沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ジギング&キャスティングで狙うキハダ・カツオ【千葉・犬吠埼沖】

ジギング&キャスティングで狙うキハダ・カツオ【千葉・犬吠埼沖】

犬吠埼沖でキハダにキメジ、そしてカツオが“超”激アツだ! いつまで釣れ続くのかは分からないが…とにかく今が凄い! この一期一会の大爆釣、この機会を絶対逃すな! こんなもんを読んでないで、即釣りに行くべきだ!


いきなりジギングでカツオが乱舞し、キャスティングではキメジが果敢にアタック! 船上はもうお祭り騒ぎだ

乗船者全員でファイトを見守る。

長いやり取りの末にようやく浮いた! 無事にランディングが決まると、船上は歓声と拍手に包まれた。

この日のハイライトは後半に訪れた。ポッパーにアタックして来たのは24kgのキハダ!

取材日は朝からトップに好反応。ルアーはこの海域で絶大な釣果を上げているポッパーだ。このキメジもポッパーでキャッチ!

カツオは1kgほどのサイズがアベレージだが、なかにはグッドサイズも。

小型のカツオは、周囲の安全やロッドの破損に配慮しながら手返し重視で豪快に抜き上げる。大型は無理せずネットを使おう。

常連さんたちは、ロング系ジグにPE4号以上というジギングタックルで「キハダ」を狙う。

カツオを狙うなら浅めのタナ。ジグは小さめのシルエットのジグがオススメ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「幸丸」。

取材は9月上旬。開始の合図が出ると、いきなりジギングでカツオが乱舞し、キャスティングではキメジが果敢にアタック! 船上はもうお祭り騒ぎだ。
さらにこの日はこれで終わらなかった。後半、PE4号以上のキハダ狙いのジギングに強烈なヒットが相次いだのだ。ただ、どれもラインが止まらず、ラインブレイク続出…。
そしてついに、キャスティングで狙うミヨシのアングラーをド派手な水飛沫が襲う。上がったのは24㎏のキハダ! ルアーは、この海域で圧倒的な実績を誇るポッパーだった。
「いつまで釣れ続くのか正直分かりませんが、大型もいますのでしっかりとしたタックルでチャレンジしてください」とは「第一幸丸」向後恵一船長。

タックルはジギング用とキャスティング用の両方を用意すべし

タックルはジギング用とキャスティング用の両方を用意。基本的にはジギング主体だが、当日のように状況次第ではキャスティングも有効となる。

カツオ狙いでは小型シルエットのタングステン製ジグが定番。「TGベイト」(ダイワ)は必携。

犬吠埼沖ではポッパーは必須ルアー。「スポウター」(シマノ)は高い実績を誇る。

「フィードポッパー」(タックルハウス)も使いやすく実績も高い。

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


【庄三郎丸】詳細情報-沖釣り専門誌が現場で徹底取材

【庄三郎丸】詳細情報-沖釣り専門誌が現場で徹底取材

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が現場で取材した【平塚港・庄三郎丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。キハダ、カツオ、シイラ、ヒラメ、アマダイなどが主なターゲット。


カツオ&キハダ釣りをより楽しむためのポイント(福栄丸・喜平治丸)

カツオ&キハダ釣りをより楽しむためのポイント(福栄丸・喜平治丸)

カツオは慣れない人でも遅れずに投入さえすれば誰でも何本か釣ることができる。ただし、細かく考えると色々と差が付いてくる。今回はカツオ釣りの細かいポイントをまとめてみよう。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


日立沖のルアーゲーム! 今後はジギングがおもしろい!(日立丸)

日立沖のルアーゲーム! 今後はジギングがおもしろい!(日立丸)

2014年8月、108㎏というクロマグロがキャッチされ、一躍注目を集めた茨城・日立港の「日立丸」。その後も50㎏のキハダや170㎏のカジキなど、超大物が次々と釣り上げられた。だが「日立丸」では、実はそんな超大物に遭遇することは珍しいことではない。毎年のことなのだ。


仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

イワシを使った一本釣り、フカセ釣りは可能な船宿が限られるが、じつにおもしろい釣りだ。散水の音とともに魚が船中に転がり、船底を叩く音を聞きながら、一気に抜き上げる。ダイレクトな引き味を楽しむ瞬間は、狩猟本能を激しく刺激する。


最新の投稿


誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

誘いと確認で確実に乗せる! ヤリイカ仕掛け&釣り方(喜平治丸)

仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本程度。その中に1本は7㎝のスッテや11㎝プラヅノに赤白の糸を巻いたものをまぜておこう。潮の濁り具合によって、グリーンや黄色系などが乗ることもあるので、基本のブルー、ピンク、ケイムラのほかにも用意しておこう。


変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

変わりゆく状況を把握して戦略を! マダイ仕掛け&誘い方(小川丸)

久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、オーソドックスなコマセマダイ用があれば楽しめる。竿は80号のビシに対応したコマセマダイ用がオススメ。長さは2.7〜3.3mが扱いやすいだろう。


今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

今期も絶好釣! 冬のターゲット”ヒラメ”の仕掛けと釣り方(大久丸)

「仕掛けはやっぱり宿のものが一番」と、口癖のようにこの言葉をもらす「大久丸」の常連さんたち。その仕掛けとは、ハリスの全長76㎝、捨て糸45㎝といういたってシンプルなもの。孫バリはシングルフックだ。


メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

メンテナンスに!「バリバス タックルにシュッ!」

タックルのサビと塩ガミ防止に効果抜群のスプレー。噴き付けがラクなトリガーノズルです!


外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

外房のルアーフィッシング! ヒラマサ・ワラサ〜イナダ(不動丸)

「急に逆潮(北からの冷たい潮)になって、水温が下がっちゃったんですよ…。ただ、魚はいますし、ベイトもいますので、真潮(南からの暖かい潮)に変わって水温が安定さえすれば期待できると思いますよ!」と話すのは、千葉・勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読