MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
午前ヒラメ&午後ひとつテンヤマダイがイイー!!【外房大原沖】

午前ヒラメ&午後ひとつテンヤマダイがイイー!!【外房大原沖】

外房大原沖が凄い! 午前と午後の二本立て! 終日たっぷり爆釣体験! 解禁ヒラメ絶好調! ひとつテンヤが冴え渡る! マダイは荒食い確変モード! 釣りキチ野郎! この機を逃すな!

よくばりアングラーなら、貴重な休みは午前も午後も楽しみたい、ときっと考えるハズ。そんな貴方を外房大原沖は待ってます❤

「アキラのテンヤ」を販売している田口さん(左)と常連の鈴木先生(右)。二人の釣果は超名人級だ。船で見かけたら釣り方を参考にしよう。

同時ヒット連発だ!!

ヒラメがダブルヒット中! 

「引きが違うぞ!  デカイよ」、船上がざわついた。

ダイワの松永が作戦どおり、ヒラメを掛けた。

小型は抜き上げよう。手返しの早さが数を伸ばす。

午後船のクライマックスはこの夕マヅメ。しかし、この日は、明るいうちから食いっぱなし。軽く船中100枚を超えた。

3㎏のヒラメをキャッチ。数釣りができてこんな良型が数枚まじる。

松永直己が良型をキャッチ「高ダナを意識してたらヒットしました!」。

外房大原沖はいま、秋のベストシーズンを迎えている。
10月に解禁したヒラメ釣りだが、出だしから絶好調! 午前9時にはエサの生きイワシ切れで早揚がりなんていう日もある。いいポイントに入れば、ひっきりなしのアタリを味わえるという。この生きイワシエサのヒラメ釣りは、千葉県下では午前のみと決められており、午後船も盛んな外房エリアでは、残念ながら午後は無理。よくばりアングラーなら、貴重な休みを午前も午後も楽しみたい! ときっと考えるハズだ。まさに、そんな人にぴったりなのが、午後ひとつテンヤマダイだ。
大原沖全体がポイントといっても過言ではないが、秋の特徴は水深20m前後の浅場で1㎏前後のマダイが数釣りできること。なんと当日は、太東沖にパラシュートアンカーを入れて船を開始してから、どっぷりと日が暮れるまで一度も流し変えなし。ざっと船が流れた距離は10㎞以上、ずっと、マダイがアタリっぱなしだった。それほど、大原沖はマダイの漁場として恵まれているのである。3人で80枚以上の釣果もある。外房沖の秋の好シーズンは始まったばかりだ。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読