MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗ってます! 秋のイカ三種盛り 餌木スミイカ編【東京湾・中ノ瀬~富津沖】

乗ってます! 秋のイカ三種盛り 餌木スミイカ編【東京湾・中ノ瀬~富津沖】

アタリが見えるから面白い。偶然釣れたんじゃない。いると確信してアワせる快感。偶然じゃない、必然なんだ! 高いゲーム性とアタリを取るおもしろさ。これが新しいスミイカ釣りだ!

バシっとアワせると「ズイーン」とイカの乗りがやってきた!

アタリを取ってアワせる釣り。竿は先調子気味の感度がいいものがベストマッチ。

これぐらいの大きさがレギュラーサイズだ。

ポイントは中ノ瀬、木更津、富津沖など。潮が流れると乗りがよくなる。

齋藤絵理チャンもゲット。

こちらはデカモンゴウ。

こちらはシリヤケイカ。

先調子の竿先を注視していると、かすかにフワリと動いた。
「ん! これはイカのアタリだ!」
すかさずバシっとアワせると「ズイーン」とイカの乗りがやってきた。
「やっぱりいたか! イカちゃんいらっしゃーい」
みな、アワせる瞬間はどことなくうれしそうな顔をしているように見える。なぜなら「イカが餌木に抱きついている」のを知っているから。つまり、ほとんどの場合、イカがいると確信してアワせているのだ。この釣りは、だから楽しい。
アオリのシャクリのように、決まった秒数を数えてシャクる釣りではない。アタリを見てアワせる釣りなのだ。
偶然の要素をなくし、必然、つまりアタリを見極める釣りのためゲーム性も増す。そんな新しいスミイカ釣りだから、おもしろいに決まっている。
「今のアタリわかりましたよ」
「絶対にイカがいると思ってアワせました」
こんな喜びの声が聞こえた。この釣り方でいいときは20杯、30杯といった釣果も。スミイカのアタリ、これもヤミツキになりますよ!!

竿は感度重視で、道糸も細い方がいい

餌木は2.5〜3号。基本の2色はオレンジとピンク。使う人も多いが、実際にこの2色に集中して乗っていた。

餌木のローテーションも楽しい。

タックルは、船アオリタックルなどとはまったく別物と考えた方がいい。
竿は1.5〜1.8mぐらい、先調子気味で、穂先の感度がいいものがいい。マルイカ竿、ショウサイフグ竿、カレイ竿などが向いている。
リールは小型両軸。道糸は感度重視のため、PE0.8〜1号程度と細いほうがいい。リーダーは4、5号を1.5mほど付けておく。中オモリは10号。ハリスは2.5号1.6m。
餌木は2.5号が基準。色はピンク、オレンジを基本に、ブルー、グリーンなどをそろえておけば問題ないだろう。今後、イカのサイズが大きくなっていけば3号を使ってもよいだろう。しかし、2.5号があればほとんどのシーンで間に合う。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
「広布号」の野島幸一船長が展開している、大原流のスーパーライトジギング!イナダ、マダイ、マハタ、ワラサ、ヒラマサ、サワラなどなにが飛び出すか分からない!手軽で奥深い注目のゲームスタイルだ!
アイランドクルーズFCが展開している、シーバスタックルでさまざまなターゲットを狙う五目ゲーム!その多彩な魅力を紹介しよう!
東京湾・走水沖のタイラバマダイが絶好調!走水港「政信丸」ではタテの釣りで細かい情報を取りながら狙う!今後は数釣りも期待大!タイラバでマダイゲームを満喫しよう!
東京湾のタチウオゲームが好調継続中だ!横浜新山下「渡辺釣船店」では連日、良型中心にトップ30本前後!120㎝オーバーもコンスタントに釣れている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読