ジギング&キャスティングで狙うキハダ・カツオ【千葉・犬吠埼沖】

ジギング&キャスティングで狙うキハダ・カツオ【千葉・犬吠埼沖】

犬吠埼沖でキハダにキメジ、そしてカツオが“超”激アツだ! いつまで釣れ続くのかは分からないが…とにかく今が凄い! この一期一会の大爆釣、この機会を絶対逃すな! こんなもんを読んでないで、即釣りに行くべきだ!


いきなりジギングでカツオが乱舞し、キャスティングではキメジが果敢にアタック! 船上はもうお祭り騒ぎだ

乗船者全員でファイトを見守る。

長いやり取りの末にようやく浮いた! 無事にランディングが決まると、船上は歓声と拍手に包まれた。

この日のハイライトは後半に訪れた。ポッパーにアタックして来たのは24kgのキハダ!

取材日は朝からトップに好反応。ルアーはこの海域で絶大な釣果を上げているポッパーだ。このキメジもポッパーでキャッチ!

カツオは1kgほどのサイズがアベレージだが、なかにはグッドサイズも。

小型のカツオは、周囲の安全やロッドの破損に配慮しながら手返し重視で豪快に抜き上げる。大型は無理せずネットを使おう。

常連さんたちは、ロング系ジグにPE4号以上というジギングタックルで「キハダ」を狙う。

カツオを狙うなら浅めのタナ。ジグは小さめのシルエットのジグがオススメ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「幸丸」。

取材は9月上旬。開始の合図が出ると、いきなりジギングでカツオが乱舞し、キャスティングではキメジが果敢にアタック! 船上はもうお祭り騒ぎだ。
さらにこの日はこれで終わらなかった。後半、PE4号以上のキハダ狙いのジギングに強烈なヒットが相次いだのだ。ただ、どれもラインが止まらず、ラインブレイク続出…。
そしてついに、キャスティングで狙うミヨシのアングラーをド派手な水飛沫が襲う。上がったのは24㎏のキハダ! ルアーは、この海域で圧倒的な実績を誇るポッパーだった。
「いつまで釣れ続くのか正直分かりませんが、大型もいますのでしっかりとしたタックルでチャレンジしてください」とは「第一幸丸」向後恵一船長。

タックルはジギング用とキャスティング用の両方を用意すべし

タックルはジギング用とキャスティング用の両方を用意。基本的にはジギング主体だが、当日のように状況次第ではキャスティングも有効となる。

カツオ狙いでは小型シルエットのタングステン製ジグが定番。「TGベイト」(ダイワ)は必携。

犬吠埼沖ではポッパーは必須ルアー。「スポウター」(シマノ)は高い実績を誇る。

「フィードポッパー」(タックルハウス)も使いやすく実績も高い。

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


シーズンはまだまだ続く! 相模湾のキハダ&カツオ(沖右ヱ門丸)

シーズンはまだまだ続く! 相模湾のキハダ&カツオ(沖右ヱ門丸)

相模湾のコマセ釣りにおけるキハダ&カツオ釣りは、8月からスタートしている。今シーズンの解禁初日は、カツオの好釣で開幕した。2〜4㎏のサイズが主体で、トップで5〜10本を記録する船が多かった。その後も好釣果に沸く日が多く、クーラー満タン釣れすぎ早揚がりとなる日もあった。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


コツは指示ダナを守ること! キハダの仕掛けをご紹介(湘南 海成丸)

コツは指示ダナを守ること! キハダの仕掛けをご紹介(湘南 海成丸)

今回、「湘南 海成丸」の取材は二日間敢行。その二日で女将は20㎏以上と思われるキハダを4回ヒットさせた。惜しくも海面でキハダをサメに食われたり、オマツリしてハリスが切れるなどして取り込むことはできなかったが、渋いなか連発させたのは驚異的だった。


20kg越えデカキハダもヒット! さぁ、万全の態勢で挑め!(島きち丸)

20kg越えデカキハダもヒット! さぁ、万全の態勢で挑め!(島きち丸)

キメジ主体で開幕した2015相模湾カツオ&キハダのコマセ釣り。当初は絶好調だったが、その後イワシが回遊した影響か、キメジはコマセへの反応があまりよくなくなってしまった。


キハダ・カツオは「コマセ釣り」新群れ入れば期待大だ!(たいぞう丸)

キハダ・カツオは「コマセ釣り」新群れ入れば期待大だ!(たいぞう丸)

「今年は昨年とは比べものにならないほど難しいです」と話すのは、相模湾イチこのキハダ・カツオに熱い船長といっても過言ではない、葉山あぶずり港「たいぞう丸」山本真一郎船長。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

好調継続中のヒラメ! 楽しみながら大物を迎撃しよう!(隆正丸)

関東でいち早く解禁し、開幕ラッシュを決めた飯岡沖のヒラメが、3ヵ月が経とうとしている現在も好調をキープ! ほぼ船中ボウズなしで帰港する日が続いている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読