沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

美味タチウオ、数釣りフィーバー中!【伊勢湾口伊良湖水道】

美味タチウオ、数釣りフィーバー中!【伊勢湾口伊良湖水道】

伊勢湾口にあたる伊良湖岬沖、いわゆる伊良湖水道でタチウオが数釣れている。 いまが最盛期と言えるだろう。タチウオは、もちろん美味い。しかし、美味いだけでなく、引きは強烈で、アタリが出てからの駆け引きがおもしろく、釣って最高に楽しい魚なのだ。


あの手この手を試して、幽霊魚タチウオとの駆け引きを楽しもう

引きも味も最高だっ。

タチウオ船団が形成される伊良湖水道。休日には大船団になる。

オモリは80号だが、ショートロッドが扱いやすい。

一荷ヒットもあり!!

タチウオのサイズが大きくなると冷凍イワシが威力を発揮する。それに有効なのが2段バリ仕掛け。サンマエサ仕掛けにはアピール効果を狙うタコベイトを装着しよう。

船で配られるのはサンマ。ハリに縫いざしにする。

ルアー感覚で広範囲を誘い続けるのが大事だ。

食い渋りですが60本釣りました。

小ぶりでも美味しいタチウオ! いまが最盛期!!

今回、取材にご協力いただいたのは、愛知・片名「まつしん丸」。

「今年は例年に比べてちょっと遅れ気味の開幕です。サイズは指2〜3本メインで小ぶりですが食べておいしいですし、数釣りができます。活性が高いと100本釣りもあります」とは、知多半島の先端、片名港「まつしん丸」の上松憲司船長。
釣り方は東京湾と同じく、ルアー的に“誘う”釣りが主流。牛島船長は、
「底からポイントの水深の半分くらいまで、止めずに誘い続けてください。ここのタチウオは広範囲にいますから」と、アドバイス。タイラバのようにアタリが出ても巻き続け、しっかりとフッキングしたところでやり取りを開始する釣り方がオススメという。
実際、魚の活性は高く、アタリは頻繁。しかし、なかなかフッキングまでにはいたらない。そこは、あの手この手を試しながら、幽霊魚タチウオとの駆け引きを楽しもう。けして、絶対の答えはない。
いま流行りの仕掛けは、全長1.5m前後のショートハリス1本バリ。タコベイトでアピールする。魚のサイズがアップしたら、付けエサはサンマからイワシにして、2段バリ仕掛けを使って釣果を伸ばすのもよい。

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

今期は数もサイズも期待大! 東京湾タチウオ仕掛け(三喜丸)

「三喜丸」では、タックルはノーマル、ライトというシバリはないが、長時間誘い続けられるという点から、やはり軽量のライトタックルが主流。ただ、注意して欲しいことがある、と河野秀照船長は話す。


ジギング&エサ釣りで狙う! 焼津沖の夜〜早朝タチウオ(貴政丸)

ジギング&エサ釣りで狙う! 焼津沖の夜〜早朝タチウオ(貴政丸)

焼津沖のタチウオが大型まじりで好調だ。「連日1㎏オーバーの大型がヒットしています。このところはルアーのほうがいい釣果が出ていますよ!」という焼津港「貴政丸」の塚田貴政・若船長。


アベレージサイズUP中! 東京湾タチウオゲームが絶好調だ!(太田屋)

アベレージサイズUP中! 東京湾タチウオゲームが絶好調だ!(太田屋)

「全体的には好調ですよ。いっときのようなトップ30本から60本という釣果は落ち着きましたけど、アベレージサイズがアップして釣り応えがあると思いますね」 教えてくれたのは、金沢八景「太田屋」でルアータチウオを担当する佐野一也船長。


依然好釣継続中! 誘いがカギのタチウオ釣り(鴨下丸)

依然好釣継続中! 誘いがカギのタチウオ釣り(鴨下丸)

東京湾・観音崎沖から走水沖のタチウオがロングランで釣れている。初夏に大貫沖〜金谷沖で開幕したタチウオ釣りだが、8月には第二海堡〜観音崎沖の水深60〜80mにタチウオの群れが移動。現在もほぼ同じポイントで釣れ続いている。下浦沖でも釣れ始めた。


さまざまなスタイルで狙え! 沼津沖の夜タチウオが好調だ(幸松丸)

さまざまなスタイルで狙え! 沼津沖の夜タチウオが好調だ(幸松丸)

沼津沖の夜釣りでタチウオが依然好調に釣れている。沼津静浦「幸松丸」では早夜船と深夜船の二便態勢で出船しているが、いろいろな釣り方で狙えるのがおもしろい!


最新の投稿


茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

関東最北端の港、茨城県平潟港に今年もやってきたマダラの季節。9月1日、今や多くの深場釣り師の間で常識となった「マダラは夏は身肉、晩秋以降は白子が魅力」を知らしめた「第十五隆栄丸」の鈴木和次船長.


東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

仙台湾の秋を代表する釣り物といえばヒラメ。初夏のシーズンインから初冬まで続き、秋が最盛期となる。特に南部の亘理沖はヒラメのポイントが水深20〜50mのラインに広がり、ベイト豊富で魚影は抜群。塩釜や名取閖上の釣り船も、ヒラメ釣りには亘理まで走ってくることもある。


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読