MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キントキ五目をキャッチ&イート! 刺身、美味すぎ!!【外房】

キントキ五目をキャッチ&イート! 刺身、美味すぎ!!【外房】

大原港「敷嶋丸」のキントキ五目は、連日早揚がりするほどの爆釣ぶりが続いている。キントキは、お刺身でいただくと、噛むほどに上品な甘さが口いっぱいに拡がる。お刺身で味わう釣り魚の中でも屈指のうまさだ。この美味なる魚がクーラー満タンになるほど釣れていると。抑えきれない昂ぶる気持ちで現場へ直行だっ。

本命はキントキだが豪華ゲストも魅力、お楽しみ感特盛です!

姿形はキンメにも似るが、味はマダイに近い。黙って出せば、どちらがマダイかキントキかわからないぐらい。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「敷嶋丸」。

このところ大原港「敷嶋丸」のキントキ五目は、連日早揚がりするほどの爆釣ぶりが続いている。その数なんとトップで40〜50匹! スソでもその半分という充分すぎる釣果だ。また、30㎝〜35㎝がアベレージサイズと型も申し分なし。
「この五目釣りは、いま釣れている魚を狙う釣りなんですよ」とは、千葉・大原港「敷嶋丸」山本幸夫船長。つまり、今はキントキが一番多いので、キントキをメインとした五目釣りとなるワケ。
だからこの釣りはゲストがすごい。ヒラメやハタ、マダイ、さらには良型のカサゴやメバルなど、通常本命とされる魚が多くまじる。さらに、今の時期ならイナダ(ワラサ)、ときにはヒラマサやカンパチまでまじることもあるということだ。
これはまさに沖釣りのびっくり箱だ。今の時期なら本命がキントキのキントキ五目。旨いこの魚をキープしながら、何が釣れるか、お楽しみ感満載の釣りものだ!

キントキ狙いの今回の仕掛けはこんな感じ

釣ったキントキを早速刺身に…とろけてしまいそうなほど旨い!

その引きは想像以上だ。サイズがいい物はタモですくおう。

見るからに縁起の良さそうな風体のチカメキントキ。味も良し、引きも良しで、この時期の人気釣り物だ。

この日は残念ながら早揚がりとはならなかった。
「う〜ん、なんでかなあ。潮が澄んじゃったからかなあ…。今日はなんだか群れが小さかったねえ。反応が出てもすぐ消えちゃうんだよね〜」と幸夫船長は首をかしげた。
それでも25〜35㎝の丸々と太ったキントキがトップで9匹と、一晩ではとても食べきれないほど釣れた。なにより、前日まではトップで40〜50匹ものキントキが釣れていたキントキ五目。その魚影の濃さには折り紙をつけたい。
さっそく夕餉にお刺身で食したキントキは、口にした私のほうがとろけてしまいそうなほど旨かった。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
気持ちいい新年を迎えた関東周年。富浦沖は、高水温が続き、すべての魚たちが高活性!ナイスボディの個体がそろう!冬の落ちのマダイシーズンはこれから!良型マダイを求めて富浦沖へ行こう!
千葉・飯岡沖のヒラメが冬の好機を迎えようとしている。、イワシを追った渡りのヒラメは4㎏、5㎏といった大判サイズが多くなりますと「幸丸」実川和也船長。大型のチャンスだけでなく、食味も楽しみだ。
最新記事
パールカラー&ケイムラ発光のビーズ登場「ケイムラパール玉」
重郎平丸(伊豆諸島・神津島)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ちがさき丸(相模湾・茅ヶ崎)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読