MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
内房のイカ五目、アオリ&モンゴウが好釣だっ!【内房上総湊】

内房のイカ五目、アオリ&モンゴウが好釣だっ!【内房上総湊】

内房上総湊は、マダイやカワハギなども釣れるが、今季はアオリイカ、モンゴウイカが好釣だという。まだシーズン序盤でサイズは若干小さいが、すこぶる美味い。食欲の秋です。がっつり釣って、イカ尽くしのフルコースを楽しんでみたらいかがでしょう。

型もイカはひと潮ごとに大きくなっている。今後は1㎏オーバーのイカも釣れるようになるだろう

シーズン序盤でサイズは小さいが、トップ3〜5杯。それに加えモンゴウも。内房のイカ五目は順調なスタートを切った。

モンゴウイカもメインターゲット。このサイズは身も軟らかくて、とても旨い。

餌木はピンク/マーブルがオールラウンドに活躍する。

モンゴウは良型もまじっている。

周りに迷惑がかからなければ、カワハギなどを狙ってもOK。

のんびりと静かな釣りが楽しめる内房上総湊。秋のメインターゲットはシャクリマダイにカワハギ、アオリイカといったところだが、今季はアオリイカの模様が良い。現在の状況は、トップでアオリイカを3〜5杯、これにモンゴウイカが5〜10杯と安定して釣れている。型はまだハシリのため共に150〜350g級の小型中心だが、その分身が柔らかく味はすこぶる良い。
型もイカはひと潮ごとに大きくなっている。今後は1㎏オーバーのイカも釣れるようになるだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
5月後半から絶好調!鹿島沖のマゴチ!今期はまだまだ魚影も濃く、ロングランが予想される!ジグヘッド+当たりワームでぜひトライしてほしい!
今回はカンタンに製作できるツインアシストフックを紹介。アシストラインの両端でフックを外掛けで結び、溶接リングをセットしたシンプルなパターン。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
東京湾人気ルアーターゲットのタチウオ!4月下旬、ロケットスタートを切ったのは横浜新山下「渡辺釣船店」。良型&メーターオーバーが連日登場!浅場と深場の両タックルを準備して、挑戦しよう。
最新記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読