MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
鹿島沖のひとつテンヤ、大ダイラッシュ!!【鹿島沖】

鹿島沖のひとつテンヤ、大ダイラッシュ!!【鹿島沖】

今年の鹿島沖は大ダイラッシュが続いている。鹿島港「第五悌栄丸」では今シーズンは10㎏オーバーが2枚も上がっているのだ。8㎏オーバーも珍しくなく、ハリスが切られたことは数知れずという怒涛の釣れっぷりだ。

7㎏、8㎏は当たり前? 目指せ10㎏オーバー

この日最大の6.3kg。翌日にも7.4kgが上がり、絶好調。10kg級も期待できるかも。

ゲストも多彩でアタリは頻発。

釣り場は港から近く、水深は30m前後。潮の流れが素直で釣りやすいのも鹿島沖の特徴。

エビエサのマダイ釣り。

この日は船中60枚!! 型だけでなく数もすごい。

今シーズンに上がった10㎏級マダイ。まだまだチャンスあり!※写真提供「第五悌栄丸」

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第五悌栄丸」。

取材日はシケ後で底荒れが懸念されたが、そんな心配をよそに6.3㎏の大ダイが顔を出した。翌日にも7.4㎏が上がり、鹿島沖の大ダイシーズンはまだまだ続きそうだ。
型だけではなく数も好調に伸びている。レギュラーサイズは500g前後から3㎏くらいまでで、頭はコンスタントに10枚以上釣っている。「悌栄丸」では舵を握る久保治彦船長の他に、若船長の聡志船長が乗り込み初心者の面倒を見るので、初めての人が大ダイを上げることも珍しくないという。
水温が落ち着く11月はマダイ釣りには絶好のチャンス。いつ一発大物が食ってくるかわからないので、一瞬たりとも油断は禁物だ。メモリアルクラスの大ダイを追い求めるマダイフリークは、ぜひ鹿島に訪れてみて欲しい。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
旬のアジを釣るのなら、専用竿に 小型電動リールで釣るビシアジ釣り。代表的なポイントが猿島周りで、ほぼ周年アジ釣りができる。40㎝に迫る大型もまじり、美味しい旬のアジが大漁まちがいなしだ!
更新: 2019-07-21 07:00:00
関東東海エリアでもイサキはメジャーなターゲットだが、この季節、そのなかでも軍を抜いて安定しておいしいとされているのが、駿河湾の石花海のブランドイサキだ。誘い上げで攻略、多点掛けのテクニックで数を伸ばそう!!
更新: 2019-07-19 07:28:47
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-18 10:31:56
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
最新記事
シマノではシマノインストラクターと行く釣り旅「ドリームツアー」を8月3日(土)~9月30日(月)の期間募集する。
更新: 2019-07-21 12:00:00
旬のアジを釣るのなら、専用竿に 小型電動リールで釣るビシアジ釣り。代表的なポイントが猿島周りで、ほぼ周年アジ釣りができる。40㎝に迫る大型もまじり、美味しい旬のアジが大漁まちがいなしだ!
更新: 2019-07-21 07:00:00
「第18回 2019金沢漁港シロギス釣り大会」が8月18日(日)に神奈川県金沢漁港で開催される。申込み、問合せは参加船宿まで!
更新: 2019-07-20 12:00:00
東京湾・夏のタチウオジギング!メーターオーバーも続々登場!ビギナーの方も存分に楽しめる夏タチシーズンはまだまだこれから。多少の上下はあれ、今後も十分に期待できる。
更新: 2019-07-20 07:00:00
関東東海エリアでもイサキはメジャーなターゲットだが、この季節、そのなかでも軍を抜いて安定しておいしいとされているのが、駿河湾の石花海のブランドイサキだ。誘い上げで攻略、多点掛けのテクニックで数を伸ばそう!!
更新: 2019-07-19 07:28:47

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読