MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&キャスティングで狙うキハダ・カツオ(タックル)

ジギング&キャスティングで狙うキハダ・カツオ(タックル)

犬吠埼沖でキハダにキメジ、そしてカツオが“超”激アツだ! いつまで釣れ続くのかは分からないが…とにかく今が凄い! この一期一会の大爆釣、この機会を絶対逃すな! こんなもんを読んでないで、即釣りに行くべきだ!

perm_media 《画像ギャラリー》ジギング&キャスティングで狙うキハダ・カツオ(タックル)の画像をチェック! navigate_next

いきなりジギングでカツオが乱舞し、キャスティングではキメジが果敢にアタック! 船上はもうお祭り騒ぎだ

乗船者全員でファイトを見守る。

長いやり取りの末にようやく浮いた! 無事にランディングが決まると、船上は歓声と拍手に包まれた。

この日のハイライトは後半に訪れた。ポッパーにアタックして来たのは24kgのキハダ!

取材日は朝からトップに好反応。ルアーはこの海域で絶大な釣果を上げているポッパーだ。このキメジもポッパーでキャッチ!

カツオは1kgほどのサイズがアベレージだが、なかにはグッドサイズも。

小型のカツオは、周囲の安全やロッドの破損に配慮しながら手返し重視で豪快に抜き上げる。大型は無理せずネットを使おう。

常連さんたちは、ロング系ジグにPE4号以上というジギングタックルで「キハダ」を狙う。

カツオを狙うなら浅めのタナ。ジグは小さめのシルエットのジグがオススメ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「幸丸」。

取材は9月上旬。開始の合図が出ると、いきなりジギングでカツオが乱舞し、キャスティングではキメジが果敢にアタック! 船上はもうお祭り騒ぎだ。
さらにこの日はこれで終わらなかった。後半、PE4号以上のキハダ狙いのジギングに強烈なヒットが相次いだのだ。ただ、どれもラインが止まらず、ラインブレイク続出…。
そしてついに、キャスティングで狙うミヨシのアングラーをド派手な水飛沫が襲う。上がったのは24㎏のキハダ! ルアーは、この海域で圧倒的な実績を誇るポッパーだった。
「いつまで釣れ続くのか正直分かりませんが、大型もいますのでしっかりとしたタックルでチャレンジしてください」とは「第一幸丸」向後恵一船長。

タックルはジギング用とキャスティング用の両方を用意すべし

タックルはジギング用とキャスティング用の両方を用意。基本的にはジギング主体だが、当日のように状況次第ではキャスティングも有効となる。

カツオ狙いでは小型シルエットのタングステン製ジグが定番。「TGベイト」(ダイワ)は必携。

犬吠埼沖ではポッパーは必須ルアー。「スポウター」(シマノ)は高い実績を誇る。

「フィードポッパー」(タックルハウス)も使いやすく実績も高い。

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル