鹿島沖のひとつテンヤ、大ダイラッシュ!!【鹿島沖】

鹿島沖のひとつテンヤ、大ダイラッシュ!!【鹿島沖】

今年の鹿島沖は大ダイラッシュが続いている。鹿島港「第五悌栄丸」では今シーズンは10㎏オーバーが2枚も上がっているのだ。8㎏オーバーも珍しくなく、ハリスが切られたことは数知れずという怒涛の釣れっぷりだ。


7㎏、8㎏は当たり前? 目指せ10㎏オーバー

この日最大の6.3kg。翌日にも7.4kgが上がり、絶好調。10kg級も期待できるかも。

ゲストも多彩でアタリは頻発。

釣り場は港から近く、水深は30m前後。潮の流れが素直で釣りやすいのも鹿島沖の特徴。

エビエサのマダイ釣り。

この日は船中60枚!! 型だけでなく数もすごい。

今シーズンに上がった10㎏級マダイ。まだまだチャンスあり!※写真提供「第五悌栄丸」

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第五悌栄丸」。

取材日はシケ後で底荒れが懸念されたが、そんな心配をよそに6.3㎏の大ダイが顔を出した。翌日にも7.4㎏が上がり、鹿島沖の大ダイシーズンはまだまだ続きそうだ。
型だけではなく数も好調に伸びている。レギュラーサイズは500g前後から3㎏くらいまでで、頭はコンスタントに10枚以上釣っている。「悌栄丸」では舵を握る久保治彦船長の他に、若船長の聡志船長が乗り込み初心者の面倒を見るので、初めての人が大ダイを上げることも珍しくないという。
水温が落ち着く11月はマダイ釣りには絶好のチャンス。いつ一発大物が食ってくるかわからないので、一瞬たりとも油断は禁物だ。メモリアルクラスの大ダイを追い求めるマダイフリークは、ぜひ鹿島に訪れてみて欲しい。

関連する投稿


日立沖のテンヤマダイ、年末年始も数・型とも期待大!【日立沖】

日立沖のテンヤマダイ、年末年始も数・型とも期待大!【日立沖】

月日の経つのは早いもの。ふと気が付けば、いつのまにやら12月。日立沖のテンヤマダイ、ここ最近は好調続き。釣り納め、釣り始めに、メデタイ赤い魚を狙ってみては、いかがでしょう。ズバリ、年末年始にオススメです!


初釣りはひとつテンヤでマダイを釣って祝おう!!【外房・大原沖】

初釣りはひとつテンヤでマダイを釣って祝おう!!【外房・大原沖】

年間を通してマダイを狙って出ている大原港の「新幸丸」では、いぜん1㎏前後のマダイに中ダイ、大ダイがまじって数釣りが続いている。


鹿島沖のヒラメ、 数、型ともにさらに期待大だっ!【茨城・鹿島沖】

鹿島沖のヒラメ、 数、型ともにさらに期待大だっ!【茨城・鹿島沖】

11月から部分解禁している鹿島沖のヒラメ。数、型ともにまずまずの好調が続いている。今シーズンから規定数10枚というルールが設けられているが、トップが規定数に達する船も多い。


大ブレイクしたひとつテンヤマダイポイントはココだ【外房・飯岡沖】

大ブレイクしたひとつテンヤマダイポイントはココだ【外房・飯岡沖】

ひとつテンヤマダイフィールドとして約3年を経過した飯岡沖。この秋はまさに大ブレイクしたと言っても言いすぎではない。これもひとえに飯岡の遊漁船が協力しあって、地道なポイント開拓を行い、ひとつテンヤマダイを継続してきたことが、大原など外房に肩を並べるマダイポイントとして確立した理由だ。


東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

マダイの一級ポイントで知られる富浦沖。東京湾口の千葉県側に位置し、一年を通して安定した釣果が望めることで、近年人気上昇中のマダイエリアだ。


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング