MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シーズン開幕! 相模湾のアマダイ、好スタート!!【相模湾】

シーズン開幕! 相模湾のアマダイ、好スタート!!【相模湾】

秋はたくさんの人気ターゲットがあって嬉しいシーズンだ。オススメは9月に入ってスタートし、連日好調が続いている相模湾のアマダイだ。平塚港「豊漁丸」では9月9日からアマダイをスタート。取材前日の釣果は3〜11匹。何と高級魚のアマダイがツ抜けを達成している。型も良型揃いで40㎝オーバーも顔を出している。

アマダイ釣りは道具がシンプルで基本的な釣り方をマスターすれば、ビギナーでも楽しめる。沖釣りの入門にはもってこい

初挑戦の加藤さんは良型の一荷!

三段引きは本命の証!?

まずは顔を見ることを目標に!

当日は平塚沖90〜110mを狙った。

仲良くダブルヒット!

仕掛けは2本バリが標準。

付けエサはオキアミ。ハリの軸に対してまっすぐ刺す。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「豊漁丸」。

取材当日は、船釣り初挑戦の加藤さん(八王子市在住)がアマダイ釣りの楽しさを結果で残していただいた。両脇のお仲間から道具の扱いとタナ取りの指導を受けて、コツを掴むと、アタリが連発。周囲も驚くなかで、何と良型の一荷までやってのけてしまった。本日最大は40㎝弱でこれも加藤さんの釣果。そして何を隠そう、8匹を釣り上げて竿頭にまでなってしまったのだ。ビギナーズラックとはまさにこのこと。
「今日はすべてが加藤さんのタイミングになりましたね」と「豊漁丸」の後藤宗一郎船長もニッコリ。
アマダイ釣りは道具がシンプルで基本的な釣り方をマスターすればビギナーでも楽しめる。沖釣りの入門にはもってこいと言える。そして極めれば奥が深く、ベテランを熱くさせる釣りでもある。
もう一つの楽しみが、何と言ってもこのアマダイの美味さ。刺身や昆布締め、皮と鱗を揚げた松笠揚げはパリパリとビールのお供にも最高であった。
船長のオススメは絶品な干物。勿体ないような気もするが、これが釣り人の特権とも言える。作り方は、海水ほどの塩水に一晩漬けて翌日シッカリ真水で洗い流して干したもの。身のなかまでほんのり塩が効いて、アマダイとの愛称がバッチリだ。ぜひ試していただきたい!

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
房総半島・洲崎沖&勝浦沖の浅場根魚!エサは違えど道具&釣り方の基本は同じ!ビッグな根魚が待ってるヨ!!浅場根周りは大型根魚パラダイスだ!
完全に乗っ込み!コンスタントに大型が上がっている剣崎沖のマダイ。剣崎間口港の仕立船「孫武丸」では、出船の度に3~5㎏前後の大型を上げている。剣崎沖から目が離せない!
アジ釣りのメッカ走水漁港。プラチナ色に輝く、大きく肉厚で体高なアジが釣れる。食べて美味しく、釣って楽しいビシアジ。「関義丸」の半日船は、ビギナーやファミリーにもオススメだ!
最新記事
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
暑さ吹き飛ぶ驚異の日焼け対策冷感ウエア「氷瀑ロングスリーブシャツMQ-01」「氷瀑タイツMQ-01」
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
各種リールの糸回収を電動ドリルを使う便利品「ラインリムーバー電動ドリル用ビット」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読