MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型シイラ&良型ワラサをキャスティング&ジギングで攻略【上越沖】

大型シイラ&良型ワラサをキャスティング&ジギングで攻略【上越沖】

上越エリアで真夏のキャスティングの定番“シイラゲーム”が9月にやっと開幕した。遅れてやって来たミッドサマーゲームを存分に楽しんで、夏を取り戻せ!

取材した週には10㎏を皮切りに連日10㎏オーバーのシイラが登場。 5㎏オーバーのワラサもヒットし出している。好釣だ!

10㎏オーバーのシイラキャッチ!!

10kgを越える良型のシイラは取り込みも一苦労。

ダイレクトな引きを楽しめるのがジギングの醍醐味。

10kg越えのシイラは大型クーラーをもってしてもこのとおり。

5kgオーバーのワラサも連日キャッチされている。水温が下がればワラサジギングがメインになる。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・有間川漁港「八海丸」。

「今期はシイラの回遊が遅れたね。9月に入っても海水温度はまだまだ高いままだし、これからしばらくはシイラゲームが楽しめると思うよ。良型のワラサの回遊もそろそろ始まるから、多彩なターゲットとゲームが楽しめるよ!」とは、有間川フィッシャリーナのルアー船「八海丸」の秋元誠船長。
取材した週には10㎏を皮切りに連日10㎏オーバーのシイラが登場。
5㎏オーバーのワラサもヒットし出しており、晩秋までは釣り物に困らない状況と思われる。
「八海丸」の一日のスケジュールは、キャスティングだけではない。ジギングと両方で上越沖を攻めていく。
詳しい釣況はホームページで随時更新中。「八海丸」では様々な割引特典が用意されているので、気軽に上越沖のルアーゲームにトライしてほしい。

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
人気の中深海スロー系ジギング。焼津市アングラーズショップ「アクア」のキンメ仕立て船に同船。キンメはナンヨウキンメもまじえ,、全員がキャッチに成功!2㎏クラスも登場!大盛り上がりの釣行となった。
こんなときだからこそ、アシストフックの作り方を覚えておきたい!ストックを増やしておきたい!そんな前向きなアングラーに向け、アシストフック作り方講座を開催!
外房 青物ルアーゲームがベストシーズンに突入!現在はジギングでワラサが絶好調!当日は女性陣も満喫。ひとりで何本もキャッチしていた。ヒラマサの大型も回遊!タックルを万全にして出かけよう!
東京湾に横浜新山下「アイランドクルーズFC」が展開する、クロダイ&キビレ新釣法が登場!ワームを使ってキャスティング、ボトムを攻める!ボトムチニング!!その魅力と基本釣法を紹介!
最新記事
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読