アマダイ数釣り絶好調、大型も出始めている!【相模湾東部・佐島沖】

アマダイ数釣り絶好調、大型も出始めている!【相模湾東部・佐島沖】

秋も深まりアマダイの季節がやってきた! 相模湾では開始する船宿が増え、しかも例年にない好スタートを切っている。


一流目から本命が顔を出し、その後もいいペースでヒット。アベレージサイズは30㎝前後だが、40㎝の良型も取り込まれた

当日最大は、この40㎝。30㎝前後は多数あがった!

この日は満足な釣れっぷりで少々早揚がり。三野浩一さんもピースサインが出た。

料理が得意な永津船長とともに、船上干しを作る料理人の三野浩一さん。「いろいろ教わりました」と三野さん。

朝の一投目から本命が顔を出した。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・佐島「つね丸」。

相模湾のアマダイは西の方から本格化してくるような感じがしますね。すでに西では本格化しているようですが、佐島沖ではここ2、3日(10月末)で上向いてきました。それにともなって大きいのも上がりはじめましたよ」とは佐島「つね丸」の永津洋一船長。
取材当日は、航程数分の水深60m前後からスタート。一流目から本命が顔を出し、その後もいいペースでヒット。アベレージサイズは30㎝前後だが、40㎝の良型も取り込まれた。
「深場ではアタリは少なくなりますが、大型の可能性があります」という永津船長。後半は水深90m台を狙ったが、大型は不発。しかし、翌日は50㎝が取り込まれ、翌週にも50㎝が取り込まれている。
そして、アマダイは食の方も魅力。空気が乾燥するこの時期は、贅沢だが船上干しが絶品。ぜひ、試してみよう!

タックル&仕掛けについて

付けエサはオキアミ。1匹付けが基本。

仕掛けは2m前後の2本バリが標準。

関連する投稿


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


相模湾のキンメダイ釣りは敷居が低い!【相模湾・沖ノ瀬〜城ヶ島沖】

相模湾のキンメダイ釣りは敷居が低い!【相模湾・沖ノ瀬〜城ヶ島沖】

本格的な深場釣りの入門に最適! 未経験でも十分に激ウマキンメが狙える! 模湾のキンメダイ釣りは、ハードルが殊の外低いのだ!


剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

剣崎沖のアマダイは良型ラッシュだ!【東京湾口・剣崎沖】

もうすぐ正月。正月に食するおめでタイを自ら釣ってみてはいかがでしょう。「今シーズンはこれまでで一番50㎝オーバーが出てるよ!」と話すのは久比里「山天丸」臼井雄二船長だ。


相模湾のヤリイカ、誘って乗せれば楽しさ倍増!【相模湾・城ヶ島沖】

相模湾のヤリイカ、誘って乗せれば楽しさ倍増!【相模湾・城ヶ島沖】

今シーズンの相模湾は昨年同様にスタートが遅く、12月後半でも小型の姿が目立つ。ただでさえアタリの小さいヤリイカなのに、小型が目立つとあれば、かなり繊細な釣りになる。


鬼鍋食べよう! オニカサゴは引き味も食味も◎【相模湾・江の島沖】

鬼鍋食べよう! オニカサゴは引き味も食味も◎【相模湾・江の島沖】

海底から海面まで暴れまくる引きのよさと鍋ネタに最適な味のよさをあわせ持ち、さらには真っ赤なルックスがいかにもオメデタイ! オニカサゴは初釣りにおすすめのターゲットだ。今年のお正月はおいしいオニ鍋を囲んで幸せにすごそう!


最新の投稿


レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

レアな湾内のライトゲーム! 東京湾のメッキ&アジを釣る【東京湾】

多彩なゲームプランを提案し、関東近県のルアーアングラーを楽しませているのが磯子八幡橋の「釣福丸」だ。


大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

大型ヤリイカがズシズシくる!【相模湾・城ヶ島〜洲崎沖〜沖ノ瀬】

年々本格シーズンに入るのが遅い傾向にあるヤリイカ。今シーズンも同様で、ある程度数がまとまりだしたのは年末からだ。ヤリイカが数釣れ出したと思ったら、同時にいっぱいきちゃったのがサバだ。


マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

マハタ好調! イワシ泳がせ釣りで根魚&ヒラメ狙い【南房・千倉沖】

南房総千倉港の「千鯛丸」では、活イワシを使った泳がせ釣りが人気の釣り物だ。ヒラメ主体に根魚、青物などがまじる五目釣りだが、特に今シーズンはマハタの魚影が濃く数が出ている。


伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆の最高ブランド魚・激うまトロキンメを仕留めろ【南伊豆須崎沖】

伊豆のブランド魚といえば、須崎沖で釣れるキンメダイが真っ先に思い浮かぶ。「トロキンメ」「新島キンメ」とも呼ばれている。一年を通して脂が乗っていておいしいことから、近年伊豆半島でNo.1の地位を獲得した魚だ。ポイントは須崎沖。水深は300〜400mの起伏の激しい根周りを釣る。


キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

キンメダイ釣り、最初はレンタルでOK【東伊豆・伊東南沖〜大島沖】

東伊豆から南伊豆などで行われる、ヘビータックルの本格的なキンメ釣り。本格的とはいっても、決して難しいことはない。ビギナーには敷居の高い釣りかもしれないが、やってみれば意外とカンタンだと思うひとは多いはず。初心者にもぜひチャレンジしてほしい。


ランキング


>>総合人気ランキング