MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型連発! LTでアマダイ釣りを堪能しよう【相模湾西部・平塚沖】

大型連発! LTでアマダイ釣りを堪能しよう【相模湾西部・平塚沖】

「今やっている場所は、数日前に型のいいのが上がったところなんです。昨日は50㎝が上がりました。そして今日はどうしちゃったのか、特大が3本立て続けに上がりました」と話すのは、平塚「庄治郎丸」の世古勇次郎船長。

49㎝が取り込まれると、続いて待望の50㎝、さらにダメ押しで53㎝の特大サイズが取り込まれたのだった

当日最大は、この53cm!

LTだからこそ、誘って食わせよう!

大型連発は、この49㎝から始まった!

仕掛けは全長2m前後の2本バリでOK。オモリは50号。

49㎝が取り込まれたすぐあとに、この50㎝がヒットした!

ポイントの水深は80〜100mだった。

当日のトップは7匹だった!

付けエサはオキアミ。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「庄治郎丸」。

前日に50㎝が上がったという報告があり、本誌編集部は急遽取材を敢行した。当日は早い時間から40㎝級が1本、また1本と上がり、それだけでも取材としては十分な釣果。そんななか、中盤に49㎝が取り込まれると、続いて待望の50㎝、さらにダメ押しで53㎝の特大サイズが取り込まれたのだった。
「ポイントは広範囲にたくさんあります。まだまだ大きいのもいますよ」という世古船長。
「庄治郎丸」のアマダイ乗合はLT(ライトタックル)専門船。今後も期待大の相模湾アマダイを、LTで攻略し、堪能しよう!!

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
外房 片貝沖は例年より一ヵ月早い解禁!片貝旧港の「勇幸丸」では7月8月と安定釣果を継続しており、連日大型まじりの数釣りを楽しむ多くのヒラメファンで賑わっている!
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読