MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
35㎝級連発!各種ジャンボカサゴ!外房 勝浦沖は根魚の宝庫!

35㎝級連発!各種ジャンボカサゴ!外房 勝浦沖は根魚の宝庫!

勝浦港「初栄丸」のカサゴ釣りは、根魚マニアの間で圧倒的な支持を得ている。良型カサゴメインで30㎝オーバーの大型多数!海藻の場所では30㎝オーバーのメバルも釣れる!浅場根魚の本格シーズン到来だ。

perm_media 《画像ギャラリー》35㎝級連発!各種ジャンボカサゴ!外房 勝浦沖は根魚の宝庫!の画像をチェック! navigate_next

水温上昇で尺カサゴが好調!根掛かり恐れず果敢に攻めろ!今後、浅場のメバルもアツいぞ!

勝浦沖は根魚の宝庫!いずれも良型だ

勝浦港「初栄丸」のカサゴ釣りは、根魚マニアの間で圧倒的な支持を得ている。

それは釣れる魚たちの種類とサイズを見れば納得だ。

「あくまで良型のカサゴをメインに狙っています。30㎝オーバーの大型が本当に多いですよ。海藻の場所では30㎝オーバーのメバルが釣れますよ」こう話すのは、この釣りにこだわる渡辺和明船長だ。

浅場の根魚釣りというと、「小物釣り」というイメージがあるが、ここではそういった先入観は捨てたほうがいいだろう。

水深は深いところで60m前後、40m前後、30m前後、15m前後と広い幅を狙う。

するとおのずと釣れる魚の種類も増える。

深場では当地でハチカサゴ(カンコとも)と呼ばれるウッカリカサゴが多い。

3㎏前後の大型も釣れるし、アヤメカサゴも良型が多い。

そして本命のカサゴは小型はほとんど目にすることはなく、釣れればほとんど25㎝以上、30㎝オーバーも珍しくないのだ。

「5月中旬までは水温が上がらず少し深いポイント主体に攻めていました。下旬になって水温も上がり浅場のメバルやマハタも釣れるようになりました」

この釣りに使うエサはイワシ。
もし、湾内でイワシの反応があればサビキで釣って、それをエサにする。

もちろん生きエサは特エサとなるが、このエリアの魚たちは冷凍エサにも貪欲にアタックしてくる。

反応がなければ朝イチから冷凍エサを使う。

「冷凍でも十分食いますよ。最近はエサ持ちがいいのでワカサギも使っていますが、こちらも食いがいいです。イワシも水温が上がって来たので、これから多くなると思います。イワシのサビキは船にあるものが一番ですよ」

これが勝浦沖の浅場の根魚釣りの概要だ。

エサはイワシの反応がないときは、冷凍エサを使用する。冷凍エサはクーラーにしまっておき、使う分だけ出そう

エサ持ちがいいワカサギ。最近、このエサがいいという

ライトタックルでOK 仕掛けの予備は多めに

竿はマメに底ダチを取り直すことができる竿であればあまりこだわらなくてもOK。

1.8〜2mほどのライトゲーム用ロッドが扱いやすい。

調子は7対3調子ぐらいがバランスがいい。

オモリは水深によって30〜60号程度を使い分けるが、このクラスのロッドならいずれのオモリを使用しても問題ないだろう。

リールは小型両軸か小型電動を。
これから浅場主体になるが、60〜70mダチを攻めるときは電動があると便利。

道糸はPE1〜2号。
根掛かりで引っ張ることが多いので、強度のしっかりしたものを選ぼう。

細いPEを使用する場合はリーダーをつけよう。

仕掛けは胴付き2本バリが基本。

ハリスは4〜6号50㎝、ハリは丸セイゴの16〜17号とやや大きめ。

これは釣れる魚のサイズがでかいからだ。

親子クレンサルカンを使用し、捨て糸は3〜4号を1mで作っておく。

後述するが、ポイントによって調整して釣っていくので、最初は一番長い状態にしておく。

根掛かりが多く仕掛けのロストも多い。

幹糸部分は助かることが多いが、ハリスはハリを結んだスペアを多めに用意しておこう。

オモリは30〜60号ほど。
細い道糸の場合は多少深くても40号程度のオモリで通すことも可能だ。

オモリは根掛かりでロストすることも多いので、こちらもスペアは多めに持参しよう。

このほか、魚をつかむハサミ、ハリを外す小型ペンチなどがあると便利だ。

エサは生きイワシの場合は下アゴから上アゴにハリを抜く。

冷凍の場合は同じか、頭側から入れてもいい。

「冷凍エサは最初に配ります。気温も高くなるのでクーラーにしまっておき、必要な分だけ取り出して使ったほうが、最後まで身がしっかりとした状態で使えます」

根掛かりを恐れずに 海底をトレース

投入の合図があったらすぐに仕掛けを投入する。

海底にオモリが着いたらすぐに糸フケを取って、一度オモリが浮いた状態にして、ゆっくりと再度底を取り直す。

それからは海底の起伏に合わせて底を取りながらトレースしていく。

狙っているポイントがどんな状態の場所かマメに船長からアナウンスがあるので、聞いておこう。

特に、「ここは根掛かりするよ。ゴツゴツの根だよ」という場合は、根掛かり確率もグーンとアップするので注意しよう。

しかし、根掛かりを恐れてタナを上げてしまうとアタリがグッと減ってしまうので、果敢に攻めること。

海底をトレースしながら、たまに竿を持ち上げて誘いを入れて再度落としていき、海底の状態を確認する。

これが基本の動作となる。

アタリはカサゴ系の場合は、ゴツゴツとかガツガツ、ゴンゴンと重みをともなったものが多い。

ベラやトラギスの場合は、プルプルと小刻みなものが多いのである程度判別可能だ。

カサゴのアタリがあってもまずはそのまま待とう。

アワせる釣りばかりしていると、ついつい即アワセしてしまうが、カサゴはスッポ抜けてしまう。

少し送る気持ちで待つとさらに強いゴゴゴゴという引き込みがある。

この瞬間に竿を持ち上げるとうまくフッキングする。

「電動を使う人は最初に掛かってすぐに電動を入れちゃう人が多いですが、結構バラします。最初は少し手巻きで大きさを確認してから電動にしてください」

巻き上げは少し立て気味にして一定のスピードで。

ハチカサゴなど2〜3㎏あるものはいきなり強く引き込むことがある。

こんなときは竿を下げて対処しよう。

2本ハリがあるが、根掛かりが多い場所であるのと、魚がデカく放っておくと根に潜られるので、1匹掛かったらそのまま巻き上げたほうが無難だ。

イワシなどのエサはエサ取り魚も好物でいろんな小魚がアタックしてくる。

カサゴは簡単に掛かることもあれば、なかなか本アタリにいかないこともある。

アタリがなくなったら回収してエサのチェックをしてみよう。

「頭と中骨だけ残って、身だけ取られたような場合は、カサゴの可能性が高いです」

ポイントによって 捨て糸を調整する

仕掛けの捨て糸は1mで作っておくが、ポイントによって調整する。

「どんな場所か伝えます。それに合わせて捨て糸の長さを変えてください」

カサゴは海底にエサが着くくらいで狙う。

このとき、フラットな場所、つまり根掛かりしないような場所では、捨て糸を短くする。

50㎝前後、ときにさらに海底を狙いたい場合はハリスよりも短くしてもOKだ。

ところが、起伏が激しい根周りでは、捨て糸が短いと仕掛けが底に掛かってしまい、すぐに根掛かりしてしまう。

起伏が激しいほど捨て糸を長く取り、仕掛けが根掛かりしないようにしよう。

「初栄丸」では自作仕掛けが基本なので、自作していこう。

「浅場の海藻周りのメバルも釣れだしてきました。カサゴ、メバルとも尺オーバーの引きと味を楽しんでください!」

外房 勝浦沖 各種ジャンボカサゴ釣行レポート

勝浦〜興津沖周辺の15〜70mダチを狙う。今後、浅場の水温が上がるとデカクロメバルが増えていく

ゴツゴツと重厚な引きを楽しませてくれる大型カサゴ。

小型はほとんどまじらず楽しいぞ!

30㎝オーバーでステッカーもらえます!

「初栄丸」では30cmオーバーのカサゴゲットで尺ステッカー

計測すると30cmどころか35cmクラスが何匹もいた

ひとりヒットすると高確率でほかの人にもヒット。誰かアタったら集中しよう

夫婦で良型根魚をたくさんゲット

こちらも35㎝クラスのカサゴだ

60〜70mダチのやや深めのポイントでは、当地で「ハチカサゴ」と呼ばれる、ウッカリカサゴ(別称カンコ)の大型がヒット

ハチカサゴ3㎏!

こっちもジャンボ ハチカサゴ!

こちらも「ハチカサゴ」(ウッカリカサゴ)。カサゴとよく似るが、斑紋のふちがハッキリしている

30cm級のオニカサゴも

良型ソイもまじってきた

トゴットメバル

クロメバルも

こちらは50mダチ周辺でよく釣れたアヤメカサゴ。とてもおいしい魚だ

数こそそれほど多くないが、これだけ釣れれば大満足だ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦港「初栄丸」

「カサゴってこんなに大きかったっけ?」と、思わずにいられないジャンボサイズが普通に釣れている場所がある。

それは外房・勝浦沖だ。

水温が上昇するいま、浅場の根魚五目はベストシーズンに入る。

「カサゴはデカイのが釣れていますよ。浅場のカサゴは30㎝オーバー狙いです」と、勝浦港「初栄丸」の渡辺和明船長は言う。

港を出るとスローでイワシの反応を探る。

反応がないと見るやポイントへ一直線。

イワシが釣れないときのエサは冷凍のイワシとワカサギ。

深場のポイントから探っていくが、このエサたちに大型魚が次々と飛びついてくる。

ハチカサゴ(ウッカリカサゴ)は3㎏級もまじって、アヤメカサゴもいいサイズが多い。

浅場で本命のカサゴ狙いでは、30㎝どころか35㎝級が連発!

「これから浅場のメバルも楽しいよ。こちらも30㎝オーバーだからね」

浅場根魚の本格シーズン到来だ。

以上の記事は「つり丸」2017年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル