MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
浅場で根魚連発!東伊豆沖 カサゴ&アカハタ仕掛け&釣り方!

浅場で根魚連発!東伊豆沖 カサゴ&アカハタ仕掛け&釣り方!

東伊豆周辺の根魚が本格シーズン。伊東港「達丸」は浅場のカサゴ&アカハタ狙いで出船。カサゴは30㎝級良型まじり。アカハタは30㎝前後、時おり40㎝級がまじる。今回も44㎝という大型が取り込まれた!

perm_media 《画像ギャラリー》浅場で根魚連発!東伊豆沖 カサゴ&アカハタ仕掛け&釣り方!の画像をチェック! navigate_next

根掛かりをおそれてはダメ 積極的に底を攻めるのがカギ 各種のエサを試すのもおもしろい

これからが本格シーズン カサゴは良型が多い!

東伊豆周辺はきれいな海岸線が続き、景色も楽しめる

東伊豆・伊東港「達丸」では、4月に入ってから浅場のカサゴ&アカハタ狙いで出船している。

4月末までの釣果は、いい人で20匹前後。

カサゴがメインで、アカハタが数匹まじるという状況だ。

水深20〜30mのポイントをおもに狙っているが、これから水温が上昇すれば、この浅場にアカハタがどんどん集まってくるという。

そうなればアカハタの釣果も上向く見込みだ。

釣り場は港からほど近い伊東沖〜川名沖のほか、少し南下した赤沢方面のポイントも狙う。

当エリアで釣れるカサゴは良型が多いのが特徴。

30㎝を超えるサイズがまじることも珍しくない。

アカハタは30㎝クラスが多いが、時には40㎝前後の良型もまじる。

取材当日には朝の1流し目に、いきなり44㎝という大型が取り込まれた。

とにかく、これからが本格シーズンなので楽しみだ!

タックルは先調子気味の LTを準備しよう!

後述するが、「達丸」での使用オモリは30号。
そのため、竿は30号のオモリに対応した7対3〜8対2調子のライト用が望ましい。長さは1.6〜2.4mぐらい。

ポイントはゴリゴリの根周りをメインに狙う。

釣り人が意図するように仕掛けを動かすことができないと、根掛かりが連発してしまう。

仕掛けの操作性が重要となってくるので、竿は先調子がオススメなのだ。

胴調子気味の軟らかい竿では、仕掛けの操作性が悪くなり、根掛かりが多くなってしまう。

また、オモリが根に当たっているのか、魚のアタリなのかの判別も難しくなってしまうのだ。

リールは小型両軸でOK。
狙う水深は深くても30m台なので、とくに電動リールを使う必要はないだろう。

道糸はPEラインの2号前後を150m以上巻いておく。

あまり細い道糸は、根掛かりの際、高確率で道糸から切れるのでオススメではない。

仕掛けは胴付き式 予備は多めに!

仕掛けは胴付き2本バリ

仕掛けは胴付き式の2本バリが標準。

枝ス4号、30㎝。
幹糸は6号で、幹間と捨て糸部分の長さは上の仕掛図のとおり。

枝スを出す部分は直結のほか、小型の接続金具(親子サルカン、三又サルカンなど)や接続ビーズなどを介するのもアリだ。

接続ビーズや接続金具を介すると、枝スだけ切れたときに仕掛け全部を交換することなく修復しやすい。

ハリは丸セイゴの16〜17号、またはチヌ6〜7号。

これより小さいハリは、掛かりが悪くなると同時に、根掛かり時や大型が掛かったときにハリが伸びたりするのでオススメではない。

チモトに集魚ビーズなどを装着してもいいが、とくに付けなくても十分に釣れる。

フグやベラといったエサ取りが多い日には、エサをかじられやすくなるので付けないほうがいいだろう。

「達丸」では、オモリは30号を使用する。
ゴツゴツの根掛かりしやすいポイントをおもに狙うので、仕掛け、オモリの予備は多めに持参すること。

最低でもオモリ、仕掛けは10個ずつ準備しておきたい。

ちなみに、今回の取材で永井名人はオモリ5個をロストし、仕掛けはそれ以上ロスト。

オモリを8個ロストしたという同船者もいた。

また、根掛かりで枝スだけ切れることもある。

あらかじめハリにハリスを結んだものをいくつも用意しておけば、接続ビーズや接続金具を介した仕掛けでは、すぐに修復できるので便利だ。

エサはサバの切り身やイワシなど いろいろ試してみよう!

エサはサバの切り身のほか、冷凍イワシなどの小魚など。

この2種類が用意できれば十分に釣れるが、いろいろなエサを持参して試すのもおもしろい。

各種の小魚、イカなどを試してみよう。
取材当日はチカ(ワカサギの仲間)を持ち込んで、大型のカサゴを連発させていた釣り人もいた。

サバの切り身は、皮側からハリを刺し、チョン掛けにする。

小魚は下アゴからハリを刺し、上アゴに抜く。

サバの切り身とイワシなどの小魚を併用する場合、下バリには切り身、上バリには小魚を付けるのが一般的。

2つのハリにイワシなどの小魚、または2つのハリにサバの切り身でもOKだ。

なお「達丸」で用意してくれるエサはサバの切り身のみ。

エサのストックがない(少ない)場合もあるので、用意してもらう場合は3〜4日前には連絡しておくこと。

冷凍イワシなどの小魚は、各自で持参する。

代表的なエサはサバの切り身と冷凍イワシ!船でサバの切り身を用意してもらう場合は、釣行日の3〜4日前に連絡すること!冷凍イワシなどの小魚は持参する

根掛かりを恐れず 底付近を狙う!

前述しているように、ポイントはゴツゴツした起伏のある根周り。

カサゴもアカハタもそのような海底付近にいるので、底狙いになる。

ここで重要なのが根掛かりは、まず避けられないということ。

どんなに上手な人でも、何回かは根掛かりするものだ。

だから「根掛かりばかりしているから釣れない」と思ってはいけない。

むしろ、根掛かりしないほうが釣れない場合が多い。

オモリが底に着いたら、すぐに糸フケを取る。数秒待ってアタリがなければ、誘い上げて仕掛けを浮かし、再度オモリを着底させる。

これを繰り返していく。

次から次へと海底のくぼみにオモリを入れて、場所を探っていくイメージだ。

オモリが底に着いて、そのままオモリを引きずるようにしていると、すぐに根掛かりしてしまうので注意しよう。

アタリの出方はさまざま。
「ゴ、ゴ、ゴ、ゴ、ゴン」と明らかアタリだとわかる場合は、即アワセすること。

ここで食い込むのを待ったりしていると、仕掛けが根掛かりしてしまったり、魚が根に入ってしまい取り込めなくなってしまうこともあるからだ。

「モゾモゾ」とか「ブルブルッ」と小さなアタリの場合は、ゆっくり聞き上げて様子をみよう。

うまくすれば聞き上げていくと、食い込む場合もある。

潮が流れないときは 仕掛けをキャスト

「達丸」の渡邉達也船長は潮が流れないときは、仕掛けをキャストして広範囲を探る釣り方をオススメしている。

仕掛けを投入し、オモリが着底してからは、基本の釣り方とほぼ同じ。

すぐに糸フケを取り、数秒待ってアタリがなければ誘い上げてオモリを浮かせ、手前に寄せる。これを繰り返して、船下まで探ってくる。

こうすることで、エサが横になびいたり、動いたりする。

船下を狙うときよりは、付けエサが垂れ下がる時間が短くなるので、食いがよくなるのだ。

仕掛けをキャストする釣り方では、船下を狙うときよりも根掛かりしやすくなる。

しかし、根掛かりを怖がっていてはダメだ。果敢に攻めることが、釣果アップにつながるのだ!

東伊豆沖2魚種が狙える!カサゴ& アカハタ釣行レポート

いきなり強い引き!

良型のアカハタが浮上!

取材当日の1流し目の第一投で掛かった44cmの良型アカハタ!

良型カサゴはとても美味!

当日の竿頭の釣果!良型のアカハタとカサゴがそろった

永井名人も30cmに迫るカサゴをゲット!

こちらもグッドサイズ

良型根魚は、掛かった直後の引きが強く楽しめる

東伊豆のカサゴ&アカハタは晩秋までロングランで狙える。

良型メバルも掛かった!

デカい!

これから水温が上昇すれば、カサゴもアカハタも釣果がさらに上向く見込みだ!

アカハタもとても美味な魚

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東港「達丸」

東伊豆周辺の浅場の根魚もこれからがシーズンだ。

伊東港「達丸」は、4月に入ってから浅場のカサゴ&アカハタ狙いで出船している。

4月末の時点では、釣果はいい人で20匹前後。

カサゴがメインで、アカハタが数匹まじるという状況だ。

サイズはカサゴは30㎝級の良型まじり。

アカハタは30㎝前後が主体だが、時おり40㎝級がまじる。今回の取材でも44㎝という大型が取り込まれた!

釣り場は港からほど近い伊東沖〜川名沖のほか、少し南下した赤沢周辺まで。水深20〜30mのポイントをおもに狙っているが、これから水温が上昇すれば、この浅場にカサゴやアカハタがどんどん集まってくるという。

またカサゴ、アカハタともに、とても美味。刺身、唐揚げ、煮付けは最高だ!

東伊豆のカサゴ&アカハタは晩秋までロングランで狙える。

以上の記事は「つり丸」2017年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル