剣崎沖の秋のマダイはライトに楽しもう!!【剣崎沖】

剣崎沖の秋のマダイはライトに楽しもう!!【剣崎沖】

関東屈指のマダイポイントである剣崎沖、春の乗っこみと秋の落ちダイを主に、ほぼ周年マダイ釣りが楽しめる。剣崎松輪港では多くの船宿がマダイ乗合を出船しているが、その中で唯一のLTマダイ乗合を出船しているのが「棒面丸」だ。私にとっては初めてのLTマダイで、どんな釣りなのかわくわくしながら港へと向かった。


LTで目指すは8㎏オーバー!

剣崎沖は秋のコマセマダイシーズン。LTで狙うと、楽しいだけでなく、大型のキャッチ率も高いのだ。

このぐらいのサイズでも、かなりスリリングな引きを見せてくれる。

よりダイレクトに引きが楽しめるLTマダイ。この秋おすすめ!

イナダやワラサもまじりで釣れている。ワラサとのLTでのやり取りは強烈!

食べごろサイズに加え、ドカン! と大物も食ってくるので油断は禁物。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪港「棒面丸」。

40号のビシに軟調のショートロッドを使うLTマダイ。華奢なタックルを一見しただけでは、小物向け、初心者向けの釣りと誤解を生むかもしれないが、これがマダイを確実に上げるために理にかなった釣法なのだ。
軽いロッドに軽いオモリのセットは、トータルの操作性を格段に向上させる。マダイの突っ込みをかわすためのドラグ調整、魚の引きをためる竿さばき、LTマダイではこれらが驚くほど正確かつ楽になる。
取材日は大ダイこそ出なかったが、キロ前後のマダイのシャープな引きが楽しめ、中にはワラサを釣り上げる人もいた。
「棒面丸」LTマダイの最高記録は8.6㎏、さらに7㎏級も数多く上げられている。LTでは大ダイにハリスを切られることは、従来のタックルよりもはるかに少ないという。また、キロ前後のマダイにおいても、アタリの派手さ、竿の曲がりなど視覚的に楽しい要素も数多い。
これからの秋ダイシーズン、LTマダイはますます楽しみになる。「棒面丸」では無料レンタルを用意しているので、初めての人はまずは船宿の道具を使ってみよう。特に真鯛はロングロッドで勝負するもの、と決めてかかっている方は、新しいコマセダイの魅力が発見できるかも!!

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード


マダイ 剣崎沖 棒面丸

関連する投稿


ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

今季一番の冷え込みというだけあって、風が冷たい朝。冬物の防寒着にして良かった。11月17日、剣崎間口港「喜平治丸」でアオリイカを狙ってきました。


日立沖のテンヤマダイ、年末年始も数・型とも期待大!【日立沖】

日立沖のテンヤマダイ、年末年始も数・型とも期待大!【日立沖】

月日の経つのは早いもの。ふと気が付けば、いつのまにやら12月。日立沖のテンヤマダイ、ここ最近は好調続き。釣り納め、釣り始めに、メデタイ赤い魚を狙ってみては、いかがでしょう。ズバリ、年末年始にオススメです!


初釣りはひとつテンヤでマダイを釣って祝おう!!【外房・大原沖】

初釣りはひとつテンヤでマダイを釣って祝おう!!【外房・大原沖】

年間を通してマダイを狙って出ている大原港の「新幸丸」では、いぜん1㎏前後のマダイに中ダイ、大ダイがまじって数釣りが続いている。


剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

もうすぐ正月。正月に食するおめでタイを自ら釣ってみてはいかがでしょう。「今シーズンはこれまでで一番50㎝オーバーが出てるよ!」と話すのは久比里「山天丸」臼井雄二船長だ。


ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

ゲスト多彩&アタリ多数! イシダイ五目は最高!!【東京湾口・剣崎沖】

すっかり冬場の人気ターゲットとして定着した、剣崎沖のイシダイ五目。今年も11月に入るとイシダイが顔を出すようになり、シーズンに突入した。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング