MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗ってます! 秋のイカ三種盛り アオリイカ編【相模湾・茅ヶ崎沖】

乗ってます! 秋のイカ三種盛り アオリイカ編【相模湾・茅ヶ崎沖】

10月から相模湾に面するいくつかの船宿でアオリイカをスタートさせている。茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」も10月8日からアオリイカ乗合をスタート。開幕から絶好調で、トップ二桁釣果の日が目立ち、ボウズなしの日も多い。10月18日はトップ16杯、20日はトップ15杯を記録している。

perm_media 《画像ギャラリー》乗ってます! 秋のイカ三種盛り アオリイカ編【相模湾・茅ヶ崎沖】の画像をチェック! navigate_next

取材当日のトップは14杯が二人。ツ抜けしたのが10人中6人という爆発釣果。7人連続ヒットというクライマックスもあった

永井名人も今シーズンの初物ゲット。

アベレージサイズは500〜700g。

中小型のアオリイカは、身が柔らかくてとても美味しい 。

連続ヒットも珍しくない。当日は7人連続ヒットという怒涛の乗りもあった!

取材時のトップは14杯。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」。

開始と同時に一人、二人乗せ、次の流しでは4連続ヒット。その後もポイントを移動するごとに誰かしらが乗せ、いい時には7人連続ヒット! これが10月中旬の取材時における、茅ヶ崎「沖右ヱ門丸」のアオリイカ船での様子だ。
「まだスタートしてから一週間ほどですけれど、今年も好調ですね。船を流し替えるたびに誰かしらに乗ります。いいポイントに入ると、5人も6人も同時に乗ることも珍しくないです。それだけ、アオリイカはたくさんいますね」と話すのは、「沖右ヱ門丸」のアオリイカ船を担当する桑山宏船長。
取材当日のトップは14杯が二人。ツ抜けしたのが10人中6人という爆発釣果。7人連続ヒットというクライマックスもあったのだ。
「この時期は餌木の選択よりも、シャクリ方が大事です。シャープにシャクって、餌木をキビキビ動かしてください」という桑山船長。
シーズンは始まったばかりだが、即釣行して怒涛の開幕ラッシュを体感しよう!

竿はロングロッドが主流だが、ショートロッドもOK!

茅ヶ崎港前からエボシ沖までを狙った。水深は20m台がメイン。

当日は大多数がロングロッド使用だった。

シャクリはシャープに!

取り込みは無理せず、タモで大事におこなおう。

中オモリを介した仕掛けを使うアオリイカ釣りは、当初、1.2〜1.5mのショートロッドが主流だった。
ところが、東京湾で3m前後のメバル竿などの軟調ロングロッドの使用が確立されると、主流はロングロッドに変わってきた。今回の「沖右ヱ門丸」の取材でも10人中9人がロングロッド使用という状況だった。
はたして、竿はどちらのタイプがいいのだろうか? 「沖右ヱ門丸」の桑山船長に聞いてみた。
「竿はどちらでもいいですよ。最近は長い竿を使う人が多いですね。長い竿の利点はバラしが少ないことです。『イカの乗り』ということに関しては長い竿も短い竿も同じだと思います。短い竿をこだわって使い、好釣果をあげる常連さんも何人かいますからね」と桑山船長。
ロングロッドもショートロッドも専用竿がベスト。ただ、ロングロッドはいろいろな竿の流用が可能だ。メバル用、またはそれに準じる胴調子の竿など。長さは2.5〜3mが扱いやすいだろう。ショートロッドは1.2〜1.3mが最近の標準だ。
リールは小型両軸タイプを組み合わせる。道糸としてPEラインの2号前後を巻いておく。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ルアーアングラーにおすすめなのが、東京湾のタイラバゲーム。乗っ込み後の浅場に群れるマダイを狙い撃ち!キャストして広範囲を攻めよう!
首都圏近郊では、屈指の爆発力を誇る常磐エリアのジギングゲーム。今年も4月上旬の開幕からイナダ&ワラサに、日並でヒラマサやヒラメも加わって大盛況が続いている。
東京湾タチウオジギングが好調!4月下旬の横浜新山下「渡辺釣船店」での実釣取材時は走水沖、久里浜沖を攻め、ほぼ全員が120㎝近い腹太ドラゴンをキャッチ。トップは16本を記録した。
東京ベイのタチウオ道場金沢八景「太田屋」の一日は入門者におススメ!ロッドをきしませるほどのトルクフルなファイトが魅力!ぜひ一度乗船して難敵攻略を目指してほしい。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
最新記事
船釣り専用中型・大型リール用パワーハンドル「ムゲンパワーハンドル」
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
シマアジ専用ハイブリッドテンビン「ハイブリッド天秤SHIMA-AJI」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル