MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激熱ルアーゲーム!犬吠埼沖に黒潮接近!キハダ& カツオ襲来中!

激熱ルアーゲーム!犬吠埼沖に黒潮接近!キハダ& カツオ襲来中!

波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!

犬吠埼沖に黒潮接近!キハダ& カツオ襲来中!小サバベイトがカギ

関東近海ではいち早くキハダゲームが開幕した犬吠埼沖。

伊豆諸島沖で大きく蛇行した黒潮が犬吠埼沖に接近しているからだ。

キハダはすでに20㎏クラスもキャッチ。

カツオも良型回遊中でエキサイティングに楽しめること間違いなしだ。

ゴールデンウイークから開幕!キハダゲーム

今年のゴールデンウイークの犬吠埼沖といえば、エサ釣りのアカムツ釣りが大フィーバーしていた。

波崎船はどの船宿もアカムツ乗合が満タンで乗れない状態だったが、大型船を2隻所有する波崎「信栄丸」は、ルアーゲームの大人気ターゲット、キャスティングキハダ&カツオ船を19tの大型船で出船していた。

漁場は犬吠埼沖。伊豆諸島沖を大きく蛇行した黒潮が銚子方面へ迫っており、その黒潮の淵に回遊するキハダやカツオがターゲット。

船長はレーダーに映るトリヤマを頼りにキハダを探す。

魚影が見えれば、その群れの先に船を専攻させて、キャスティングで狙うというもの。

「今年のキハダは、正直難しいっすよ。ベイトが小サバのようでして、とにかく群れの移動が速い。そして、ルアーもそのベイトにあわせた小さめのものしかバイトしてくれないんですよ」とは、ルアー船を担当する高野宏之さん。

「魚はいますよ。トリヤマだらけ。その下にキハダも見えてます」と、魚影はすこぶる濃い。

GW中の出船では、すでに20㎏オーバーのキハダをキャッチしている高野船長。

連休明けに乗船して、実際にその様子を確かめると、漁場周辺はトリヤマだらけ。

ちらほら、キハダの姿も見えるが、鳥の動きが速い。群れを追いかける船長も大変そうだ。

「ハイ、やって!」のアナウンスでゲームスタート。

アングラーたちはアンダーキャストで魚がいるだろうと思われるところへジグ、または、ミノーをキャストする。

例年であれば、開始の合図直後に、「ヒットーっ!」の雄たけびが船上に響きわたるのだが、一向に静かなままだ。

常連でベテランルアーマンの中島さんは、「とりあえず、ジグにキハダが反応しているようだけど、なかなかバイトしてくれないよ。船べり近くまでジグを追いかけてきたキハダは何匹もいるのにね」と話した。

そんななかでも単発的に10㎏オーバー、最大17㎏を頭に4本のキハダがキャッチされた。

その釣れた状況を分析すると、どうやら今年は例年とは様子が異なることが分かってきた。

キハダ用とカツオ用の2タックルを用意

さて、タックルだが、犬吠埼沖では、キハダ用とカツオ用の2タックルを用意するのが正解だ。

キハダ用は、7ft前後の専用のキャスティングロッドにドラグ性能がよいハイギアタイプの中型以上のスピニングリールの組み合わせがベター。

道糸は3〜4号。
最低でも300m入れておこう。

その先にリーダーを1.5〜2mナイロンの50〜60Lbを接続する。

カツオ用はルアーマックスウエイトが60〜80gのシイラや青物用のキャスティングロッド、またはジグウエイト120〜150gのジギングロッド。

これに、30〜40Lbのリーダーを1.5mほど接続。

リールは中型スピニングで道糸はPE1.5〜2号。

キハダもカツオもいずれもキャスティングがメインになるので、ルアーをどれだけ飛距離を出せるかがカギ。

キハダのルアーは、80〜100gのメタルジグ。

ミノーはリップ付きの9〜12㎝のものがベター。

シーバス用を流用可能だが、フックは頑丈なものに替えるようにしよう。

カツオは60〜80gのジグが定番。
いずれも、シルエットが大きすぎないものを選択するが大事だ。

キハダは水面直下をスロー気 味に、カツオは表層早巻きで

今期のキハダは小サバを捕食している。

そのため、例年の釣り方が通用しないことが多い。

では、どのようなにルアーを扱えばよいのか。

高野船長に聞くと、「キハダ狙いではとにかく、ルアーを遠くへ遠くへキャストしてください。遠くへ投げた人が有利になります。ルアーは早巻きではなく、水面直下をややスロー気味に巻いて泳がせる人にヒットが集中しています。だから、リップ付きのミノーがいいんですよ。ジグも海面に出さずに水面直下を泳がせてください」とのこと。

カツオはキハダとは対象的にジグをできるだけ遠くへ飛ばしてから、早巻きで表層をスキッピングさせるとよいという。

ロングランで楽しめる予想

犬吠埼沖のキャスティングゲームは始まったばかりだが、ゲームが成立するかどうかは黒潮の流路にかなり影響する。

その点では、これかの時期はますます、黒潮は近づき、水温も上がるので漁場も近くなり、釣りやすい環境が整えられると予想される。

だから、今年はロングランで楽しめそうだ。

今期の傾向をふまえて、しっかりと対策をすれば、かなりヒット率が上がるであろう犬吠埼沖のキハダとカツオ。

まずは出船情報があれば、行ってみること。

果敢なチャレンジ精神でこのゲームに臨むことが本命キャッチの一番の近道だろう。

犬吠崎沖の黒潮流域 キハダ&カツオ釣行レポート

水面直下を泳ぐタイプのミノーを用意

胃のなかから出てきたのは、小イカと小サバ。このベイトに合わせたサイズのルアーにヒットしている

キハダは船底を見ると再び抵抗する

良型はギャフで取りこむ

ジグにヒットしたキハダ

ミノーに替えたとたんヒットしたキハダ

17㎏!

トモでミノーをロングキャストして乗船するたびにキハダをキャッチしている常連アングラーは、17kgキャッチ

これも17㎏!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・波崎港「信栄丸」

いま、波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツだ。

波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!

少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、この付近にはキハダ(キメジ)やカツオが回遊していて、激アツ状態なのだ。

さすがにキハダサイズともなれば全員キャッチとはいかないものの、20㎏前後の良型キハダは連日キャッチ中!

しかも、キメジやカツオのナブラに当たれば、全員キャッチの可能性も高いのも魅力だ。

沖合のキハダ&カツオ。

激アツルアーゲームを楽しみたいなら、波崎を目指せ!

以上の記事は「つり丸」2017年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
5月後半から絶好調!鹿島沖のマゴチ!今期はまだまだ魚影も濃く、ロングランが予想される!ジグヘッド+当たりワームでぜひトライしてほしい!
今回はカンタンに製作できるツインアシストフックを紹介。アシストラインの両端でフックを外掛けで結び、溶接リングをセットしたシンプルなパターン。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
東京湾人気ルアーターゲットのタチウオ!4月下旬、ロケットスタートを切ったのは横浜新山下「渡辺釣船店」。良型&メーターオーバーが連日登場!浅場と深場の両タックルを準備して、挑戦しよう。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読