MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
キントキ五目をキャッチ&イート! 刺身、美味すぎ!!【外房】

キントキ五目をキャッチ&イート! 刺身、美味すぎ!!【外房】

大原港「敷嶋丸」のキントキ五目は、連日早揚がりするほどの爆釣ぶりが続いている。キントキは、お刺身でいただくと、噛むほどに上品な甘さが口いっぱいに拡がる。お刺身で味わう釣り魚の中でも屈指のうまさだ。この美味なる魚がクーラー満タンになるほど釣れていると。抑えきれない昂ぶる気持ちで現場へ直行だっ。

本命はキントキだが豪華ゲストも魅力、お楽しみ感特盛です!

姿形はキンメにも似るが、味はマダイに近い。黙って出せば、どちらがマダイかキントキかわからないぐらい。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「敷嶋丸」。

このところ大原港「敷嶋丸」のキントキ五目は、連日早揚がりするほどの爆釣ぶりが続いている。その数なんとトップで40〜50匹! スソでもその半分という充分すぎる釣果だ。また、30㎝〜35㎝がアベレージサイズと型も申し分なし。
「この五目釣りは、いま釣れている魚を狙う釣りなんですよ」とは、千葉・大原港「敷嶋丸」山本幸夫船長。つまり、今はキントキが一番多いので、キントキをメインとした五目釣りとなるワケ。
だからこの釣りはゲストがすごい。ヒラメやハタ、マダイ、さらには良型のカサゴやメバルなど、通常本命とされる魚が多くまじる。さらに、今の時期ならイナダ(ワラサ)、ときにはヒラマサやカンパチまでまじることもあるということだ。
これはまさに沖釣りのびっくり箱だ。今の時期なら本命がキントキのキントキ五目。旨いこの魚をキープしながら、何が釣れるか、お楽しみ感満載の釣りものだ!

キントキ狙いの今回の仕掛けはこんな感じ

釣ったキントキを早速刺身に…とろけてしまいそうなほど旨い!

その引きは想像以上だ。サイズがいい物はタモですくおう。

見るからに縁起の良さそうな風体のチカメキントキ。味も良し、引きも良しで、この時期の人気釣り物だ。

この日は残念ながら早揚がりとはならなかった。
「う〜ん、なんでかなあ。潮が澄んじゃったからかなあ…。今日はなんだか群れが小さかったねえ。反応が出てもすぐ消えちゃうんだよね〜」と幸夫船長は首をかしげた。
それでも25〜35㎝の丸々と太ったキントキがトップで9匹と、一晩ではとても食べきれないほど釣れた。なにより、前日まではトップで40〜50匹ものキントキが釣れていたキントキ五目。その魚影の濃さには折り紙をつけたい。
さっそく夕餉にお刺身で食したキントキは、口にした私のほうがとろけてしまいそうなほど旨かった。

以上の記事は「つり丸」2012年8月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読