MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗ってます! 秋のイカ三種盛り アオリイカ編【相模湾・茅ヶ崎沖】

乗ってます! 秋のイカ三種盛り アオリイカ編【相模湾・茅ヶ崎沖】

10月から相模湾に面するいくつかの船宿でアオリイカをスタートさせている。茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」も10月8日からアオリイカ乗合をスタート。開幕から絶好調で、トップ二桁釣果の日が目立ち、ボウズなしの日も多い。10月18日はトップ16杯、20日はトップ15杯を記録している。

取材当日のトップは14杯が二人。ツ抜けしたのが10人中6人という爆発釣果。7人連続ヒットというクライマックスもあった

永井名人も今シーズンの初物ゲット。

アベレージサイズは500〜700g。

中小型のアオリイカは、身が柔らかくてとても美味しい 。

連続ヒットも珍しくない。当日は7人連続ヒットという怒涛の乗りもあった!

取材時のトップは14杯。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」。

開始と同時に一人、二人乗せ、次の流しでは4連続ヒット。その後もポイントを移動するごとに誰かしらが乗せ、いい時には7人連続ヒット! これが10月中旬の取材時における、茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」のアオリイカ船での様子だ。
「まだスタートしてから一週間ほどですけれど、今年も好調ですね。船を流し替えるたびに誰かしらに乗ります。いいポイントに入ると、5人も6人も同時に乗ることも珍しくないです。それだけ、アオリイカはたくさんいますね」と話すのは、「沖右ヱ門丸」のアオリイカ船を担当する桑山宏船長。
取材当日のトップは14杯が二人。ツ抜けしたのが10人中6人という爆発釣果。7人連続ヒットというクライマックスもあったのだ。
「この時期は餌木の選択よりも、シャクリ方が大事です。シャープにシャクって、餌木をキビキビ動かしてください」という桑山船長。
シーズンは始まったばかりだが、即釣行して怒涛の開幕ラッシュを体感しよう!

竿はロングロッドが主流だが、ショートロッドもOK!

茅ヶ崎港前からエボシ沖までを狙った。水深は20m台がメイン。

当日は大多数がロングロッド使用だった。

シャクリはシャープに!

取り込みは無理せず、タモで大事におこなおう。

中オモリを介した仕掛けを使うアオリイカ釣りは、当初、1.2〜1.5mのショートロッドが主流だった。
ところが、東京湾で3m前後のメバル竿などの軟調ロングロッドの使用が確立されると、主流はロングロッドに変わってきた。今回の「沖右ヱ門丸」の取材でも10人中9人がロングロッド使用という状況だった。
はたして、竿はどちらのタイプがいいのだろうか? 「沖右ヱ門丸」の桑山船長に聞いてみた。
「竿はどちらでもいいですよ。最近は長い竿を使う人が多いですね。長い竿の利点はバラしが少ないことです。『イカの乗り』ということに関しては長い竿も短い竿も同じだと思います。短い竿をこだわって使い、好釣果をあげる常連さんも何人かいますからね」と桑山船長。
ロングロッドもショートロッドも専用竿がベスト。ただ、ロングロッドはいろいろな竿の流用が可能だ。メバル用、またはそれに準じる胴調子の竿など。長さは2.5〜3mが扱いやすいだろう。ショートロッドは1.2〜1.3mが最近の標準だ。
リールは小型両軸タイプを組み合わせる。道糸としてPEラインの2号前後を巻いておく。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
東京湾のマダイをタイラバ釣法で狙う羽田「TAKEMARU」の釣果が絶好調だ!タイラバでの攻め方は、細かい情報が取れ、戦略を組み立てやすいバーチカルスタイル!ばっちり防寒して出掛けよう!!
常磐沖・大根で青物ジギングが絶好調!ターゲットはヒラマサ、ワラサ・ブリ(イナダ)、サワラ、カンパチ。まさに青物勢揃い!波崎港「征海丸」では昨年12月は10㎏を超す大物が何本も取り込まれた。
千葉・外房エリアでは、キャスティング&ジギングで10㎏クラスのヒラマサが好調にヒット中!今後はサンマの南下でそれを追ったヒラマサやブリ・ワラサが急上昇の予感!ぜひこの機会にキャッチしていただきたい。
最新記事
ファスナーの動きをよくするメンテナンススプレー「ファスナーするするスプレー」
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読