MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
モンスターと激闘! トカラ列島の巨大カンパチを狙う【トカラ列島】

モンスターと激闘! トカラ列島の巨大カンパチを狙う【トカラ列島】

9月7日から3泊4日のスケジュールで「アルファタックル」スタッフによる、奄美大島からトカラ列島、宝島への遠征釣りが実施された。狙うは40㎏オーバーの巨大カンパチだ。

モンスターとのスタンディングファイトは釣り人の究極の夢だ!!

トカラ列島でのカンパチ釣り。スタンディングファイトの究極の形が、ここにはある!

「テイルウォーク」のロッドを使用したジギングでも良型カンパチが浮上!

超大物とのスタンディングファイトのために生まれたアルファタックル「 ヘッドクォーター スタンディングバウト 173」。アングラーへの負担を極力少なくし、魚へのプレッシャーを最大限にするための設計で、超大物とのやり取をもアングラーが優勢に進められる。

「アルファタックル」スタッフが、奄美大島から「フィッシングボート アルカトラズ」で出船。3泊4日のスケジュールでトカラ列島、宝島への遠征釣りを行った。船中泊しながら、40㎏オーバーの巨大カンパチを狙う!

今回は残念ながら巨大カンパチを上げることはできなかったが、泳がせ釣りで多くのカンパチをゲットできた。

カンパチのほか、南の海ならではのさまざまな魚たちが姿を見せてくれた。

初日は秋雨前線に阻まれ奄美大島周りの釣りに甘んじたが、天候回復したツアー2日目は宝島周辺の水深170m前後を、3〜4日目は150mから急激にかけ上がる斜面を攻め抜いた。
メインタックルは巨大カンパチとのファイトを想定し、ロッドは「いかにアングラーの負担を軽減し、ターゲットにより大きなプレッシャーを与えるか」をテーマに据えた「ヘッドクォーター スタンディングバウト 173」、リールは世界のビッグゲームシーンで活躍する「okumaマカイラ16Ⅱ」のコンビネーション。
バランスタックルで挑んだことが「スタンディング泳がせ釣り」のゲーム性をより高めてくれた。
途中のサメ禍やツムブリ&アオチビキの猛攻、二枚潮や動かぬ底潮での苦戦などのハードルも各自のスキルアップに繋がる有意義な経験になった。
メインの巨大カンパチには出会えなかったものの、多数のカンパチをゲット。多彩な魚種が登場する楽しい釣りを満喫することができた。

以上の記事は「つり丸」2017年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
旨い!何の魚かって、超が付く高級魚マハタだ!!勝浦松部港「信照丸」のマハタ五目では、この魚が一年中釣れる!エサ釣り&スロージギングもOK!高級根魚もゲストでまじる!!ぜひ、チャレンジしてみよう!!
鹿島沖のマダイが好調!1~3㎏の良型まじりで、4~5㎏の大型もアタっている。鹿島旧港「植田丸」はひとつテンヤで狙うほか、タイラバやジグで狙うのもOK。多彩なゲストがまじるのも魅力だ!
東京湾・第二海堡沖テンヤ&タイラバがバリ食い絶好調!厳冬期の今も4~5㎏オーバーといった大型が連発!お祭り状態に!大型にはタイラバ有利!水温上がればさらにスゴイことに!これが東京湾の底ヂカラだ!
日立久慈沖のテンヤマダイが絶好調!「大さん弘漁丸」ではトップ10枚以上の釣果が続き、平均サイズは0.5〜0.8㎏。良型は2〜3㎏級も!この時期のマダイは脂が乗って美味。日立沖で爆釣体験を味わってみよう。
最新記事
人気の餌木タコ専用ワイドベイトキャスティングリール「エランワイド パワー オクトパス P-LIMITED」
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
釣りを楽しみたい女性をサポートする「つりジェンヌ」では季節ごとのイベントの参加者を募集している。
東京湾ではイシモチがず〜っと好調続き!釣り方も簡単だから誰でも手軽に楽しめる!!ポイントの水深は10m台〜20m台という浅場なので超釣りやすい。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読