MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エキサイティング! 東京湾青物ジギングゲーム・秋の陣【東京湾】

エキサイティング! 東京湾青物ジギングゲーム・秋の陣【東京湾】

ヒートアップする東京湾の青物ゲーム、狙うはベイエリアの秋の主役イナダ&ワラサ。それに加えて、あわよくばブリ。ブリ? と思う人もいるかもしれないが、今期の東京湾では7〜9㎏ブリが回遊中だっ! 激アツです。

今期の東京湾では、7〜9㎏サイズのブリが、例年以上にキャッチされている。10㎏オーバーを仕留めたアングラーもいるほどだ

豊富なベイトフィッシュを求めて東京湾内にブリ族が大量に回遊中だ。

「メタルジグに関しては今期はシルバー系、それもすべてシルバー一色のジグが当たっていますね」とは田岡要司船長。

ロッドはジグウエイトの最大表示が100〜120g程度、6ft前後のジギングロッドが使いやすい。

湾内ではナブラやトリヤマが出ることもしばしば。キャスティングも有効だ。

東京湾内で気軽に青物のトルクフルな引きが味わえるのが魅力。取り込みまで激しく抵抗を繰り返す青物は、タモ入れをしよう。

やったでぇ〜! 獲ったでぇ〜!

田岡船長は自らが熱心なアングラー。分からないことは気軽に聞こう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「フレンドシップ」。

「はい、どうぞ。水深は44m。ベタ底から20mくらいまで反応が盛り上がっていますよ」
船橋港を拠点とする「フレンドシップ」の田岡要司船長のアナウンスを合図に、その日の釣りはスタートした。
狙いはイナダ、ワラサ、あわよくばブリ。ブリ? といぶかるムキもあろうが、今期の東京湾では7〜9㎏サイズが例年以上にキャッチされている。10㎏オーバーを仕留めたアングラーもいるほどだ。ただし、ヒットパターンはつかみづらい。
「速巻き、遅巻き、フォールがよかったり、ガンガン巻くのがよかったりと傾向がないんですよ。慣れた人だけではなく、初めての人がトップ釣果を出したりもするんですよね」
とは田岡船長。
しかし、その言葉とは裏腹に東京湾湾口、第三海堡跡の周りから攻め始めた取材日は、ひと流しからガツンッと来た。上がってきたのは2㎏クラスのイナダ。別パターンもあったが、少し速めのワンピッチジャークを中心に連続ヒットが続いた。とはいえ、この日の乗船者は2人。さらに人数がいればより釣果が伸びただろう。オールシルバーのジグに反応が良かったようだ。
東京湾の青物ゲーム、年内いっぱいは十分に楽しめる。そして今後はサワラの回遊にも期待大、だ。ジギングタックルに加え、キャスティングタックルもお忘れなく!

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読