MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房 小湊沖 イサキ大漁!リレーサビキでアジ、サバ、ムツ!

外房 小湊沖 イサキ大漁!リレーサビキでアジ、サバ、ムツ!

外房小湊沖のイサキが好調!浅場で、30㎝前後のイサキが多点掛けで釣れ上がり、定数50匹達成も頻繁。好調イサキに加え、フラッシャーサビキ釣りのリレーも可能なのが、小湊港の「大栄丸」だ。

水温上昇で良型活発!釣果安定 リレーのサビキでお土産いっぱい

春を迎えて水温が上昇しはじめると、小湊沖ではイサキが活発にエサを追い始める。

この時期のイサキは産卵に備えてたっぷりとエサを食べるため、ころっと太って食味も上々だ。

小湊の「大栄丸」では連日イサキの安定釣果が続いている。

イサキの前にリレーで フラッシャーサビキも

集合は朝4時、小湊ウオポートの向かいに船着場への入り口がある。

4月22日、4時前に港に着くと、すでに船には灯りがつき、大和田彰船長が出船準備を始めていた。

この日は朝のうちはフラッシャーサビキでムツ、大アジを狙い、その後にイサキ狙いというコースだ。

イサキ専門で出船するか、リレーにするかは最初に予約した人の希望で決まる。

小湊沖のフラッシャーサビキ釣りのターゲットは周年狙えるムツと春秋の大アジ、冬の大サバだ。

1、2時間ほどの釣り時間だが、フラッシャーサビキの釣果だけでクーラーが埋まってしまうことも珍しくない。

皆の支度が済んだところで出船、30分ほど走った水深90~110mがポイントとなる。

魚探反応を見てポイントを決め、ほどなく投入合図が出た。

水深はやや深く130m。
サビキを底まで落とし、1~2mタナを切ってアタリを待つ。

竿先が派手にガクガク揺さぶられるのがフラッシャーサビキの楽しさで、そんなアタリ方を期待して待つもなかなか竿が震えない。

きつい濁り潮で、ムツの反応はあるが口を使わないようだ。

船長は浅場へとポイントを移動する。
水深は90m、底から10mまで反応があるという。
 
タナを切ったらすぐに竿先が揺さぶられた。

しばらく追い食いを待ち、巻き上げ開始。

竿先が海中に突っ込むほどの激しい引きが楽しい。

上がってきたのは35㎝のアジの3点掛け。

「潮が暗いのでアジも小さいな」と船長。

良い時は40~45㎝の大アジが鈴なりになってくるそうだ。

小湊の大アジは産卵前6~7月が美味、干物にして焼くと脂が滲みでるほどだった。
 
フラッシャーサビキにはサバ、スルメもまじってくる。

船長はアジの反応を追いながらサビキを落とすが、この日は群れの移動が速く数は伸びない。

2時間ほどサビキ釣りをしてお土産を確保したところで、イサキへ切り替えとなった。

「大栄丸」では、リレーでフラッシャーサビキ釣りもできる。いろいろなお土産が増えるのでオススメだ

フラッシャーサビキではアジ、サバのほか、この日は出なかったがムツも釣れる

意外とフラッシャーで釣れちゃうのが、このスルメイカ

イサキは活発! いきなり30㎝級の一荷

イサキのポイントは港の近く、入道が岬の目の前だ。

この近辺にはイサキが着く根が点在し、攻める船も少ないこともあり良い漁場が形成されている。

エサのイカタンが配られ、タナは17mとアナウンスがあった、海面からビシまで17mが待ちダナになる。

イサキの方は濁り潮を気にいったか、最初の流しから食いは好調だ。

穂先をグンと持っていくアタリが心地よい。

いきなり30㎝のイサキが一荷で上がり、暴れる魚をバケツに泳がせる。
 
東京湾口では根の上に船を止めて釣るスタイルが一般的だが、外房は根の上を流す釣り方だ。

糸がまっすぐに立つので釣りやすいという特徴がある。

潮の速さによってコマセを振る位置を変えるのがコツで、この日は待ちダナの2m下まで下ろしてコマセを振るのが効果的だった。

プラビシの窓は3分の1開けるくらいで、コマセを出し過ぎないように注意する。
 
船長は根から根へと移動し、イサキの反応の上を流していく。

タナは浅くて12m、深いと23mと変化する。

道糸のマークで正確にタナを合わせるのが釣果を伸ばすコツだ。
 
ときおりメジナがまじり、強烈な引きでドキリとさせられる。

トップ50匹!今後は 白子、真子も楽しみ

イサキの食いは順調で、トモの釣り人は多点掛けの連続、沖揚がりの頃には50匹の定数(資源保護のため50匹までと決められている)を釣りあげた。

私にも24~35㎝のイサキが35匹。
朝釣った大アジが4匹にスルメイカもまじり、ずっしりと重いクーラーとなった。

イサキ専門に狙えば定数到達は難しくない釣れっぷりだ。

「大栄丸」はイサキ主体に狙うが、フラッシャーサビキの希望は予約時に船長に伝えておく。

竿を2セット持ち込む手間はあるが、アジが美味しいこの時期はリレー釣りがおすすめだ。

希望によりマダイ狙い、スルメイカ狙いにも出船するので、出船状況については気軽に電話で問い合わせて欲しいとのこと。
 
釣行時のイサキはまだ抱卵前だったが、6月になると白子、真子の美味も楽しめるだろう。

6月から7月はこの釣りの最盛期、海も凪いで釣りやすい季節になる。

活発なアタリと多点掛けの楽しさを満喫できるリレー釣りで梅雨空を吹き飛ばそう。

外房 小湊沖 好調イサキ釣行レポート

小湊沖のイサキが好調。脂が乗って食味も上々!

多点掛けの連発で、楽しい釣りができるぞ!

筆者も多点掛け連発。リレーじゃなかったら50匹だったかも!?

旬に向かってイサキの食味が上昇中!小湊沖ではトップ50匹もある食いの良さが続いている

リレーでフラッシャーサビキ釣りをするのもオススメ。

アジ、サバに加えムツも釣れお土産が増える

イサキは良型主体でクーラーはこんな感じ!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・小湊港「大栄丸」

外房小湊沖のイサキが好調だ。
港からすぐ前の浅場で、30㎝前後のイサキが2点、3点掛けで釣れ上がり、定数の50匹達成の日もしばしばだ。

このイサキに加え、フラッシャーサビキ釣りのリレーも可能なのが、小湊港の「大栄丸」だ。

6月はこの釣りのベストシーズン、イサキもアジも産卵を控えて身には栄養を蓄え、ころころと太っている。

フラッシャーサビキではムツも釣れ、多彩な魚がクーラーを賑わす。

「いまの時期のアジは産卵前で美味しいんですよ、40㎝を越えるサイズで脂が乗っています。

フラッシャーのハリに全部付いてくることもありますよ」と「大栄丸」の大和田彰船長。

丁寧な言葉使いでタナや釣況を詳しく教えてくれる。

初めての人でも、船長のアナウンスをしっかり聞いて釣れば、クーラーいっぱいの大漁も難しくはないだろう。

派手なアタリで竿がガクガクと揺さぶられるフラッシャーサビキ釣り、シャープなアタリで穂先が引っ張り込まれるイサキ釣り、ベテランから初心者まで楽しめるリレーだ。

「大栄丸」ではリレー釣りのほか、イサキ専門、マダイ専門など最初の予約客の希望によって出船が決まる。

釣行予定が決まったら、早めに予約することがお勧めだ。

以上の記事は「つり丸」2017年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
最新記事
なかなか釣りに行けない今こそ、魚のさばき方を勉強しておきましょう!! 今回は「平べったい系」の代表、ヒラメを5枚におろします!
6月1日に銚子・飯岡沖のヒラメ釣りが解禁!夏ビラメはピンポイント流しに有効なライトタックル釣法がおススメ!! 今期はライトで気軽にヒラメ釣りを満喫してはいかが。
巣ごもり企画として展開するアシストフックの作り方講座、短期連載の2回目は、ツインタイプのアシストフックの作り方を紹介しよう。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
レールシステムを搭載しよりコンパクトにより軽量になったライフジャケット!ダイワ「DF-2220(コンパクトライフジャケット)」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読