MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房ヒラマサゲーム・秋の陣、始動中!【外房】

外房ヒラマサゲーム・秋の陣、始動中!【外房】

関東が誇るヒラマサフィールド、外房沖。夏場に苦戦することはあるものの、近年ではワラサ狙いも兼ね、周年のターゲットとして定着している。秋シーズン開幕には少し時期尚早? と思いつつも、大原港の「松鶴丸」に出向いてみた。

ヒラマサはほとんど毎日釣れている。型は2〜3㎏から10㎏くらいまで。間がなくて2〜3㎏か7〜10㎏というのが最近の特徴

キャスティングで出たワラサ。これからの時期は、ジギングでも多くのヒットが望めるはずだ。

ヒットしたらまずはしっかりフッキング。その後のバラシを大幅に減らすことができる。

ミヨシ以外ではアンダーハンドキャストは必須テクニック。ぜひマスターしておきたい。

常連アングラーがジギングで仕留めた1本。

ジグは130〜150gがメインウエイト。ワラサ狙い用にやや重めのものも用意しておきたい。

キャスティング用には16㎝前後のフローティングペンシルが定番。

秋はショゴの確率が高い時期。2kgクラスまでは十分に射程内。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

「ヒラマサはほとんど毎日釣れています。型は2〜3㎏から10㎏くらいまで。間がなくて2〜3㎏か、7〜10㎏というのが最近の特徴ですね」
とは、中村真也船長。
ただし! 数釣りは難しい。取材時も水温はまだ23度台。海はまだ夏を引きづっていた。キャスティング&ジギングで攻め続ける釣り人たち。ワカシの連続ヒットに続き、キャスティングでワラサも見参! 良型ヒラマサと思われるヒットもあったが、残念ながら大本命は船縁を越すことができなかった。しかし、前後の出船ではヒラマサキャッチに成功しているのだから、残念至極…。
「やはり水温が20度を切ってからが期待大ですね。ワラサ、サンパクが釣れ出せば賑わいますから。近場の浅場狙いからスタートして勝浦沖を狙うことが多くなると思いますよ」
お楽しみは、これからだっ!

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
春の定番釣り物として定着したホウボウのジギングゲーム。テクニカルで超おもしろい!誘い方やジグによって、大きく釣果に差が出てしまうからだ。ただシャクるだけではダメ!ベイトや活性に合わせて攻略しよう!
関東が誇る人気ヒラマサフィールドの外房沖。ヒラマサに照準を絞り、こだわりを持って通い続けるアングラーも多いが、冬から春先のワラサメインの時期も魅力。今回はワラサにスポットを当て外房沖の攻略法を紹介!
房屈指の大ダイ場・勝浦沖で「専門店」の看板を掲げるのが、川津「とみ丸」。「専用タックル+探検丸CV&タイラバも無料レンタルで完全サポート!ぜひ当地のタイラバに挑戦してみよう。
オフショアルアーゲームのなかで、最もライトな釣りに入るメバル・カサゴゲーム。水温上昇に転じれば、バチ抜けも活発になり、メバルの活性も一気に上向く。ここでは「アイランドクルーズFC」の釣りを紹介する。
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読