MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型シイラ&良型ワラサをキャスティング&ジギングで攻略【上越沖】

大型シイラ&良型ワラサをキャスティング&ジギングで攻略【上越沖】

上越エリアで真夏のキャスティングの定番“シイラゲーム”が9月にやっと開幕した。遅れてやって来たミッドサマーゲームを存分に楽しんで、夏を取り戻せ!

取材した週には10㎏を皮切りに連日10㎏オーバーのシイラが登場。 5㎏オーバーのワラサもヒットし出している。好釣だ!

10㎏オーバーのシイラキャッチ!!

10kgを越える良型のシイラは取り込みも一苦労。

ダイレクトな引きを楽しめるのがジギングの醍醐味。

10kg越えのシイラは大型クーラーをもってしてもこのとおり。

5kgオーバーのワラサも連日キャッチされている。水温が下がればワラサジギングがメインになる。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・有間川漁港「八海丸」。

「今期はシイラの回遊が遅れたね。9月に入っても海水温度はまだまだ高いままだし、これからしばらくはシイラゲームが楽しめると思うよ。良型のワラサの回遊もそろそろ始まるから、多彩なターゲットとゲームが楽しめるよ!」とは、有間川フィッシャリーナのルアー船「八海丸」の秋元誠船長。
取材した週には10㎏を皮切りに連日10㎏オーバーのシイラが登場。
5㎏オーバーのワラサもヒットし出しており、晩秋までは釣り物に困らない状況と思われる。
「八海丸」の一日のスケジュールは、キャスティングだけではない。ジギングと両方で上越沖を攻めていく。
詳しい釣況はホームページで随時更新中。「八海丸」では様々な割引特典が用意されているので、気軽に上越沖のルアーゲームにトライしてほしい。

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
オフショアルアーゲームのなかで、最もライトな釣りに入るメバル・カサゴゲーム。水温上昇に転じれば、バチ抜けも活発になり、メバルの活性も一気に上向く。ここでは「アイランドクルーズFC」の釣りを紹介する。
多彩なルアーゲームを展開する船橋港の「フレンドシップ」はタイラバゲームを得意とする船のひとつ。魅了されるアングラーも数多いタイラバゲームを紹介する。
東京湾のシーバスが爆釣トップシーズン!千葉・寒川港「小峯丸」では人数限定片舷乗合というオンリーワンシステムを取っているため、ジギングはもちろんキャスティングも思う存分楽しめる!
東京湾・湾奥シーバスゲームが好調!釣り方はジギングが主体で、少し深場を攻める!タックルはベイトがオススメ!寒川港「小峯丸」では取材日に66cmが登場!
横浜新山下「アイランドクルーズFC」では、「メバカサ乗合&仕立」が盛況!メバル狙いの基本ルアーはジグヘッド&ソフトルアー!同船主催「デカメバルトーナメント」覇者、椎野さんオススメタックルも紹介!
最新記事
ぽかぽか陽気に誘われて仲間と気軽に沖釣りを楽しみたい!そんな釣り人におすすめなのが前半にエビメバル、後半はイシモチを短時間で狙うお手軽メバル五目。ショート船は帰宅後の時間がゆっくり取れるのも嬉しい。
東京湾・木更津沖のシロギスが好調。老舗船宿・深川「冨士見」ではキュンキュン竿を絞る20㎝超の良型まじりで沖揚がりまで楽しめ、ここ数年では一番魚影が濃い!
餌木のロングキャストが可能な摩擦抵抗軽減PEライン「SМ PE エギスタ×8」
ブリはスズキ目アジ科ブリ属。北海道オホーツク海沿岸から九州南岸までの日本列島。朝鮮半島南岸・東岸を回遊している。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読