MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗ってます! 秋のイカ三種盛り アオリイカ編【相模湾・茅ヶ崎沖】

乗ってます! 秋のイカ三種盛り アオリイカ編【相模湾・茅ヶ崎沖】

10月から相模湾に面するいくつかの船宿でアオリイカをスタートさせている。茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」も10月8日からアオリイカ乗合をスタート。開幕から絶好調で、トップ二桁釣果の日が目立ち、ボウズなしの日も多い。10月18日はトップ16杯、20日はトップ15杯を記録している。

取材当日のトップは14杯が二人。ツ抜けしたのが10人中6人という爆発釣果。7人連続ヒットというクライマックスもあった

永井名人も今シーズンの初物ゲット。

アベレージサイズは500〜700g。

中小型のアオリイカは、身が柔らかくてとても美味しい 。

連続ヒットも珍しくない。当日は7人連続ヒットという怒涛の乗りもあった!

取材時のトップは14杯。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」。

開始と同時に一人、二人乗せ、次の流しでは4連続ヒット。その後もポイントを移動するごとに誰かしらが乗せ、いい時には7人連続ヒット! これが10月中旬の取材時における、茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」のアオリイカ船での様子だ。
「まだスタートしてから一週間ほどですけれど、今年も好調ですね。船を流し替えるたびに誰かしらに乗ります。いいポイントに入ると、5人も6人も同時に乗ることも珍しくないです。それだけ、アオリイカはたくさんいますね」と話すのは、「沖右ヱ門丸」のアオリイカ船を担当する桑山宏船長。
取材当日のトップは14杯が二人。ツ抜けしたのが10人中6人という爆発釣果。7人連続ヒットというクライマックスもあったのだ。
「この時期は餌木の選択よりも、シャクリ方が大事です。シャープにシャクって、餌木をキビキビ動かしてください」という桑山船長。
シーズンは始まったばかりだが、即釣行して怒涛の開幕ラッシュを体感しよう!

竿はロングロッドが主流だが、ショートロッドもOK!

茅ヶ崎港前からエボシ沖までを狙った。水深は20m台がメイン。

当日は大多数がロングロッド使用だった。

シャクリはシャープに!

取り込みは無理せず、タモで大事におこなおう。

中オモリを介した仕掛けを使うアオリイカ釣りは、当初、1.2〜1.5mのショートロッドが主流だった。
ところが、東京湾で3m前後のメバル竿などの軟調ロングロッドの使用が確立されると、主流はロングロッドに変わってきた。今回の「沖右ヱ門丸」の取材でも10人中9人がロングロッド使用という状況だった。
はたして、竿はどちらのタイプがいいのだろうか? 「沖右ヱ門丸」の桑山船長に聞いてみた。
「竿はどちらでもいいですよ。最近は長い竿を使う人が多いですね。長い竿の利点はバラしが少ないことです。『イカの乗り』ということに関しては長い竿も短い竿も同じだと思います。短い竿をこだわって使い、好釣果をあげる常連さんも何人かいますからね」と桑山船長。
ロングロッドもショートロッドも専用竿がベスト。ただ、ロングロッドはいろいろな竿の流用が可能だ。メバル用、またはそれに準じる胴調子の竿など。長さは2.5〜3mが扱いやすいだろう。ショートロッドは1.2〜1.3mが最近の標準だ。
リールは小型両軸タイプを組み合わせる。道糸としてPEラインの2号前後を巻いておく。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読