MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
食味抜群な波崎沖のアカムツ、盛期を迎え絶好調!【茨城・波崎沖】

食味抜群な波崎沖のアカムツ、盛期を迎え絶好調!【茨城・波崎沖】

いよいよ好釣の兆しを見せてきた波崎沖のアカムツ釣り。美味なる魚は数あれど、アカムツが一番美味いと言うグルメな釣り人も多い。この超絶美味なる魚を求め、好漁場「カンネコ根」へ、いざ行かん!

perm_media 《画像ギャラリー》食味抜群な波崎沖のアカムツ、盛期を迎え絶好調!【茨城・波崎沖】の画像をチェック! navigate_next

脂がよくのった白身は、口の中でほどよくとろける上品な味わい。炙り、煮付け、塩焼き、どれも捨てがたい逸品だ

一荷。当日は一荷が数回あった!

上品な引きはアカムツか?

取り込みはタモで大事におこなおう!

じゃ〜ん、羨ましい良型の一荷!

エサ付けは、サバの切り身とホタルイカの抱き合わせがおすすめ。

付けエサはホタルイカとサバの切り身。

アカムツ釣りは誘いが重要。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎「三栄丸」。

波崎沖のアカムツ釣りが盛期を迎えた。好漁場「カンネコ根」の水深120〜160mでは、トップで10匹前後、平均で4〜5匹という釣果が続いている。25〜30㎝級がレギュラーサイズで、これに40㎝オーバーの良型がまじっている。
「ここのところ、天候が安定しないため、釣果にムラはあります。それでも例年どおりの釣れ具合ですね」と状況を話してくれたのは波崎港「三栄丸」の木村卓三船長。
アカムツの「ムツ」は「脂っこい」ことを「むっこい」「むつこい」「むつごい」ということから来ているとされる。すなわち赤い脂っこい魚という意味。その名のとおり、脂がよくのった白身は、口の中でほどよくとろける上品な味わいだ。炙り、煮付け、塩焼き、どれも捨てがたい逸品。「三栄丸」の常連さんが教えてくれたオススメは、三枚におろして、骨の部分に残った身をすき取って作る「軍艦巻き」。メニューの1つに加えたい。
市場にもなかなか出回らない高級魚だけに、食べたければ、釣りに行くしかないっしょ!!

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル