MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
午前ヒラメ&午後ひとつテンヤマダイがイイー!!【外房大原沖】

午前ヒラメ&午後ひとつテンヤマダイがイイー!!【外房大原沖】

外房大原沖が凄い! 午前と午後の二本立て! 終日たっぷり爆釣体験! 解禁ヒラメ絶好調! ひとつテンヤが冴え渡る! マダイは荒食い確変モード! 釣りキチ野郎! この機を逃すな!

perm_media 《画像ギャラリー》午前ヒラメ&午後ひとつテンヤマダイがイイー!!【外房大原沖】の画像をチェック! navigate_next

よくばりアングラーなら、貴重な休みは午前も午後も楽しみたい、ときっと考えるハズ。そんな貴方を外房大原沖は待ってます❤

「アキラのテンヤ」を販売している田口さん(左)と常連の鈴木先生(右)。二人の釣果は超名人級だ。船で見かけたら釣り方を参考にしよう。

同時ヒット連発だ!!

ヒラメがダブルヒット中! 

「引きが違うぞ!  デカイよ」、船上がざわついた。

ダイワの松永が作戦どおり、ヒラメを掛けた。

小型は抜き上げよう。手返しの早さが数を伸ばす。

午後船のクライマックスはこの夕マヅメ。しかし、この日は、明るいうちから食いっぱなし。軽く船中100枚を超えた。

3㎏のヒラメをキャッチ。数釣りができてこんな良型が数枚まじる。

松永直己が良型をキャッチ「高ダナを意識してたらヒットしました!」。

外房大原沖はいま、秋のベストシーズンを迎えている。
10月に解禁したヒラメ釣りだが、出だしから絶好調! 午前9時にはエサの生きイワシ切れで早揚がりなんていう日もある。いいポイントに入れば、ひっきりなしのアタリを味わえるという。この生きイワシエサのヒラメ釣りは、千葉県下では午前のみと決められており、午後船も盛んな外房エリアでは、残念ながら午後は無理。よくばりアングラーなら、貴重な休みを午前も午後も楽しみたい! ときっと考えるハズだ。まさに、そんな人にぴったりなのが、午後ひとつテンヤマダイだ。
大原沖全体がポイントといっても過言ではないが、秋の特徴は水深20m前後の浅場で1㎏前後のマダイが数釣りできること。なんと当日は、太東沖にパラシュートアンカーを入れて船を開始してから、どっぷりと日が暮れるまで一度も流し変えなし。ざっと船が流れた距離は10㎞以上、ずっと、マダイがアタリっぱなしだった。それほど、大原沖はマダイの漁場として恵まれているのである。3人で80枚以上の釣果もある。外房沖の秋の好シーズンは始まったばかりだ。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!
外房・大原沖のヒラメがいよいよ本格シーズン!イワシが回遊すれば数、型が期待できる!大ビラメ祭りもあるぞ!!
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
最新記事
2020年12月後半、タチウオが爆釣しているという噂を聞き付けて調査に行ってきました!お世話になったのは、金沢八景「弁天屋」さんです。
今年も1月に深場のアカムツフィールドが解禁!ポ イントは犬吠埼沖約19マ イル。一荷ヒットはザラ!ナイスボディの良型乱舞中だ!
春が旬のサワラ攻略のためのベストアシストフック登場「アシストフック サワラスナイパー」
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
開幕から好調が続く東京湾のカワハギ!厳寒期の数釣りパターンに突入!キモでパンパン!食べる楽しみも魅力的なカワハギの攻略法を紹介!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル