MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
エキサイティング! 東京湾青物ジギングゲーム・秋の陣【東京湾】

エキサイティング! 東京湾青物ジギングゲーム・秋の陣【東京湾】

ヒートアップする東京湾の青物ゲーム、狙うはベイエリアの秋の主役イナダ&ワラサ。それに加えて、あわよくばブリ。ブリ? と思う人もいるかもしれないが、今期の東京湾では7〜9㎏ブリが回遊中だっ! 激アツです。

今期の東京湾では、7〜9㎏サイズのブリが、例年以上にキャッチされている。10㎏オーバーを仕留めたアングラーもいるほどだ

豊富なベイトフィッシュを求めて東京湾内にブリ族が大量に回遊中だ。

「メタルジグに関しては今期はシルバー系、それもすべてシルバー一色のジグが当たっていますね」とは田岡要司船長。

ロッドはジグウエイトの最大表示が100〜120g程度、6ft前後のジギングロッドが使いやすい。

湾内ではナブラやトリヤマが出ることもしばしば。キャスティングも有効だ。

東京湾内で気軽に青物のトルクフルな引きが味わえるのが魅力。取り込みまで激しく抵抗を繰り返す青物は、タモ入れをしよう。

やったでぇ〜! 獲ったでぇ〜!

田岡船長は自らが熱心なアングラー。分からないことは気軽に聞こう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・船橋「フレンドシップ」。

「はい、どうぞ。水深は44m。ベタ底から20mくらいまで反応が盛り上がっていますよ」
船橋港を拠点とする「フレンドシップ」の田岡要司船長のアナウンスを合図に、その日の釣りはスタートした。
狙いはイナダ、ワラサ、あわよくばブリ。ブリ? といぶかるムキもあろうが、今期の東京湾では7〜9㎏サイズが例年以上にキャッチされている。10㎏オーバーを仕留めたアングラーもいるほどだ。ただし、ヒットパターンはつかみづらい。
「速巻き、遅巻き、フォールがよかったり、ガンガン巻くのがよかったりと傾向がないんですよ。慣れた人だけではなく、初めての人がトップ釣果を出したりもするんですよね」
とは田岡船長。
しかし、その言葉とは裏腹に東京湾湾口、第三海堡跡の周りから攻め始めた取材日は、ひと流しからガツンッと来た。上がってきたのは2㎏クラスのイナダ。別パターンもあったが、少し速めのワンピッチジャークを中心に連続ヒットが続いた。とはいえ、この日の乗船者は2人。さらに人数がいればより釣果が伸びただろう。オールシルバーのジグに反応が良かったようだ。
東京湾の青物ゲーム、年内いっぱいは十分に楽しめる。そして今後はサワラの回遊にも期待大、だ。ジギングタックルに加え、キャスティングタックルもお忘れなく!

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
東京湾のタイラバは一年中コンスタントに釣れるようになって、いまや、東京湾の定番ゲームだ。でもやっぱり、産卵を意識するマダイ多い春がトップシーズンだ!当たれば、大ダイが連発することも!
更新: 2019-05-19 12:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読