沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

大型連発! LTでアマダイ釣りを堪能しよう【相模湾西部・平塚沖】

大型連発! LTでアマダイ釣りを堪能しよう【相模湾西部・平塚沖】

「今やっている場所は、数日前に型のいいのが上がったところなんです。昨日は50㎝が上がりました。そして今日はどうしちゃったのか、特大が3本立て続けに上がりました」と話すのは、平塚「庄治郎丸」の世古勇次郎船長。


49㎝が取り込まれると、続いて待望の50㎝、さらにダメ押しで53㎝の特大サイズが取り込まれたのだった

当日最大は、この53cm!

LTだからこそ、誘って食わせよう!

大型連発は、この49㎝から始まった!

仕掛けは全長2m前後の2本バリでOK。オモリは50号。

49㎝が取り込まれたすぐあとに、この50㎝がヒットした!

ポイントの水深は80〜100mだった。

当日のトップは7匹だった!

付けエサはオキアミ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「庄治郎丸」。

前日に50㎝が上がったという報告があり、本誌編集部は急遽取材を敢行した。当日は早い時間から40㎝級が1本、また1本と上がり、それだけでも取材としては十分な釣果。そんななか、中盤に49㎝が取り込まれると、続いて待望の50㎝、さらにダメ押しで53㎝の特大サイズが取り込まれたのだった。
「ポイントは広範囲にたくさんあります。まだまだ大きいのもいますよ」という世古船長。
「庄治郎丸」のアマダイ乗合はLT(ライトタックル)専門船。今後も期待大の相模湾アマダイを、LTで攻略し、堪能しよう!!

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


アマダイが開幕から釣れて好調! 仕掛けと釣り方(山天丸釣船店)

アマダイが開幕から釣れて好調! 仕掛けと釣り方(山天丸釣船店)

道糸の先にオモリを装着したテンビンをつなぎ、その先に仕掛けをつなぐ。アマダイ仕掛けはハリス3号、全長2〜2.2mの2本バリが標準仕様。ハリはチヌバリの3〜4号。


葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山芝崎「正一丸」では10月からマダイ五目乗合を開始。スタートからマダイの好釣果が続き、乗船者全員が型を見ることも珍しくない。嬉しいゲストもまじっている。


仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

イワシを使った一本釣り、フカセ釣りは可能な船宿が限られるが、じつにおもしろい釣りだ。散水の音とともに魚が船中に転がり、船底を叩く音を聞きながら、一気に抜き上げる。ダイレクトな引き味を楽しむ瞬間は、狩猟本能を激しく刺激する。


相模湾のキハダ&カツオ攻略術! エビング編(沖右ヱ門丸)

相模湾のキハダ&カツオ攻略術! エビング編(沖右ヱ門丸)

相模湾のコマセキハダ・カツオ船において、すっかり定着した「エビング」。ジギングでもなく、キャスティングでもない、まさに第三のルアーゲームだ。このエビングの強みは、キハダやカツオがボイルしていない状況や、すっかりコマセに着いてしまった状況でもヒットが期待できること。


最新の投稿


茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

関東最北端の港、茨城県平潟港に今年もやってきたマダラの季節。9月1日、今や多くの深場釣り師の間で常識となった「マダラは夏は身肉、晩秋以降は白子が魅力」を知らしめた「第十五隆栄丸」の鈴木和次船長.


東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

仙台湾の秋を代表する釣り物といえばヒラメ。初夏のシーズンインから初冬まで続き、秋が最盛期となる。特に南部の亘理沖はヒラメのポイントが水深20〜50mのラインに広がり、ベイト豊富で魚影は抜群。塩釜や名取閖上の釣り船も、ヒラメ釣りには亘理まで走ってくることもある。


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読