MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アマダイ&オニカサゴ、湘南の二大高級魚を一挙両得!!【相模湾】

アマダイ&オニカサゴ、湘南の二大高級魚を一挙両得!!【相模湾】

アマダイにオニカサゴという高級魚をリレーで狙えるのだから、すぐにでも釣りに行くべきだっ。しっかり釣って、単に美味いだけではない、高級魚ならではの上品な旨味を心ゆくまで堪能して欲しい。はよ、湘南へ行ってこいや〜!

perm_media 《画像ギャラリー》アマダイ&オニカサゴ、湘南の二大高級魚を一挙両得!!【相模湾】の画像をチェック! navigate_next

食味はマダイよりも上の評価が付けられることもあるアマダイに、釣趣、食味共に文句なしのオニカサゴ。最高に豪華なリレー釣りだ

取材当日は40cm前後の良型がそろった。10月後半に入って急に食いが上向いている。

この日はアマダイが好調で、オニは短時間だったが、こちらも期待できる。

珍しいシロアマダイも。

エサはオキアミ1匹掛け。

独特の引きでアマダイを確信。

当日、使ったタックル。

当日、使ったタックル。

湘南の海は潮が流れず前半苦戦を強いられた取材日。それでもアマダイのトップは5匹。ほぼ全員がアマダイを手にした。その型もほとんどが40㎝オーバーと申し分なし。さらに取材日には、アマダイの中でも「超」が付く高級なシロアマダイまで顔を見せてくれた。
アマダイの身は弾力があり、「甘鯛」の名の通り甘みが強く、マダイよりも上の評価が付けられることもあるほど。
これに、釣趣、食味はあえて紹介するまでもないオニカサゴをリレーで狙うことができるのだから、釣り好きならば釣行しない手はない。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル