MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型ヒット!!期待大!剣崎沖の乗っ込みマダイ!いよいよ本番!

大型ヒット!!期待大!剣崎沖の乗っ込みマダイ!いよいよ本番!

完全に乗っ込み!コンスタントに大型が上がっている剣崎沖のマダイ。剣崎間口港の仕立船「孫武丸」では、出船の度に3~5㎏前後の大型を上げている。剣崎沖から目が離せない!

大型がヒット!!剣崎沖の乗っ込みマダイ釣行レポート

多くのマダイ船が出船する剣崎沖。このところ「数釣り」という感じではないが、大型はコンスタントに上がっている

今回は剣崎沖のコマセマダイに挑戦した、「ロンリー侍ドクター」近藤惣一郎。「剣崎沖は乗っ込み本番ですよ!

大ダイの期待十分!!慎重にやり取りしてメモリアルサイズを手にしよう!

この日最大は4.8kg! まさに腹パンの乗っ込み大ダイだ。「孫武丸」では、4月後半から3kgオーバーがコンスタントに上がっている

大ダイはヒットと同時に走り出し、数十メートルも糸を引きだすこともある。万全のタックルで挑みたい

この日のドクター近藤のタックルは、リールが「シーボーグ200J DH‐L」竿が「リーオマスター SX 真鯛 M‐270」

乗っ込み期は思わぬ大物が食ってくることもあるので、ハリスは3号以上を。4号なら安心だ

落とし込み釣法を解説した動画が見られます!『YAMASHITA MOVIE 侍ドクターのコマセマダイ落とし込み釣法を伝授』で検索、ぜひ見てみてください!!

黒ずんだ体色の乗っ込みマダイ。

大型まじりで数釣れることもあるぞ!

アジがまじった。仕立船の「孫武丸」では「リレーでアジのお土産を釣るのもオススメですよ」と船長

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎間口港「孫武丸」

コンスタントに大型が上がっている剣崎沖のマダイ。

剣崎間口港の仕立船「孫武丸」では、出船の度に3~5㎏前後の大型を上げている。

「もう完全に乗っ込みですね。例年の今頃に比べると数は少ないかもしれないけど、アタれば大きいですよ。これから6月ごろまでは乗っ込みが続きますよ」と、「孫武丸」鈴木忠量船長。

今回は剣崎沖で「ロンリー侍ドクター」近藤惣一郎がマダイを狙った。

「乗っ込み期のマダイは警戒心が強いですから、船長の指示ダナを守って、誘いをかけるにしても静かに丁寧に行うことが大事ですね。仕立船なら、船中の釣り人のチームワークもばっちりなので、大ダイキャッチの確率も高くなりますよ!」とドクター近藤。

その言葉通り、グッドサイズの乗っ込みダイをキャッツした。

これからも剣崎沖からは目が離せないぞ!

以上の記事は「つり丸」2017年6月1日号の掲載記事です。

関連記事
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
房総半島・洲崎沖&勝浦沖の浅場根魚!エサは違えど道具&釣り方の基本は同じ!ビッグな根魚が待ってるヨ!!浅場根周りは大型根魚パラダイスだ!
アジ釣りのメッカ走水漁港。プラチナ色に輝く、大きく肉厚で体高なアジが釣れる。食べて美味しく、釣って楽しいビシアジ。「関義丸」の半日船は、ビギナーやファミリーにもオススメだ!
毎年ゴールデンウィーク前後に釣れ始まる西伊豆~沼津沖の夜釣りのムギイカが好調なスタート!初心者のイカ釣り入門にも最適!自粛解除後は夜の海に出かけよう!
最新記事
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
暑さ吹き飛ぶ驚異の日焼け対策冷感ウエア「氷瀑ロングスリーブシャツMQ-01」「氷瀑タイツMQ-01」
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
各種リールの糸回収を電動ドリルを使う便利品「ラインリムーバー電動ドリル用ビット」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読