鹿島沖のひとつテンヤ、大ダイラッシュ!!【鹿島沖】

鹿島沖のひとつテンヤ、大ダイラッシュ!!【鹿島沖】

今年の鹿島沖は大ダイラッシュが続いている。鹿島港「第五悌栄丸」では今シーズンは10㎏オーバーが2枚も上がっているのだ。8㎏オーバーも珍しくなく、ハリスが切られたことは数知れずという怒涛の釣れっぷりだ。


7㎏、8㎏は当たり前? 目指せ10㎏オーバー

この日最大の6.3kg。翌日にも7.4kgが上がり、絶好調。10kg級も期待できるかも。

ゲストも多彩でアタリは頻発。

釣り場は港から近く、水深は30m前後。潮の流れが素直で釣りやすいのも鹿島沖の特徴。

エビエサのマダイ釣り。

この日は船中60枚!! 型だけでなく数もすごい。

今シーズンに上がった10㎏級マダイ。まだまだチャンスあり!※写真提供「第五悌栄丸」

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第五悌栄丸」。

取材日はシケ後で底荒れが懸念されたが、そんな心配をよそに6.3㎏の大ダイが顔を出した。翌日にも7.4㎏が上がり、鹿島沖の大ダイシーズンはまだまだ続きそうだ。
型だけではなく数も好調に伸びている。レギュラーサイズは500g前後から3㎏くらいまでで、頭はコンスタントに10枚以上釣っている。「悌栄丸」では舵を握る久保治彦船長の他に、若船長の聡志船長が乗り込み初心者の面倒を見るので、初めての人が大ダイを上げることも珍しくないという。
水温が落ち着く11月はマダイ釣りには絶好のチャンス。いつ一発大物が食ってくるかわからないので、一瞬たりとも油断は禁物だ。メモリアルクラスの大ダイを追い求めるマダイフリークは、ぜひ鹿島に訪れてみて欲しい。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

昨年に続いてカモシ釣りで伺ったのは「作栄丸」。昨年の取材時には10㎏級のヒラマサが三連発という驚愕の釣りを体験した。今年もヒラマサは好調に釣れているとのこと、大型ヒラマサの期待を胸に行川港へと向かった。


夏の新潟でマダイ&スルメイカを楽しもう!(第一・第五なかくに丸)

夏の新潟でマダイ&スルメイカを楽しもう!(第一・第五なかくに丸)

中越エリアでもマダイは乗っ込み中だ。寺泊港「なかくに丸」では、日中午前と午後便の2便制でこの乗っ込みマダイをコマセ釣りで狙っている。


ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。


昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


ひとつテンヤタックルで楽しめる鹿島沖のマゴチが好調だ!(植田丸)

ひとつテンヤタックルで楽しめる鹿島沖のマゴチが好調だ!(植田丸)

昨年ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年も5月後半から本格的に開幕し、好調が継続している。とくに7月に入ってからは絶好調の釣果が記録されているのだ。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読