MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
午前ヒラメ&午後ひとつテンヤマダイがイイー!!【外房大原沖】

午前ヒラメ&午後ひとつテンヤマダイがイイー!!【外房大原沖】

外房大原沖が凄い! 午前と午後の二本立て! 終日たっぷり爆釣体験! 解禁ヒラメ絶好調! ひとつテンヤが冴え渡る! マダイは荒食い確変モード! 釣りキチ野郎! この機を逃すな!

perm_media 《画像ギャラリー》午前ヒラメ&午後ひとつテンヤマダイがイイー!!【外房大原沖】の画像をチェック! navigate_next

よくばりアングラーなら、貴重な休みは午前も午後も楽しみたい、ときっと考えるハズ。そんな貴方を外房大原沖は待ってます❤

「アキラのテンヤ」を販売している田口さん(左)と常連の鈴木先生(右)。二人の釣果は超名人級だ。船で見かけたら釣り方を参考にしよう。

同時ヒット連発だ!!

ヒラメがダブルヒット中! 

「引きが違うぞ!  デカイよ」、船上がざわついた。

ダイワの松永が作戦どおり、ヒラメを掛けた。

小型は抜き上げよう。手返しの早さが数を伸ばす。

午後船のクライマックスはこの夕マヅメ。しかし、この日は、明るいうちから食いっぱなし。軽く船中100枚を超えた。

3㎏のヒラメをキャッチ。数釣りができてこんな良型が数枚まじる。

松永直己が良型をキャッチ「高ダナを意識してたらヒットしました!」。

外房大原沖はいま、秋のベストシーズンを迎えている。
10月に解禁したヒラメ釣りだが、出だしから絶好調! 午前9時にはエサの生きイワシ切れで早揚がりなんていう日もある。いいポイントに入れば、ひっきりなしのアタリを味わえるという。この生きイワシエサのヒラメ釣りは、千葉県下では午前のみと決められており、午後船も盛んな外房エリアでは、残念ながら午後は無理。よくばりアングラーなら、貴重な休みを午前も午後も楽しみたい! ときっと考えるハズだ。まさに、そんな人にぴったりなのが、午後ひとつテンヤマダイだ。
大原沖全体がポイントといっても過言ではないが、秋の特徴は水深20m前後の浅場で1㎏前後のマダイが数釣りできること。なんと当日は、太東沖にパラシュートアンカーを入れて船を開始してから、どっぷりと日が暮れるまで一度も流し変えなし。ざっと船が流れた距離は10㎞以上、ずっと、マダイがアタリっぱなしだった。それほど、大原沖はマダイの漁場として恵まれているのである。3人で80枚以上の釣果もある。外房沖の秋の好シーズンは始まったばかりだ。

以上の記事は「つり丸」2012年11月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
最新記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル