MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アマダイ数釣り絶好調、大型も出始めている!【相模湾東部・佐島沖】

アマダイ数釣り絶好調、大型も出始めている!【相模湾東部・佐島沖】

秋も深まりアマダイの季節がやってきた! 相模湾では開始する船宿が増え、しかも例年にない好スタートを切っている。

一流目から本命が顔を出し、その後もいいペースでヒット。アベレージサイズは30㎝前後だが、40㎝の良型も取り込まれた

当日最大は、この40㎝。30㎝前後は多数あがった!

この日は満足な釣れっぷりで少々早揚がり。三野浩一さんもピースサインが出た。

料理が得意な永津船長とともに、船上干しを作る料理人の三野浩一さん。「いろいろ教わりました」と三野さん。

朝の一投目から本命が顔を出した。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・佐島「つね丸」。

相模湾のアマダイは西の方から本格化してくるような感じがしますね。すでに西では本格化しているようですが、佐島沖ではここ2、3日(10月末)で上向いてきました。それにともなって大きいのも上がりはじめましたよ」とは佐島「つね丸」の永津洋一船長。
取材当日は、航程数分の水深60m前後からスタート。一流目から本命が顔を出し、その後もいいペースでヒット。アベレージサイズは30㎝前後だが、40㎝の良型も取り込まれた。
「深場ではアタリは少なくなりますが、大型の可能性があります」という永津船長。後半は水深90m台を狙ったが、大型は不発。しかし、翌日は50㎝が取り込まれ、翌週にも50㎝が取り込まれている。
そして、アマダイは食の方も魅力。空気が乾燥するこの時期は、贅沢だが船上干しが絶品。ぜひ、試してみよう!

タックル&仕掛けについて

付けエサはオキアミ。1匹付けが基本。

仕掛けは2m前後の2本バリが標準。

相模湾を狙うアマダイ船は、「LTアマダイ」という看板でLT(ライトタックル)で狙う船宿もある。また通常タックルを使用する船でも、オマツリなどのトラブルがなければ、LTの使用を認めている船が多い。
通常タックルの場合、竿は30〜40号負荷の7対3調子が誘いやすく、アタリもわかりやすい。長さは2.1〜2.7mが扱いやすい。
リールは100m前後の水深を狙うことも考えると小型電動がおすすめだ。道糸はPEラインの3〜4号を巻いておこう。
LTの場合、竿は7対3〜8対2調子がおすすめ。長さは1.5〜2.1m。船によって使用オモリの指定号数が違うので、それも考慮して竿の調子を選ぼう。
リールは手巻きの小型両軸タイプ、小型電動のどちらでもOK。通常タックルのところでも書いたが、100m前後の水深も当たり前のように狙うので、小型電動リール使用だと釣りやすいだろう。道糸はPEラインの2号前後をすすめる船宿が多い。
アマダイ仕掛けは、片テンビンを介した吹き流し式だ。下のイラストのように全長2〜2.5mの2本バリが一般的だが、いくつかのバリエーションがある。
代表的なのが、小型の親子サルカンや三又サルカンを介して枝スを出すタイプだ。このタイプは枝スを出す部分にサルカンを介しているので、絡みが少ないのが利点。アマダイ釣りでは、アカボラ、トラギス、ヒメジなど小型魚の外道がよくかかる。これらがヒットし、電動で巻き上げるとクルクル回って、仕掛けがヨレてしまう。このタイプは、それを回避できるのだ。
対して、枝スをハリスの本線に直結にするタイプもある。サルカンを介すタイプよりも、仕掛け全体が軽いのが特徴。潮が流れず、置き竿主体で狙うときによく使われるようだ。
また、下バリから数十㎝ほど上にガン玉を付ける人もいる。潮が速いときに仕掛けの浮き上がりを抑えるほか、誘いが効きやすくなる効果もある。ガン玉は取り外し可能な便利なアイテム。必ず持参することをすすめる。

アマダイの釣り方について

アマダイか? イトヨリか? 魚体を確認するまでワクワクする!

永津船長オススメの船上干しを背に釣りをする! アマダイの干物は絶品だ!

アマダイは海底に巣穴を掘って、そこから顔を出していると言われている。佐島「つね丸」の永津船長は、その映像を実際に見ているという。このことから、タナは海底付近に付けエサが漂うようにすることが重要だ。
取材当日、「つね丸」の永津船長から出た指示ダナは海底から1〜1.5mぐらい。推奨する仕掛けの長さは2〜2.5mだ。永津船長によると、「2本バリのうち、下バリは海底スレスレか海底を引きずるくらいで、上バリは海底の少し上にあるぐらい」がベストな状態だという。つまり推奨仕掛けを使い、底から1〜1.5mのタナにすると、永津船長が言うベストな状態になるイメージなのだ。
また、平塚「庄治郎丸」の世古船長から出た指示ダナは、海底から1m。推奨仕掛けは全長2〜2.5m。「2本のハリがありますから、底から1mのタナを基準に、その前後を誘うなどして探ってください」と世古船長。
相模湾で使われる一般的なアマダイ仕掛けは全長2〜2.5m。この仕掛けを使うとすると、タナは海底から1mぐらいが標準のようだ。

誘いとやり取りについて

アマダイ釣りは誘いが重要。しかし、置き竿が有効なときもある。

アマダイ釣りでは、誘いが有効だ。実際、誘ったときにヒットすること多い。ただ、さまざまなパターンの誘いでヒットすること、またアタリの少なさから、「どんな誘いで食うか分からない」、「なぜ食ったのかわからない」という声をよく聞く。上のイラストに実績のある二つの誘いパターンを示した。
誘いパターン①は、底タタキ&誘い上げの組み合わせで、多くの船長が推奨するパターン。はやいときには底タタキの最中にアタることも珍しくない。
パターン②は、誘い上げてからタナを取り直すというもの。「タナの取り直しが誘いになる」というのをアレンジした簡単な誘いだが、かなり有効だ。
また、日によっては誘わないほうがアタることもある。そして誘いっぱなしもよくないようで、誘いと誘いのあいだには『間』を取ることも大事だ。さらに、永津船長によると、大型はあまり誘わない人にアタることが多いという。
アマダイのアタリは「コンコン」とか「コツン」のようにはっきりと出やすい。アタリが出たら、ひと呼吸おいてから竿を立てて聞きアワせる。
ハリ掛かりを確認したら、すぐに電動リールのスイッチを入れて巻き上げるのは避けよう。最低でも最初の10mは、手巻きで巻き上げるようにし、魚のサイズを確認しよう。
アマダイは40㎝を超えるサイズなら、まともに引っ張り合えば、3号ハリスでも簡単に切られてしまう。なので、いきなりの電動巻き上げは危険。あらかじめ、使用ハリスに応じたドラグ調整をおこなっておくことも必要だ。
魚の大きさを確認し、必要ならドラグの再調整。そして大きいようならそのまま手巻き、そうでなければ電動で巻き上げる。

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
最新記事
数釣りが楽しいターゲットといえば、イサキはハズせない。南房エリアのイサキの型は22~35㎝前後。25~30㎝級中心に、いわゆる「南房サイズ」の35㎝オーバーの大型もまじって釣れている。多点掛け連発を楽しもう!
更新: 2019-03-24 12:00:00
剣崎沖では、毎年4~6月頃は乗っ込みの大型マダイに沸き人気を集めている。仕掛けは片テンビン仕掛け。中型テンビンに2mm径のクッションゴムを1m、ハリスは3~5号10~12m。ビシはステン缶、プラビシ共にLの80号。
更新: 2019-03-24 07:00:00
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読