MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗ってます! 秋のイカ三種盛り テンヤスミイカ編【東京湾・小柴沖~中ノ瀬】

乗ってます! 秋のイカ三種盛り テンヤスミイカ編【東京湾・小柴沖~中ノ瀬】

東京湾にスミイカの季節がやってきた。実りの秋にふさわしい、食べておいしく釣って楽しいターゲットだ。

やっぱりズシっと感じたい! 駆け抜ける衝撃にシビレまくろう!!

テンヤのスミイカはとにかく乗った瞬間がたまらない! これがヤミツキになるのだ。釣りや寿司屋などで「スミイカ」と呼ぶが、標準和名は「コウイカ」だ。

一日シャクリ続けると、ご褒美がたくさん待っているぞ。

タイミングがバッチリあってしっかりとテンヤを抱く良型のスミイカ。

ポイントは、超浅場から15mぐらいまで。広範囲にいる模様だ。

スッテばかりに乗る時間帯も。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴港「三喜丸」。

古くから親しまれ、根強い人気を誇っているのが、ここで紹介するテンヤを使ったスミイカ釣りだ。生きたシャコをエサに、シャクリ続けていると、突然「ズシッ!」とした衝撃がやってくる。いま、まさにスミイカが乗った瞬間だ。快感が脳の中を駆け抜け、気がつくとヤミツキになっているという、麻薬的な釣りでもあるのだ。
今シーズンはイカの生育が遅く10月中旬からのスタートとなったが、成長の早いイカのため、300g前後が主体に乗った。ポイントは近場から中ノ瀬、千葉寄りとかなりの広範囲。水深も超浅場から15mほどまで。
「水深が浅い場所の時は、シャクリを小さくしてね。大きなシャクリだとバレちゃうし、イカがビックリして散っちゃうからね。フグにエサをよくやられる人もシャクリが大きいからね」と、スミイカにこだわりを持つ河野秀昭船長は言う。
一見、マニアックに見えるテンヤの釣りだが、シャクリの基本さえつかめば誰にでも釣れる。
「スッテは付けた方がいいよ。こればかりに乗ることもあるからね」
イカの群れもまずまずのようで、ズシンとシビレまくろう!!

スミイカ仕掛けはこんな感じで

エサは生きたシャコを使う。一昔前は東京湾でいっぱい獲れたが、最近は激減。貴重品なのだ。

最初に4、5匹ずつ配られる。大切に使うとかなり持つぞ。

尾に切り込みを入れて竹に刺していく。

頭部が動かないように輪ゴムを巻き付けて出来上がり。

竿は、2.4mクラスのスミイカ専用竿がベスト。最近は軽量化も進み、一日シャクリ続けても疲れない。もっとも、「疲れる」ようなシャクリはシャクリ自体が間違っている可能性もある。
「スミイカ専用竿は、じつは水深が浅い場所では硬すぎるんです。普通の感覚でシャクっちゃうと、強すぎてバラシも増えるし、イカも散っちゃうんですよ」
このため、シーズン初期は、カワハギ竿や先調子気味のゲームロッドなども流用可能だ。
リールは、しっかり投げたい人にはスピニングリールがオススメだ。特に浅場では広く探ったほうが釣果に結びつく。小型両軸でも結構距離を投げられるので、好みでいいだろう。キャスティングが苦手な人は、チョイ投げぐらいでも大丈夫だ。
道糸は、PE2号程度に先糸3〜4号を付けておく。道糸はあまり細くすると、キャスティング時に高切れなどのトラブルが発生するので注意しよう。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00
暖冬で年が明けても暖かい日が続いているが海の中も暖冬のようで、例年であればすでにベストシーズンを迎えて極寒の中、夜な夜な熱いバトルが繰り広げられる「夜タチウオ」が昨年末に来てようやく調子を上げてきた。
更新: 2019-01-24 07:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読