MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エキサイティング! 東京湾青物ジギングゲーム・秋の陣【東京湾】

エキサイティング! 東京湾青物ジギングゲーム・秋の陣【東京湾】

ヒートアップする東京湾の青物ゲーム、狙うはベイエリアの秋の主役イナダ&ワラサ。それに加えて、あわよくばブリ。ブリ? と思う人もいるかもしれないが、今期の東京湾では7〜9㎏ブリが回遊中だっ! 激アツです。

perm_media 《画像ギャラリー》エキサイティング! 東京湾青物ジギングゲーム・秋の陣【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

今期の東京湾では、7〜9㎏サイズのブリが、例年以上にキャッチされている。10㎏オーバーを仕留めたアングラーもいるほどだ

豊富なベイトフィッシュを求めて東京湾内にブリ族が大量に回遊中だ。

「メタルジグに関しては今期はシルバー系、それもすべてシルバー一色のジグが当たっていますね」とは田岡要司船長。

ロッドはジグウエイトの最大表示が100〜120g程度、6ft前後のジギングロッドが使いやすい。

湾内ではナブラやトリヤマが出ることもしばしば。キャスティングも有効だ。

東京湾内で気軽に青物のトルクフルな引きが味わえるのが魅力。取り込みまで激しく抵抗を繰り返す青物は、タモ入れをしよう。

やったでぇ〜! 獲ったでぇ〜!

田岡船長は自らが熱心なアングラー。分からないことは気軽に聞こう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「フレンドシップ」。

「はい、どうぞ。水深は44m。ベタ底から20mくらいまで反応が盛り上がっていますよ」
船橋港を拠点とする「フレンドシップ」の田岡要司船長のアナウンスを合図に、その日の釣りはスタートした。
狙いはイナダ、ワラサ、あわよくばブリ。ブリ? といぶかるムキもあろうが、今期の東京湾では7〜9㎏サイズが例年以上にキャッチされている。10㎏オーバーを仕留めたアングラーもいるほどだ。ただし、ヒットパターンはつかみづらい。
「速巻き、遅巻き、フォールがよかったり、ガンガン巻くのがよかったりと傾向がないんですよ。慣れた人だけではなく、初めての人がトップ釣果を出したりもするんですよね」
とは田岡船長。
しかし、その言葉とは裏腹に東京湾湾口、第三海堡跡の周りから攻め始めた取材日は、ひと流しからガツンッと来た。上がってきたのは2㎏クラスのイナダ。別パターンもあったが、少し速めのワンピッチジャークを中心に連続ヒットが続いた。とはいえ、この日の乗船者は2人。さらに人数がいればより釣果が伸びただろう。オールシルバーのジグに反応が良かったようだ。
東京湾の青物ゲーム、年内いっぱいは十分に楽しめる。そして今後はサワラの回遊にも期待大、だ。ジギングタックルに加え、キャスティングタックルもお忘れなく!

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
アカムツ全国大ブレイクの聖地“カンネコ根”が乗っ込みシーズン開幕!!最高のメタボボディと激うま求めて基本テクニックを磨こう!
関東で、生きイワシ釣りのヒラメが解禁!沖の魚礁とツブ根をラン&ガンで攻める夏ビラメは、エサの扱いと投入のスムーズさがカギ!高水温&高活性の釣りを楽しもう!
シノビテングハギ(スズキ目ニザダイ科テングハギ属)北限は伊豆諸島利島沖。三重県志摩市でも見つかっているが、鹿児島県屋久島以南では珍しい魚ではないだろう。
感度と操作性にこだわった次世代ひとつテンヤロッド「がま船 ひとつテンヤ真鯛3」
東京湾の夏といえば、江戸川放水路「林遊船」が提案する“カスタム和船”で攻める湾奥マゴチゲーム!“新江戸前の釣り”の本番はこれからだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル