MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾 茅ヶ崎沖 良型アジ好釣!コジレイが教える

相模湾 茅ヶ崎沖 良型アジ好釣!コジレイが教える"釣れる"極意!

茅ヶ崎港「湘南海成丸」。釣れるアジは良型ぞろい!児島玲子さんが持つアジなんて、見るからに脂がたっぷりと乗り、本当に美味しそうだ。キモは「タナ取り」と「コマセワーク」!コジレイが詳しく教えます!

コジレイが教える〝釣れる〟極意!キモは「タナ取り」と 「コマセワーク」

このアジ太っ!相模湾ではこんないかにも美味しそうなアジがベストシーズンを迎える!

シンプルでカンタン!老若男女みんなで楽しめる

日本人にとっては大変馴染みのある魚のひとつ「マアジ」。

朝食に出てくる、脂がジュワッと染み出たアジの開きなんて本当に最高ですよね。

釣りの対象魚としても人気が高く、堤防のサビキ釣りはもちろん、船釣りも老若男女が楽しめる手軽なターゲット。

昨今ではルアーで釣るアジングも人気で、幅広い人たちに親しまれています。

アジは前出の開きをはじめ、タタキ、刺身、塩焼き、なめろう、フライなど様々な調理法で堪能できます。

そんなアジの旬を調べてみると、関東周辺では初夏から夏にかけて。

まさにこれから脂が乗り、旨味も増して最高の味わいを楽しむことができるというわけです。

アジ釣りは初心者も手軽に楽しめるとあって、仕掛けはシンプルで、釣り方もとってもカンタン。今回紹介するのは相模湾のビシアジです。

プラビシ(またはアンドンビシ)と呼ばれるコマセカゴにイワシのミンチを詰め、テンビンの先には30㎝程度の短めのクッションゴム、さらにその先には2~3本のハリが付いた仕掛けをセット。

ハリにはアカタンと呼ばれるイカの身を細かく刻んで食紅に漬けた物や、状況によっては魚の切り身やイソメなども付けます。

これを海底まで沈め、小刻みに竿を振ってコマセを出し、船長の指示するタナまで誘って来ます。

アタリは竿先がクンクンと大きく動くほど明確に出ます。

竿を煽ってアワせることはせずに、ゆっくりと巻き上げて来ればOK。基本はこれだけです。

このようにとってもカンタンな釣りゆえ、先日も友人の子供を連れてアジ釣りに行きましたが、初挑戦でもすぐに楽しむことができました。

ただ、初心者でも楽しみやすいとはいっても、ベテランとの差が出やすいのもこの釣りの奥深さ。

他の人よりもより多く釣ろうとなれば、釣り方や仕掛けの工夫、手返しの早さなど、様々なテクニックが必要となります。

サイズがいいから仕掛けはハリス3号を使おう/ビシは130号。ミンチの具合によってプラビシとアンドンビシを使い分けた

付けエサは赤タンの他に、マダイ狙いのサバ短、イソメなど。この日は潮が濁っていたため、イソメが有効だった

大型狙える相模湾 ハリスは3号で!

まずはタックル。
最近ではライトタックルで狙ういわゆる“LTアジ”というスタイルもありますが、今回乗船した茅ヶ崎港の「湘南海成丸」をはじめとした相模湾の船宿では、基本的にはノーマルのスタイルで狙います。

この釣りは初心者大歓迎の釣りなので、ほとんどの船宿には貸し道具が用意され、それを利用できます。

これがアジ釣りのいいところ。
これからアジ釣りに挑戦してみようという人は、まずは貸道具から始めてみるというのもいいかもしれません。

もし自分で揃えるのであれば、竿は全長が2m以下と短めのビシアジ専用タイプがオススメ。

専用竿は130号という重いビシを背負っても持ち重りが少なく、アタリが明確に出る感度性能も持ち併せています。

次はリール。
今回狙ったのは水深110m前後。

したがって電動は必須です。

使用するPEラインの3~4号が300mほど巻くことができる小型軽量モデルが快適です。

アジ釣りというとなんとなくのんびりとしたイメージがありますが、実はとっても忙しい釣り。

竿をシャクってコマセを出したり誘いを掛けたりなど、常に動かし続けます。

したがって、タックルは疲れにくいことが重要です。

クッションゴムは、これからの時期の相模湾など大型がまじる海域では、ぜひ付けておきたいアイテム。

強い引きを吸収してくれるので、口の柔らかいアジのバラシを軽減してくれます。

仕掛けはライトででもノーマルでも基本は同じ。

相模湾では大型のアジを狙うことが多く、またこの時期はマダイがヒットすることもあるので、それらに対応して3号が基準。

食い渋りの状況などではビシアジの基本仕掛けとされる2号にしてもよいでしょう。

ハリ数は2~3本。
初心者は欲張らずに2本バリから始めましょう。


手返しよく釣るためには、ハリ外しは必携アイテム。「クイックハリハズシL-H」(ダイワ)は、簡易ギャフにもなってとっても便利

正確なタナ取りのために 糸フケをしっかり取ろう!

今回のポイントは水深110m。
そこにアンカーを降ろし、カカリ釣りというスタイルで狙います。

海底は砂地のフラット。
アジ釣りの場合、小さな根周りを狙うことが多いのですが、最近は根にはあまりアジがいないらしく、こうした何の変哲もない砂地で釣れているそうです。

そんなときは、まずはコマセをしっかりとまいて船の下にアジを集め、船下から群れを逃がさないようにすることが重要です。

船長からの指示ダナが海底から5~6mなので、着底したらすぐに糸フケを取り、最初は50㎝~1m間隔でシャクってコマセをまくという作業を5~6回繰り返してアタリを待ちます。

アタリがなければ再び仕掛けを底まで落とし、先ほどの作業を繰り返します。

2回上げ下げしてアタリがなければ仕掛けをいったん回収し、コマセを詰めて再投入。

この2回でしっかりコマセを出し切り、長い時間アタリを待たずにどんどん入れ換えます。

これを手際よく繰り返すことで、常に船の下にコマセを漂わせ、アジを寄せるのです。

アジが集まって来て誰かにヒットしたら、ここからがいよいよ本番。

アジ釣りのキモは、「タナ取り」と「コマセワーク」、そして「取り込み」です。

正確なタナ取りのためには、「糸フケ」を確実に取ることが重要。

電動リールのカウンターではなく、PEラインのマーカーで見ることももちろん大切ですが、水深110mで潮が速いときには、道糸が水深よりもかなり出て着底することを意識しましょう。

例えば、フリーで落としていくと120mで着底したとします。

そのまま5mのタナまで誘い上げ、再度落とすとわずか2mしか糸が出ずに着底してしまいます。

つまり、船長の指示ダナよりも3mも低い位置を釣っていたことになるのです。

これては良い釣果は望めません。

カカリ釣りの場合、船はアンカーを支点に風に振られる程度なので、水深はそんなに変わりません。

したがって次の投入では、どの程度道糸が潮に流されるのかを考慮して、落として行く際にサミングしたり、いったん道糸の放出を止めたりして、着底する前にビシがしっかりと馴染むのを待ちます。

ビシをフリーで落とし込む場合は、いったん110mでビシを止め、そのまましばらく待つと余計に流された分ビシが戻ってきます。

道糸の動きが止まったら海底まで落とし、そこから指示ダナまでを探ります。

このちょっとした手間こそが、正確なタナ取りには重要で、釣果アップのカギなのです。

タナがたった1m違うだけで 釣果が左右される

コマセワークは前述した通り、細かくしっかりとコマセを出すことが重要。

水深が深いので、かなりしっかりと竿を煽らなければコマセは出ません。

また、アジはこのコマセに突っ込んで来る魚なので、狭い範囲にまくことも大切です。

今回のように、たとえば海底から5~6mというタナの場合は、いったん4mほど巻き上げてしまい、そこから50㎝刻みでコマセをまき、5mのタナに合わせるというイメージ。

タナにセットした後は、30秒から1分ほどアタリを待ち、ゆっくりと1mほど上下に誘います。

ここでアタリがなければさらに50㎝刻みで2回コマセを振り、1m上げて6mに合わせます。

このようにして、1m刻みでアタリが出るタナを探っていきます。

たった1m違うだけでも魚の濃い層と薄い層がるので、釣れたタナはしっかりと頭に入れておきましょう。

他の人は釣れているのに自分だけ釣れない場合は、タナが微妙にズレているケースがあるので、よく釣れている人に聞いてみるとよいでしょう。

ちなみに今回は、5mが最もアタリの多いタナ。

ここを正確に攻めていくと、多くのヒットを得られました。

取り込みは無理しない 大型はタモで!

高活性時は、1匹ハリ掛かりさせたら50㎝ほど巻き上げ、次のアタリを待ちます。

追い食いです。

ただ今回は一度に2匹以上釣れるほど魚の活性は高くなかったので、ヒットしたら確実に1匹ずつキャッチして地道に数を伸ばしていきました。

アジは口が膜のように薄い場所があり、ここにハリが掛かると大変切れやすいので、強いアワセは禁物。

アタリがあったらそっと目の高さまで竿先を持ち上げ、それから電動リールのスイッチを入れて中速で巻き上げます。

一番バラシが多いのが水面付近。
残り10mまで巻き上げて来たらロッドをホルダーにセットして、取り込める態勢を整えておきましょう。

水面にビシが来たら巻くのを止め、竿を立ててビシをコマセのバケツにひとまず置き、仕掛けを手繰ります。

クッションゴムを掴んでいる間はそれが伸び縮みして引きに対応してくれますが、問題は仕掛けを掴んでから。

この瞬間が一番外れやすいので、仕掛けを掴んだら魚の顔を水面に浮かせ、ハリの掛かりどころを確認して一気に引き抜きます。

このとき、ハリが口の弱い部分に掛かっていたり、大型の場合はタモですくいましょう。

このように細かく書いてしまうと、ビシアジ釣りってとても難しい釣りのように感じてしまうかもしれませんが、慣れてしまえばとってもカンタンですよ!

ビシアジはタナを外すと釣れないので、イメージ通りに釣れた瞬間が何より楽しい。

これからベストシーズンを迎える相模湾のビシアジ。

サイズが良く、とくに体高のある幅広アジは脂の乗りも最高ですよ!

超良型&美味アジ釣れてます!!茅ヶ崎沖 釣行レポート

この日メインで狙ったのは茅ヶ崎沖の100m前後。タナは下から5~6mだ

クンクンと小気味よい引きが伝わって来た。美味しいアジだから、やり取りはつい慎重になってしまう

ハリの掛かりどころを確認し、いいところに掛かっていたら豪快に抜き上げ!無理だと思ったら、迷わずタモを使おう

「食べ頃サイズでこの体高。コロンとして見るからに美味しそうでしょ!帰ってからが楽しみ♡」

「これもいいサイズでしょ!10匹も釣れればおかずには十分ですね」

「ハリに小魚が食って、それをこのマトウダイが食ったのではなく、イソメに食って来ました!」

常連さんは慣れた手つきで次々と良型アジを釣り上げていく!

ベストシーズンはこれから

大型も次々と抜き上げる!初心者はタモを使いましょう

「こんなんでいいのか?」と常連さん。十分です!

と思ったもの束の間、「こっちを撮らなきゃ」と大型を釣ってみせてくれた。確かにデカイ!

このサイズでも脂はしっかりと乗っている

強烈な引きにマダイか!?と思ったが「マダイとは引きが違う…」と上がって来たのがこのカンコ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎港「湘南海成丸」

いま釣れているアジはサイズがよくて、何よりすごく脂が乗っていてとにかく美味しいから、絶対に釣って帰りなよ!」これは、茅ヶ崎港「湘南海成丸」に今回の取材をお願いした際の、鈴木敦船長の言葉だ。

その言葉通り、釣れるアジは良型ぞろい。
しかも、どうです、この体高。

コジレイこと児島玲子さんが持つアジなんて、見るからに脂がたっぷりと乗っていそうで、本当に美味しそうだ。

「サイズがいいからハリスは3号。一番下のハリにサバ短を付ければマダイが食って来る可能性もあるよ」

取材日はヒットしなかったが、4㎏のマダイも上がっているという。

さて、こんなにも美味しそう(実際、本当に超美味だった)なアジだから、少しでもいっぱい釣って帰りたい。

そこで、鈴木船長に釣り方のコツを聞いてみた。

「コツはコマセワークと手返し。釣る人は長い時間待っていないですね」平均でトップ30匹前後、状況がいいときではその倍以上釣れるという。

「ベストシーズンはこれから。8月のコマセキハダが始まるまで楽しめますよ!」

以上の記事は「つり丸」2017年5月15日号の掲載記事です。

関連記事
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
11月1日、鹿島沖で待望の生きイワシエサのヒラメ釣りが解禁!今年もまずまずの群れの濃さ!横流し釣りを覚えて大ビラメを狙おう!!
10月に解禁した神津島の北東部に位置するサクネのシマアジ!シマアジの魚影の濃さは伊豆諸島随一!脂ノリノリ激うまシマアジをお手軽に釣ろう!!リレーの泳がせカンパチも好調だ!
最新記事
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル