MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
魚影が濃く好調続き! 片貝沖のヒラメ【外房・片貝沖】

魚影が濃く好調続き! 片貝沖のヒラメ【外房・片貝沖】

8月の部分解禁時から、片貝沖のヒラメの好釣が止まらない。全面解禁してさらにパワーUP、取材日も厳しい状況と思いきや、朝からアタリ連発、お祭り騒ぎ! これは超が付く好漁場だ。

ヒラメ釣り初挑戦という人やヒラメ釣り数回というビギナーの人も次々と本命を釣り上げていく

清水希香さんは7枚ゲットした!

清水希香さんは、朝の第1投目からヒット!

当日のトップは9枚! 8枚、7枚という釣果は複数人いた!

ビギナーの女性アングラーもこのとおり!

当日は、こんな光景があちこちで見られた。

「正一丸」の海老原船長オススメのエサ付け。

「正一丸」の仕掛けは孫バリにトレブルフックを使用。オモリは60号。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・片貝旧港「正一丸」。

「今年のヒラメは好調だね。8月の部分解禁の時からずっと釣れているもんね。今日なんかは、見てすぐわかるように潮が濁っている。ヒラメ釣りとしては、あまりいい条件ではないけれど、バンバン釣れているからね。1㎏前後のサイズが多く、中小型の数釣り傾向にあるけれど、4〜5㎏といったサイズもまじっているから、それなりに楽しめるよ!」と、今シーズンの外房・片貝沖の好調ぶりを話すのは片貝旧港「正一丸」の海老原三利船長。
取材は10月中旬に行われた、永井裕策名人が主催する「永井会」の例会。海老原船長の話にあったように、濁り潮というヒラメ釣りとしてはよくない条件にもかかわらず朝の一流しめからアタリ連発。ヒラメ釣り初挑戦という人やヒラメ釣り数回というビギナーの人も次々と本命を釣り上げていくほど。
「ヒラメ釣りがちょっと苦手」という清水希香さんも1投目から本命をゲット。その後も快調に食わせ、数では7枚と自己記録を更新するほどだった。
「これから寒くなってイワシの群れがやってくれば、渡りのヒラメも期待できるよ」と海老原船長。
片貝沖のヒラメは、今後も目が離せないぞ!

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
東京湾LTアジが絶好調だ!軽いタックル&近場のポイントで手軽に狙えるのが人気!今ならアタリが多いので、沖釣りの醍醐味を体感するには、まさに最適!さらに、アジは食べても美味しいのも魅力だ。
東京湾の湾フグの人気船宿、金沢八景「野毛屋」は高級魚トラフグ狙いの釣り人で賑わっている。そんな「野毛屋」でフグ乗合を担当し湾フグのカリスマ船長に船上のマナー“加熱式たばこ”について聞いた。
最新記事
携行に大変便利なコンパクトライト「ネック&キャップ&ヘッドライト(UVライト付き)」
東京湾ではタイラバゲームが絶好調!ずっと水深40〜50mで釣れ続けている。今後は乗っ込み大型も期待!タイラバ専門船、羽田「TAKEMARU」のタイラバゲームを紹介する。
茨城・波崎沖の「中深場五目」。この日は、メバル各種、小型メヌケやマダラなどでスタートも、中盤から急きょ食いが活発になり2㎏クラスのメヌケが連発。予想をはるかに上回る釣果となった。
春からの釣り物として定着した東京湾のマゴチ!金沢八景の「一之瀬丸」では2月中旬から乗合をスタート!トップ20本とか、最大は67㎝とか、いきなり最盛期並みの好釣果を連発している!
良型シマアジ&イサキをメインにマダイ、カンパチ、ウメイロなどの高級魚を狙っていく宇佐美南沖の遠征五目釣りが開幕!コマセ釣りで朝イチのシマアジ~イサキ場でお土産確保~高級五目~再度シマアジを狙う!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読