鹿島沖のひとつテンヤ、大ダイラッシュ!!【鹿島沖】

鹿島沖のひとつテンヤ、大ダイラッシュ!!【鹿島沖】

今年の鹿島沖は大ダイラッシュが続いている。鹿島港「第五悌栄丸」では今シーズンは10㎏オーバーが2枚も上がっているのだ。8㎏オーバーも珍しくなく、ハリスが切られたことは数知れずという怒涛の釣れっぷりだ。


7㎏、8㎏は当たり前? 目指せ10㎏オーバー

この日最大の6.3kg。翌日にも7.4kgが上がり、絶好調。10kg級も期待できるかも。

ゲストも多彩でアタリは頻発。

釣り場は港から近く、水深は30m前後。潮の流れが素直で釣りやすいのも鹿島沖の特徴。

エビエサのマダイ釣り。

この日は船中60枚!! 型だけでなく数もすごい。

今シーズンに上がった10㎏級マダイ。まだまだチャンスあり!※写真提供「第五悌栄丸」

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「第五悌栄丸」。

取材日はシケ後で底荒れが懸念されたが、そんな心配をよそに6.3㎏の大ダイが顔を出した。翌日にも7.4㎏が上がり、鹿島沖の大ダイシーズンはまだまだ続きそうだ。
型だけではなく数も好調に伸びている。レギュラーサイズは500g前後から3㎏くらいまでで、頭はコンスタントに10枚以上釣っている。「悌栄丸」では舵を握る久保治彦船長の他に、若船長の聡志船長が乗り込み初心者の面倒を見るので、初めての人が大ダイを上げることも珍しくないという。
水温が落ち着く11月はマダイ釣りには絶好のチャンス。いつ一発大物が食ってくるかわからないので、一瞬たりとも油断は禁物だ。メモリアルクラスの大ダイを追い求めるマダイフリークは、ぜひ鹿島に訪れてみて欲しい。

関連する投稿


秋ダイ高活性!  食べごろサイズの 数釣り満喫!【東京湾口富浦沖】

秋ダイ高活性! 食べごろサイズの 数釣り満喫!【東京湾口富浦沖】

秋本番で各地の魚たちはみな高活性! 釣り物選びに困ってしまう季節。そこで、沖釣りの超人気ターゲットであるマダイをセレクト! 釣果の程を紹介する。


鍋ネタ調達には好釣の鹿島沖のショウサイフグがお勧めだ!【鹿島沖】

鍋ネタ調達には好釣の鹿島沖のショウサイフグがお勧めだ!【鹿島沖】

冬が近づきつつある今日この頃、いよいよ鍋が旨い季節がやって参りました。魚が主役の旨い鍋は色々とありますが、ショウサイフグの鍋は特に激ウマです。さぁ、調達だ。大海へ出よう!


剣崎沖の秋のマダイはライトに楽しもう!!【剣崎沖】

剣崎沖の秋のマダイはライトに楽しもう!!【剣崎沖】

関東屈指のマダイポイントである剣崎沖、春の乗っこみと秋の落ちダイを主に、ほぼ周年マダイ釣りが楽しめる。剣崎松輪港では多くの船宿がマダイ乗合を出船しているが、その中で唯一のLTマダイ乗合を出船しているのが「棒面丸」だ。私にとっては初めてのLTマダイで、どんな釣りなのかわくわくしながら港へと向かった。


午前ヒラメ&午後ひとつテンヤマダイがイイー!!【外房大原沖】

午前ヒラメ&午後ひとつテンヤマダイがイイー!!【外房大原沖】

外房大原沖が凄い! おもしろい! 解禁ヒラメ釣り絶好調! ひとつテンヤでマダイ荒食いモード! 午前と午後の二本立てで、終日たっぷり爆釣体験。釣りキチの貴方、この機会を逃す手はないぞ!


今がチャンスの日立沖のマダイ、狙いは5㎏級【茨城・日立久慈沖】

今がチャンスの日立沖のマダイ、狙いは5㎏級【茨城・日立久慈沖】

茨城・日立沖のマダイは例年8月中旬ごろから大ダイが連発する、一年でもっとも熱いシーズンに入る。昨年は早くから大型が出ていたが、今年は1ヵ月ほど遅れているようだ。


最新の投稿


秋ダイ高活性!  食べごろサイズの 数釣り満喫!【東京湾口富浦沖】

秋ダイ高活性! 食べごろサイズの 数釣り満喫!【東京湾口富浦沖】

秋本番で各地の魚たちはみな高活性! 釣り物選びに困ってしまう季節。そこで、沖釣りの超人気ターゲットであるマダイをセレクト! 釣果の程を紹介する。


鍋ネタ調達には好釣の鹿島沖のショウサイフグがお勧めだ!【鹿島沖】

鍋ネタ調達には好釣の鹿島沖のショウサイフグがお勧めだ!【鹿島沖】

冬が近づきつつある今日この頃、いよいよ鍋が旨い季節がやって参りました。魚が主役の旨い鍋は色々とありますが、ショウサイフグの鍋は特に激ウマです。さぁ、調達だ。大海へ出よう!


ビシアジ釣りが今秋の旬、大アジ絶好釣!!【宮城仙台湾】

ビシアジ釣りが今秋の旬、大アジ絶好釣!!【宮城仙台湾】

仙台湾のアジが激アツだ。釣果アップの肝は、アピールのある仕掛けとエサのチョイス。好釣ならば、60匹超えもあるぞ!


モンスターと激闘! トカラ列島の巨大カンパチを狙う【トカラ列島】

モンスターと激闘! トカラ列島の巨大カンパチを狙う【トカラ列島】

9月7日から3泊4日のスケジュールで「アルファタックル」スタッフによる、奄美大島からトカラ列島、宝島への遠征釣りが実施された。狙うは40㎏オーバーの巨大カンパチだ。


数も型もイケる! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

数も型もイケる! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

東京湾のマコガレイが産卵期を間近に控え、荒食いシーズンに突入した。夏場に口を使わなかったカレイたちが、一斉にエサを追い出し、春の大型狙いと並ぶ、好シーズンである。


ランキング


>>総合人気ランキング