MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&キャスティングで狙うキハダ・カツオ(タックル)

ジギング&キャスティングで狙うキハダ・カツオ(タックル)

犬吠埼沖でキハダにキメジ、そしてカツオが“超”激アツだ! いつまで釣れ続くのかは分からないが…とにかく今が凄い! この一期一会の大爆釣、この機会を絶対逃すな! こんなもんを読んでないで、即釣りに行くべきだ!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

いきなりジギングでカツオが乱舞し、キャスティングではキメジが果敢にアタック! 船上はもうお祭り騒ぎだ

乗船者全員でファイトを見守る。

長いやり取りの末にようやく浮いた! 無事にランディングが決まると、船上は歓声と拍手に包まれた。

この日のハイライトは後半に訪れた。ポッパーにアタックして来たのは24kgのキハダ!

取材日は朝からトップに好反応。ルアーはこの海域で絶大な釣果を上げているポッパーだ。このキメジもポッパーでキャッチ!

カツオは1kgほどのサイズがアベレージだが、なかにはグッドサイズも。

小型のカツオは、周囲の安全やロッドの破損に配慮しながら手返し重視で豪快に抜き上げる。大型は無理せずネットを使おう。

常連さんたちは、ロング系ジグにPE4号以上というジギングタックルで「キハダ」を狙う。

カツオを狙うなら浅めのタナ。ジグは小さめのシルエットのジグがオススメ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「幸丸」。

取材は9月上旬。開始の合図が出ると、いきなりジギングでカツオが乱舞し、キャスティングではキメジが果敢にアタック! 船上はもうお祭り騒ぎだ。
さらにこの日はこれで終わらなかった。後半、PE4号以上のキハダ狙いのジギングに強烈なヒットが相次いだのだ。ただ、どれもラインが止まらず、ラインブレイク続出…。
そしてついに、キャスティングで狙うミヨシのアングラーをド派手な水飛沫が襲う。上がったのは24㎏のキハダ! ルアーは、この海域で圧倒的な実績を誇るポッパーだった。
「いつまで釣れ続くのか正直分かりませんが、大型もいますのでしっかりとしたタックルでチャレンジしてください」とは「第一幸丸」向後恵一船長。

タックルはジギング用とキャスティング用の両方を用意すべし

タックルはジギング用とキャスティング用の両方を用意。基本的にはジギング主体だが、当日のように状況次第ではキャスティングも有効となる。

カツオ狙いでは小型シルエットのタングステン製ジグが定番。「TGベイト」(ダイワ)は必携。

犬吠埼沖ではポッパーは必須ルアー。「スポウター」(シマノ)は高い実績を誇る。

「フィードポッパー」(タックルハウス)も使いやすく実績も高い。

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル