MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
でっぷりタチウオ爆釣!東京湾 観音崎沖ドラゴンシーズン突入!

でっぷりタチウオ爆釣!東京湾 観音崎沖ドラゴンシーズン突入!

今シーズンも好調継続中の東京湾タチウオ。新安浦港「義和丸」ではサイズも上々!メーター前後のグッドサイズが多く、110㎝クラスの大型もまじり、半日船でトップ20匹前後という日も!ドラゴンシーズン突入だ!

深場に落ちつつサイズアップ ドラゴンサイズが狙える時期 メリハリシャクリで食わせよう!

大型シーズン突入で グッドサイズの数釣り!

今シーズンも夏場から好調に釣れ続く東京湾のタチウオだが、秋を迎えてポイントはやや深場に移行してきて、それにつれタチウオのサイズも良型化してきた。

これから冬のシーズンは大型主体にドラゴン級まじりで、脂の乗った美味しいタチウオが狙える時期になる。

今回の取材は10月下旬に新安浦港「義和丸」で行った。

このところ狙っているポイントは観音崎沖、水深60~70m前後が中心だ。

「夏場に比べると断然型のいいタチウオが多くなってますよ。これからは徐々に深場に移りながら大型狙いになります。うちは半日船ですが、トップ20~30匹は釣れてます。ぜひ大物の強い引きを楽しんでください。脂が乗って味も最高ですよ!」と「義和丸」村上義人船長。

これからは大型が多くまじる数釣りが楽しめるのだ!!

これから冬シーズンは 仕掛けも大型対応で

夏の浅場では手巻きの小型両軸リールでもできるが、これからの季節はやはり小型電動が欲しい。「義和丸」ではPE2号&オモリ80号で統一

秋シーズンに入って「義和丸」が使用するオモリは80号、使用する道糸はPE2号で統一となっている。

それに合わせてタックルを選ぼう。

竿はオモリ80号に対応できるライトゲームロッド、またはシャクリ竿など。

最近は幅広いオモリに対応できるライトゲームロッドを使う人が多く、おすすめだ。

オモリ80号を背負って7対3調子になるタイプが基本で、「誘いも効いて食い込みもいい」竿となる。

これを基本に、より誘い重視なら8対2調子、食い込み重視なら6対4調子など、好みでチョイスしよう。

これからは水深が深くなってくるので小型電動は欲しい。

夏の浅場なら手巻きで軽快にという選択肢もあるが、冬場はやはり電動がラク。

PE2号を200m巻いておけばいいだろう。

PEラインの先にフロロカーボン8号前後のリーダーを1.5mほど付けておくとオマツリなどのトラブルのときに心強い。

仕掛けはハリス1.5~2mの1本バリ仕掛けが基本。

ハリスは5~10号。
細いハリスはエサの動きがしなやかにナチュラルに演出できるが、大型が多いとハリス切れのリスクがある。これからのシーズン、大型が多いときは太い号数を選んだほうが無難だ。

ハリのサイズも同様で、1/0などの小さめのハリは、軽くエサの漂いがいいが、大型が多いと飲まれてハリス切れ、というリスクがある。

こちらもタチウオのサイズに合わせて、2/0、3/0と大きくしてゆく。

またハリスの長さは短いほどエサがシャープに動き、長ければナチュラルに漂うイメージ。

これらを踏まえ、仕掛けは各種用意して、そのときどき状況に応じて仕掛けをセレクトするといいだろう。

今回の取材では、大型らしき引きを見せながらもチモトハリス切れでバラシ、というシーンが多数見られた。

やはり大型が多いときはハリ大きめ、ハリス太めをセレクトしたい。

最近は、チモト保護のパイプ類はエサの動きが悪くなると嫌う人も多いが、チモト切れが多いときはケイムラパイプなどをアピールを兼ねてチモトに入れておいてもいいだろう。

攻める水深が深く、かつ潮が濁っているようなときは水中ライトをつけてみるのもいいだろう。

小型のライトをテンヤと仕掛けの接続部に付けておくとアタリが増えることもある。

エサ付け・タナ取り・誘い 当たりを見つけて大型キャッチ

エサ付けは重要だ。
「義和丸」ではサバの切り身が配られるので、上のイラストの要領で、身の中心線に真っすぐハリを刺すように。

ハリが曲がって刺さっていたり、エサが波打っていたりすると、エサが回転してしまい食いが落ちる。

エサ付けは丁寧に行おう。

合図があったら仕掛けを投入。
指示ダナの間を誘いながら探ってやり、アタリを出してゆく。

深場で便利な電動リールだが、リールのカウンター表示を見てタナ取りするのはNG。

最近のリールのカウンターは正確になっているが、より正確にタナを取るにはやはり道糸の色を見ること。

そうして取ったタナの下限から上限までをシャクリながら誘ってやる。

シャクリ幅やリールの巻き幅、シャクリの強さなどは、いろいろ試してみてその日の魚の活性に合ったものを見つけなければならない。

海面に向けた竿先が45度の位置になるくらいの幅でスーッとシャクリ上げ、竿先を下げながらリールを2分の1回転ぐらい巻く、程度を基本に、さらに大きく90度でリール1回転とか、逆に小さく弱くなど、いろいろ試してみよう。

「水深が深いと糸フケも出るし、自分が思った以上に仕掛けが動いていないことが多いですよ。それでアタリが出ない人もけっこういますね」と村上船長は話す。

まずは、しっかり仕掛けを動かせる「大き目・強め」のシャクリからスタートしてみよう。

タチウオ釣りは船団になることが多いので周りの釣れ具合を見れば、ある程度群れの濃さ、活性の高さは分かるはず。

それで自分だけアタらないとなると、それは自分の何かに問題があるはず。

エサ付けなのか、タナ取りなのか、シャクリなのか、それを確認し周りの釣れている人も観察し、修正しながら「当たり」を見つけ大型タチウオをたくさん釣ろう!

これからの時期に釣れる大型タチウオは脂の乗りもよく食味もバツグン。

刺身にしても最高だし、シンプルな塩焼きも、身が甘くしっとりしていて驚くほど美味しいぞ!

エサのサバは、中心に真っすぐハリを刺す

狙いは超美味な メーターオーバー!観音崎沖タチウオ釣行レポート

この日は半日ずーっとポツポツアタってトップ24本

でっぷり太った大型が多い。卵を持っている個体も少なくない

大型タチウオは引き味も最高。重量感を伴う独特の引きが気持ちイイ!これも秋冬の大型狙いのダイゴミ

メ―タ―オーバーが多くなってきた東京湾のタチウオ釣り。110~120㎝級も姿を見せる

タックルはライトゲーム系のものでOK。

このところ半日でトップ20匹前後という日が多い

グングンと力強い引きを見せて上がって来たグッドサイズ!!釣るのも楽しいが、こんな大型は食べても美味しい

「Gear 2nd」のYU-KIも良型ゲット!

ゲストでこんな大アジが何匹かまじった。こちらも美味しそ~

「Gear 2nd」の想天坊は大サバをキャッチ。「晩秋の大サバ、ウマそうですね!」

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦港「義和丸」

東京湾のタチウオ釣りも秋、冬シーズンに突入。

これからは主戦場を深場へ移しながら、大型狙いの季節へと突入してゆく。

新安浦港「義和丸」は、現在観音崎沖の70m前後中心に狙っている。

「これからは徐々に深場狙いになっていきますから、よりタナ取りを正確に。それからシャクリも深場でもしっかり動くように強め、大きめを意識してください」と村上義人船長。

やや深場とはいえ、タックルはライトゲーム系のものでOK。

「義和丸」では道糸PE2号、オモリ80号で統一している。

釣れるタチウオはサイズも上々。
メーター前後のグッドサイズが多く、110㎝クラスの大型もまじり、半日船でトップ20匹前後という日が多い。

食味もバツグンのタチウオ、これから大型シーズンを楽しもう‼

以上の記事は「つり丸」2019年12月1日号の掲載記事です。

関連記事
今期の部分解禁も好釣果でスタートダッシュを決めた茨城海域のヒラメ釣り!ちなみに当地は、横流しの釣りが主流。今後も数釣りに期待が持てる茨城海域だが、数を伸ばすには、中小型を確実に獲ることも重要。
千倉沖イワシ泳がせ五目が好調なスタート。マイワシをエサにマハタ、ヒラメをメインに狙う!ゲストも青物、根魚など豪華多彩。南房のイワシ泳がせ五目釣り!最高におもしろいぞ!
東伊豆・初島沖のワラサがようやく食いだした。11月上旬になってようやく回遊の報が届き、伊東港「村正丸」から出船。定員ちょうど10名の釣り人を乗せた船はベタナギの海をゆっくりと初島沖へと向かった。
房総半島の先端部、南房・西川名沖。魅力はショートロッド&ショートハリスで大ダイとのやり取りが可能なこと。午前と午後便で出船中なのでさらに手軽。年末年始のお目でタイ釣行におすすめだ。
部分解禁~沸騰中の鹿島沖!今年は2~3㎏級&5㎏オーバーの大ビラメが何枚も!!当日は4.9㎏を頭に2㎏超級はゾロゾロ!トップ8枚!(前日は5㎏を頭にトップ10枚!!)。全面解禁後も乱舞確実!
最新記事
今期の部分解禁も好釣果でスタートダッシュを決めた茨城海域のヒラメ釣り!ちなみに当地は、横流しの釣りが主流。今後も数釣りに期待が持てる茨城海域だが、数を伸ばすには、中小型を確実に獲ることも重要。
千倉沖イワシ泳がせ五目が好調なスタート。マイワシをエサにマハタ、ヒラメをメインに狙う!ゲストも青物、根魚など豪華多彩。南房のイワシ泳がせ五目釣り!最高におもしろいぞ!
東伊豆・初島沖のワラサがようやく食いだした。11月上旬になってようやく回遊の報が届き、伊東港「村正丸」から出船。定員ちょうど10名の釣り人を乗せた船はベタナギの海をゆっくりと初島沖へと向かった。
房総半島の先端部、南房・西川名沖。魅力はショートロッド&ショートハリスで大ダイとのやり取りが可能なこと。午前と午後便で出船中なのでさらに手軽。年末年始のお目でタイ釣行におすすめだ。
保温性抜群のインナー。トップとパンツセット「ウォームインナーセットМQ-01」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読