

小ぶりでも美味しいタチウオ! いまが最盛期!!

今回、取材にご協力いただいたのは、愛知・片名「まつしん丸」。

「今年は例年に比べてちょっと遅れ気味の開幕です。サイズは指2〜3本メインで小ぶりですが食べておいしいですし、数釣りができます。活性が高いと100本釣りもあります」とは、知多半島の先端、片名港「まつしん丸」の上松憲司船長。
釣り方は東京湾と同じく、ルアー的に“誘う”釣りが主流。牛島船長は、
「底からポイントの水深の半分くらいまで、止めずに誘い続けてください。ここのタチウオは広範囲にいますから」と、アドバイス。タイラバのようにアタリが出ても巻き続け、しっかりとフッキングしたところでやり取りを開始する釣り方がオススメという。
実際、魚の活性は高く、アタリは頻繁。しかし、なかなかフッキングまでにはいたらない。そこは、あの手この手を試しながら、幽霊魚タチウオとの駆け引きを楽しもう。けして、絶対の答えはない。
いま流行りの仕掛けは、全長1.5m前後のショートハリス1本バリ。タコベイトでアピールする。魚のサイズがアップしたら、付けエサはサンマからイワシにして、2段バリ仕掛けを使って釣果を伸ばすのもよい。

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
最新記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル