ワラサシーズン開幕! クーラー満タンもある!!【東伊豆・初島沖】

ワラサシーズン開幕! クーラー満タンもある!!【東伊豆・初島沖】

今年のワラサは伊豆半島の玄関口、東伊豆の初島沖から始まった。「まだ始まったばかりで群れの移動も早く、日によって釣果がバラついていますが、もう少しすればコマセに慣れて群れも固まり出すはず。反応自体は結構デカイから今年のワラサは楽しめるんじゃないかな?」とは伊東港「村正丸」の村上大輔船長だ。


型は「今のところ小型が多い」とは言うものの、3~3.5㎏級の正真正銘ワラサと呼べるサイズ。今後は4~5㎏級も釣れ出すはず

東伊豆、初島沖でワラサが好スタート。これからロングランで楽しめるはず。

気持ちイイ引きが、一日何度も、これでもかってぐらい味わえるのがワラサ釣りの醍醐味だ!

初島周りのワラサ船団は、東伊豆の秋の風物詩だ。

リレー釣りで、前半だけ狙ってトップ7本という日もある。食いは上々。

刺身や照り焼き、ブリ大根など、タップリ味わおう。

関連する投稿


釣り方色々、選べて楽しい夜釣りのヤリイカ【東伊豆・初島周り】

釣り方色々、選べて楽しい夜釣りのヤリイカ【東伊豆・初島周り】

今期のヤリイカはどの場所も好調で、どこへ出掛けようか悩むウレシイ状況が続いている。そんな中、東伊豆・初島周りの夜釣りでは、そのサイズが大型化。パラソル級の確率がアップしているという。


みんなこのときを待っていた! マルイカ開幕! 【東伊豆・伊東沖】

みんなこのときを待っていた! マルイカ開幕! 【東伊豆・伊東沖】

さあ、ついにマルイカが開幕したぞ! 相模湾西部の小田原沖や伊東沖を皮切りに、1月中旬には相模湾東部や東京湾でもマルイカ乗合船が次々と出船。関東の海は、早くもマルイカで大盛り上がりとなっている。


ブリ&ワラサに期待! 波崎沖のジギングゲーム【茨城県・波崎沖】

ブリ&ワラサに期待! 波崎沖のジギングゲーム【茨城県・波崎沖】

「水温がまだ高く、潮も澄んでいる影響はあるとは思いますが、本来であれば今まさに最盛期を迎えているはずのワラサやブリが、今期は北からまだ本格的に降りて来ていないんです」と話すのは、波崎港「征海丸」の須之内哲也船長だ。


キンメダイのハイシーズンがキターッ!【東伊豆・網代沖 初島周り】

キンメダイのハイシーズンがキターッ!【東伊豆・網代沖 初島周り】

今期最大の寒波が日本を包み込み、寒さが本当に厳しくなってきた。こうなると身体の芯から温まる鍋料理が食べたくなり、釣り人たちはこぞって鍋ネタ魚の確保に勤しみ出すが、ここに朗報が入った! その代名詞とも言える鍋ネタ魚・キンメダイが網代沖でコンスタントに釣れているとの情報をキャッチしたぞ。


ブリ&ワラサのキャスティングゲーム【東伊豆・初島沖】

ブリ&ワラサのキャスティングゲーム【東伊豆・初島沖】

東伊豆・初島沖のキャスティングゲームがベストシーズンを迎えている。メインターゲットはベイトを飽食し丸々と太ったブリやワラサで、攻略は主にトリヤマを見つけて始まる“ナブラ撃ち”。それゆえ、この海域でのこのゲームは “ブリトップ”とも呼ばれている。


最新の投稿


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読