MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エキサイティング! 東京湾青物ジギングゲーム・秋の陣【東京湾】

エキサイティング! 東京湾青物ジギングゲーム・秋の陣【東京湾】

ヒートアップする東京湾の青物ゲーム、狙うはベイエリアの秋の主役イナダ&ワラサ。それに加えて、あわよくばブリ。ブリ? と思う人もいるかもしれないが、今期の東京湾では7〜9㎏ブリが回遊中だっ! 激アツです。

perm_media 《画像ギャラリー》エキサイティング! 東京湾青物ジギングゲーム・秋の陣【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

今期の東京湾では、7〜9㎏サイズのブリが、例年以上にキャッチされている。10㎏オーバーを仕留めたアングラーもいるほどだ

豊富なベイトフィッシュを求めて東京湾内にブリ族が大量に回遊中だ。

「メタルジグに関しては今期はシルバー系、それもすべてシルバー一色のジグが当たっていますね」とは田岡要司船長。

ロッドはジグウエイトの最大表示が100〜120g程度、6ft前後のジギングロッドが使いやすい。

湾内ではナブラやトリヤマが出ることもしばしば。キャスティングも有効だ。

東京湾内で気軽に青物のトルクフルな引きが味わえるのが魅力。取り込みまで激しく抵抗を繰り返す青物は、タモ入れをしよう。

やったでぇ〜! 獲ったでぇ〜!

田岡船長は自らが熱心なアングラー。分からないことは気軽に聞こう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「フレンドシップ」。

「はい、どうぞ。水深は44m。ベタ底から20mくらいまで反応が盛り上がっていますよ」
船橋港を拠点とする「フレンドシップ」の田岡要司船長のアナウンスを合図に、その日の釣りはスタートした。
狙いはイナダ、ワラサ、あわよくばブリ。ブリ? といぶかるムキもあろうが、今期の東京湾では7〜9㎏サイズが例年以上にキャッチされている。10㎏オーバーを仕留めたアングラーもいるほどだ。ただし、ヒットパターンはつかみづらい。
「速巻き、遅巻き、フォールがよかったり、ガンガン巻くのがよかったりと傾向がないんですよ。慣れた人だけではなく、初めての人がトップ釣果を出したりもするんですよね」
とは田岡船長。
しかし、その言葉とは裏腹に東京湾湾口、第三海堡跡の周りから攻め始めた取材日は、ひと流しからガツンッと来た。上がってきたのは2㎏クラスのイナダ。別パターンもあったが、少し速めのワンピッチジャークを中心に連続ヒットが続いた。とはいえ、この日の乗船者は2人。さらに人数がいればより釣果が伸びただろう。オールシルバーのジグに反応が良かったようだ。
東京湾の青物ゲーム、年内いっぱいは十分に楽しめる。そして今後はサワラの回遊にも期待大、だ。ジギングタックルに加え、キャスティングタックルもお忘れなく!

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
清水「大宝丸」のタイラバを軸にしたリレー船が面白い!「奥駿河湾」タイラバ&夜タチウオ!スーパーライトゲームがそれだ!
関東近郊におけるスーパーライトジギングのメッカとなっているのが大原沖だ。大原沖の魅力は、定番の青物に加えて、高級魚のマハタが高確率で狙えることも!
東京湾のブランドアジ、金アジが根岸湾内のアジングで釣れる!今年は絶好調!ここではとても重要なタックルセッティングを中心に紹介する。
師走の必釣ターゲット、マダコ。茨城県鹿島沖では昨年に引き続き当たり年。近場の根掛かり少ない水深30m前後のゴロタ&ジャリ場に沸くマダコは餌木で攻略だ!
最新記事
福島県富岡沖の中深場でオキメバルのシーズンが始まった。ポ イントの水深は120〜160m前後。ヤリイカまじりで楽しめる!ジャンボオキメバルの多点掛けを目指そう!!
例年よりも大幅に遅れて開幕した小柴港「三喜丸」のテンヤスミイカ。大型モンゴウまじりで釣れている!イカが乗れば、シャクったときにズシン!これがこの釣りの最大の醍醐味だ。
東京湾のLTアジは厳寒期も好調を継続中!金沢八景「黒川丸」では一日2便出船。連日トップ40匹以上を記録している。クロダイ、マダイなど多彩なゲストも嬉しい!
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル