MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型連発! LTでアマダイ釣りを堪能しよう【相模湾西部・平塚沖】

大型連発! LTでアマダイ釣りを堪能しよう【相模湾西部・平塚沖】

「今やっている場所は、数日前に型のいいのが上がったところなんです。昨日は50㎝が上がりました。そして今日はどうしちゃったのか、特大が3本立て続けに上がりました」と話すのは、平塚「庄治郎丸」の世古勇次郎船長。

49㎝が取り込まれると、続いて待望の50㎝、さらにダメ押しで53㎝の特大サイズが取り込まれたのだった

当日最大は、この53cm!

LTだからこそ、誘って食わせよう!

大型連発は、この49㎝から始まった!

仕掛けは全長2m前後の2本バリでOK。オモリは50号。

49㎝が取り込まれたすぐあとに、この50㎝がヒットした!

ポイントの水深は80〜100mだった。

当日のトップは7匹だった!

付けエサはオキアミ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「庄治郎丸」。

前日に50㎝が上がったという報告があり、本誌編集部は急遽取材を敢行した。当日は早い時間から40㎝級が1本、また1本と上がり、それだけでも取材としては十分な釣果。そんななか、中盤に49㎝が取り込まれると、続いて待望の50㎝、さらにダメ押しで53㎝の特大サイズが取り込まれたのだった。
「ポイントは広範囲にたくさんあります。まだまだ大きいのもいますよ」という世古船長。
「庄治郎丸」のアマダイ乗合はLT(ライトタックル)専門船。今後も期待大の相模湾アマダイを、LTで攻略し、堪能しよう!!

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
東伊豆・稲取沖のアカムツは1.5㎏がアベレージ! 狙いは金看板「稲取サイズ」!アカムツ好釣の「安貞丸」で出船だ!
最新記事
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読