ワラサシーズン開幕! クーラー満タンもある!!【東伊豆・初島沖】

ワラサシーズン開幕! クーラー満タンもある!!【東伊豆・初島沖】

今年のワラサは伊豆半島の玄関口、東伊豆の初島沖から始まった。「まだ始まったばかりで群れの移動も早く、日によって釣果がバラついていますが、もう少しすればコマセに慣れて群れも固まり出すはず。反応自体は結構デカイから今年のワラサは楽しめるんじゃないかな?」とは伊東港「村正丸」の村上大輔船長だ。


型は「今のところ小型が多い」とは言うものの、3~3.5㎏級の正真正銘ワラサと呼べるサイズ。今後は4~5㎏級も釣れ出すはず

東伊豆、初島沖でワラサが好スタート。これからロングランで楽しめるはず。

気持ちイイ引きが、一日何度も、これでもかってぐらい味わえるのがワラサ釣りの醍醐味だ!

初島周りのワラサ船団は、東伊豆の秋の風物詩だ。

リレー釣りで、前半だけ狙ってトップ7本という日もある。食いは上々。

刺身や照り焼き、ブリ大根など、タップリ味わおう。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東港「村正丸」。

「村正丸」では9月5日からワラサ狙いを開始。前半ワラサ、後半はリレーでマダイか特大アジ五目釣りをすることがほとんどながら(したがってお土産に困ることはまず無い)、連日トップ3~4本、いい日には「クーラー入りきらずに止めた」7本なんて釣果も出ている。
型は「今のところ小型が多い」とは言うものの、3~3.5㎏級の正真正銘ワラサと呼べるサイズ。今後は徐々に4~5㎏級も釣れ出すはずだ。
「この釣りはコマセワーク、手返し、誘い」と船長は言う。特に、反応が出てきたよ! とアナウンスが出た時はチャンスタイム。竿をあおってコマセをまき、誘い上げたり誘い下げたり、コマセが無いと思ったら素早く巻き上げ再投入と、とにかくチャンスタイムを逃さないようにしたい。
いよいよワラサシーズン到来。身近なスプリンター、ワラサの気持ちいい引きを存分に楽しもう。

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

関連する投稿


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


実はカンタン!! だれでも釣れるキンメダイ【東伊豆・初島沖】

実はカンタン!! だれでも釣れるキンメダイ【東伊豆・初島沖】

これからの季節、無性に釣りたくて食べたくなる魚の筆頭といえばキンメダイだろう。深場の釣りでちょっぴりマニアックな感があるけれど、実は釣り方もさまざまで気軽にエントリーできる釣りもあるのだ。


夜のブリ&ワラサ狙いが西伊豆でもスタート!【西伊豆・戸田沖】

夜のブリ&ワラサ狙いが西伊豆でもスタート!【西伊豆・戸田沖】

夜釣りのブリ&ワラサといえば東伊豆の「イカブリ」が有名だが、この冬は西伊豆・戸田の船宿が夜釣りのブリ&ワラサを狙い始めた。


狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

狙いは激うま大型アカムツだっ!【東伊豆・伊東沖】

この年末に激うま大型アカムツを釣るなら伊藤沖、ココしかないぞ! さまざな工夫を凝らして深海のルビーをキャッチせよ!!


稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

稲取沖の大型アカムツ、好シーズン来たる!【東伊豆・稲取沖】

言わずと知れた高級魚アカムツ。今回の取材の釣果により本格シーズン突入を実感。年末年始に向け、更なる期待が膨らむ。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング