MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
モンスターと激闘! トカラ列島の巨大カンパチを狙う【トカラ列島】

モンスターと激闘! トカラ列島の巨大カンパチを狙う【トカラ列島】

9月7日から3泊4日のスケジュールで「アルファタックル」スタッフによる、奄美大島からトカラ列島、宝島への遠征釣りが実施された。狙うは40㎏オーバーの巨大カンパチだ。

モンスターとのスタンディングファイトは釣り人の究極の夢だ!!

トカラ列島でのカンパチ釣り。スタンディングファイトの究極の形が、ここにはある!

「テイルウォーク」のロッドを使用したジギングでも良型カンパチが浮上!

超大物とのスタンディングファイトのために生まれたアルファタックル「 ヘッドクォーター スタンディングバウト 173」。アングラーへの負担を極力少なくし、魚へのプレッシャーを最大限にするための設計で、超大物とのやり取をもアングラーが優勢に進められる。

「アルファタックル」スタッフが、奄美大島から「フィッシングボート アルカトラズ」で出船。3泊4日のスケジュールでトカラ列島、宝島への遠征釣りを行った。船中泊しながら、40㎏オーバーの巨大カンパチを狙う!

今回は残念ながら巨大カンパチを上げることはできなかったが、泳がせ釣りで多くのカンパチをゲットできた。

カンパチのほか、南の海ならではのさまざまな魚たちが姿を見せてくれた。

初日は秋雨前線に阻まれ奄美大島周りの釣りに甘んじたが、天候回復したツアー2日目は宝島周辺の水深170m前後を、3〜4日目は150mから急激にかけ上がる斜面を攻め抜いた。
メインタックルは巨大カンパチとのファイトを想定し、ロッドは「いかにアングラーの負担を軽減し、ターゲットにより大きなプレッシャーを与えるか」をテーマに据えた「ヘッドクォーター スタンディングバウト 173」、リールは世界のビッグゲームシーンで活躍する「okumaマカイラ16Ⅱ」のコンビネーション。
バランスタックルで挑んだことが「スタンディング泳がせ釣り」のゲーム性をより高めてくれた。
途中のサメ禍やツムブリ&アオチビキの猛攻、二枚潮や動かぬ底潮での苦戦などのハードルも各自のスキルアップに繋がる有意義な経験になった。
メインの巨大カンパチには出会えなかったものの、多数のカンパチをゲット。多彩な魚種が登場する楽しい釣りを満喫することができた。

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
金沢八景「太田屋」の看板は青物五目で出船を重ねている。乗船前まではサイズが物足りない、という状況だったが、それでも食味は抜群! 取材日の東京湾口のポイント周辺には、平日にも関わらず、数隻のルアー船が集結。人気のほどが伺えた。
更新: 2019-03-29 07:00:00
「浅場に移動します」250mラインの小メヌケが一段落し、鈴木船長の決断は「最後はオキメバル」高水温に開始直前付近で発生した地震が追い討ちを掛け、好機に渋ったオキメバル。仕切り直しで有終の美を飾れる!?
更新: 2019-03-25 07:00:00
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読