MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
内房のイカ五目、アオリ&モンゴウが好釣だっ!【内房上総湊】

内房のイカ五目、アオリ&モンゴウが好釣だっ!【内房上総湊】

内房上総湊は、マダイやカワハギなども釣れるが、今季はアオリイカ、モンゴウイカが好釣だという。まだシーズン序盤でサイズは若干小さいが、すこぶる美味い。食欲の秋です。がっつり釣って、イカ尽くしのフルコースを楽しんでみたらいかがでしょう。

型もイカはひと潮ごとに大きくなっている。今後は1㎏オーバーのイカも釣れるようになるだろう

シーズン序盤でサイズは小さいが、トップ3〜5杯。それに加えモンゴウも。内房のイカ五目は順調なスタートを切った。

モンゴウイカもメインターゲット。このサイズは身も軟らかくて、とても旨い。

餌木はピンク/マーブルがオールラウンドに活躍する。

モンゴウは良型もまじっている。

周りに迷惑がかからなければ、カワハギなどを狙ってもOK。

のんびりと静かな釣りが楽しめる内房上総湊。秋のメインターゲットはシャクリマダイにカワハギ、アオリイカといったところだが、今季はアオリイカの模様が良い。現在の状況は、トップでアオリイカを3〜5杯、これにモンゴウイカが5〜10杯と安定して釣れている。型はまだハシリのため共に150〜350g級の小型中心だが、その分身が柔らかく味はすこぶる良い。
型もイカはひと潮ごとに大きくなっている。今後は1㎏オーバーのイカも釣れるようになるだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
最新記事
春の楽しみとしているメヌケ釣り。2月に釣行予定を立てたが、釣果は安定しないはシケが続くは。ようやく船長からゴーサインが出たのは4月25日。待ってましたとばかりに「福田丸」に向け深夜の東関道をひた走った。
更新: 2019-05-27 12:00:00
4月末、富士川沖の早朝タチウオが絶好調で開幕した。連日トップ30本、そして取材前日はなとトップ50本、大半のアングラーが30本と絶好調!! 
更新: 2019-05-27 07:00:00
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読