MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗ってます! 秋のイカ三種盛り 餌木スミイカ編【東京湾・中ノ瀬~富津沖】

乗ってます! 秋のイカ三種盛り 餌木スミイカ編【東京湾・中ノ瀬~富津沖】

アタリが見えるから面白い。偶然釣れたんじゃない。いると確信してアワせる快感。偶然じゃない、必然なんだ! 高いゲーム性とアタリを取るおもしろさ。これが新しいスミイカ釣りだ!

バシっとアワせると「ズイーン」とイカの乗りがやってきた!

アタリを取ってアワせる釣り。竿は先調子気味の感度がいいものがベストマッチ。

これぐらいの大きさがレギュラーサイズだ。

ポイントは中ノ瀬、木更津、富津沖など。潮が流れると乗りがよくなる。

齋藤絵理チャンもゲット。

こちらはデカモンゴウ。

こちらはシリヤケイカ。

先調子の竿先を注視していると、かすかにフワリと動いた。
「ん! これはイカのアタリだ!」
すかさずバシっとアワせると「ズイーン」とイカの乗りがやってきた。
「やっぱりいたか! イカちゃんいらっしゃーい」
みな、アワせる瞬間はどことなくうれしそうな顔をしているように見える。なぜなら「イカが餌木に抱きついている」のを知っているから。つまり、ほとんどの場合、イカがいると確信してアワせているのだ。この釣りは、だから楽しい。
アオリのシャクリのように、決まった秒数を数えてシャクる釣りではない。アタリを見てアワせる釣りなのだ。
偶然の要素をなくし、必然、つまりアタリを見極める釣りのためゲーム性も増す。そんな新しいスミイカ釣りだから、おもしろいに決まっている。
「今のアタリわかりましたよ」
「絶対にイカがいると思ってアワせました」
こんな喜びの声が聞こえた。この釣り方でいいときは20杯、30杯といった釣果も。スミイカのアタリ、これもヤミツキになりますよ!!

竿は感度重視で、道糸も細い方がいい

餌木は2.5〜3号。基本の2色はオレンジとピンク。使う人も多いが、実際にこの2色に集中して乗っていた。

餌木のローテーションも楽しい。

タックルは、船アオリタックルなどとはまったく別物と考えた方がいい。
竿は1.5〜1.8mぐらい、先調子気味で、穂先の感度がいいものがいい。マルイカ竿、ショウサイフグ竿、カレイ竿などが向いている。
リールは小型両軸。道糸は感度重視のため、PE0.8〜1号程度と細いほうがいい。リーダーは4、5号を1.5mほど付けておく。中オモリは10号。ハリスは2.5号1.6m。
餌木は2.5号が基準。色はピンク、オレンジを基本に、ブルー、グリーンなどをそろえておけば問題ないだろう。今後、イカのサイズが大きくなっていけば3号を使ってもよいだろう。しかし、2.5号があればほとんどのシーンで間に合う。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
5月後半から絶好調!鹿島沖のマゴチ!今期はまだまだ魚影も濃く、ロングランが予想される!ジグヘッド+当たりワームでぜひトライしてほしい!
今回はカンタンに製作できるツインアシストフックを紹介。アシストラインの両端でフックを外掛けで結び、溶接リングをセットしたシンプルなパターン。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
東京湾人気ルアーターゲットのタチウオ!4月下旬、ロケットスタートを切ったのは横浜新山下「渡辺釣船店」。良型&メーターオーバーが連日登場!浅場と深場の両タックルを準備して、挑戦しよう。
最新記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読