MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マルイカ&ムギイカ激乗り!相模湾 亀城根ベストシーズン到来!

マルイカ&ムギイカ激乗り!相模湾 亀城根ベストシーズン到来!

相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。

ムギまじりで絶好調!マルイカベストシーズン到来!! 始めるなら今がチャンス!

マルイカもムギイカも、釣って楽しく、食べてとっても美味しい。

マルイカには釣りの魅力が ぎっしり詰まっている!

関東ではほぼ周年いろんな種類のイカが狙えますが、そんななかで近年人気ナンバーワンといえば、文句なしにこの「マルイカ」ではないでしょうか。

その理由は、他のイカ釣りに比べてオモリが軽く、タックルがライトであるため、誰でも手軽に楽しめること。

そして、とってもテクニカルなので、釣りそのものが非常に楽しいこと。

さらには、その身は柔らかく、甘くて最高に美味しいこと。

つまり、釣って楽しく、食べて美味しいという、釣りの魅力がびっしりと詰まったイカなのです。

とくにこれからの時期は、例年のパターンではマルイカは30mよりも浅い場所に回遊して来るため、よりいっそう釣りやすくなります。

今年は昨年のような不調ではなく、ムギイカまじりで絶好調!

マルイカを釣るなら、今こそチャンスなのです。

自分の竿の穂先にどんな アタリが出るのかを知ろう

大人気のマルイカ釣りゆえ、釣具店ではいろんなタイプのマルイカ専用竿が発売されています。

値段も様々で、高いものは5万円以上、安いものは1万円を切るものまであります。

その中からどれを選べばよいかなんですが、値段が高いモデルは確かに良いのですが、それを使えばマルイカがたくさん釣れるかといえば、実はそうではありません。

マルイカ釣りで最も重要なのは、「使っている竿の穂先にどんなアタリが出るのか」を理解すること。

最高級の竿でも、その竿にどんなアタリが出るのかが分からなければ、マルイカを釣ることはできません。

安くても、その竿にはどんなアタリが出るのかをしっかりと理解していれば、十分にマルイカを釣ることができるのです。

これからマルイカを始めるのであれば、浅場での釣りを意識して7対3や6対4調子のものがオススメ。

長さは1.5m前後の短めのものがよいでしょう。
 
リールは小型両軸でOK。
道糸はPE0.8〜1号で、それを200m以上巻いておきます。

これからの浅場シーズンは電動リールも細い道糸も必要ありません。

道糸の先には、先糸としてフロロの5号を1.5mほど繋いでおきます。

オススメ仕掛けは 直ブラの5本スッテ

マルイカは仕掛けの種類がいろいろありますが、初心者はブランコや直ブラなど、枝スのあるタイプがオススメ。

直結は取り込み時に少しでも仕掛けを緩めてしまうと乗ったイカがすべてバレてしまいますが、ブランコや直ブラならバレにくいので、落ち着いて取り込むことができます。

とくに直ブラはアタリを取って積極的に掛けていく釣り方にも対応しているので、どの仕掛けがいいのか迷ったら、直ブラから始めてみることをオススメします。

スッテの数は5本が基本。

ただ、この日はムギイカが乗って来ることが多かったので、ムギイカは比較的上に浮いていることが多いということで、幹糸を増やして8本スッテに。

ただ、仕掛けの扱いに慣れていない人がスッテの数を増やしてしまうと、仕掛けさばきに手間取ってしまい、釣りどころではなくなってしまう可能性があります。

スッテの数は自分の技量と相談して決めるようにしましょう。

スッテのサイズは、この日のマルイカは良型主体だったということもあり、40〜45㎜を中心に使いました。

ただ、今後浅場で釣れるようになってくれば、イカもマイクロサイズが多くなってくると思われますので、30〜35㎜といった小型のスッテも用意しておきましょう。

合図があったら即投入 着乗りを逃すな!

エンジン音が低音に変わったらオモリを手に持ち、投入の準備をします。

イカ釣りはこのマルイカに限らず、“船長からの合図があったら即投入”が鉄則。

とくに今回乗船した「秀吉丸」の場合は、それがとても重要です。

というのも、イカ船には、小さなあまり乗らなさそうな反応でも合図を出してより数多く投入させる船と、必ず乗るような反応を探して当てて、それから合図を出す船があります。

「秀吉丸」は後者。
いい反応がなければクルージングの時間が長くなりますが、その分、船長から投入の合図が出て仕掛けを落としたときには、かなりの高確率でイカが乗って来ます。

実際、取材時も必ずといっていいほど投入直後はアタリが出ました。

その後の乗せられる乗せられないは、釣り人のウデ次第なのです。

したがって、絶対に投入はミスしないこと、そして“着乗り”を逃さないことが重要です(着乗りの取り方はイラスト参照)。

アタリ?と思ったら どんどんアワせてみよう!

マルイカのアタリは竿先に出ますが、これが想像以上に小さい。

しかも、使っている竿によって違います。

したがって、自分が使っている竿にどんなアタリが出るのかは、フィールドで実際に自分で釣りをして、自分の目で見て確かめるしかありません。

アタリを理解するために重要なのは、最初は「アタリかもしれない」と思ったら、とにかくアワせてみること。

そうやってアワせているうちに、ちゃんとしたアタリであればイカが乗るので、次第に「これがアタリだ!」と分かるようになってきます。

アタリだ!と確信を持ってアワせたときに来るズシンという重量感。

これがマルイカ釣りの最も楽しく、快感なところといっても過言ではないのです。

その他、テクニックで重要なのは、「巻き落とし」。

マルイカ釣りには、この「巻き落とし」と「タタキ」」という2大テクニックがありますが、どういうわけかタタくことばかりに気を取られ、巻き落としを行うことを忘れてしまっている人が案外多いのも事実。

タタキの回数よりも、巻き落としの回数を増やしたほうがイカが乗る確率が高いことを覚えておいても損はないでしょう。

亀城根周辺〜葉山沖マルイカ&ムギイカ釣行レポート

アタリを見極めろ!メチャクチャおもしろくって超美味しい!! テクニカルなイカゲームを楽しもう!

この日は亀城根周辺の40〜60mを主に狙った。これからどんどん浅場に入って来るので、より釣りやすくなる。葉山沖で始まるのもそろそろか

暑くもないし、寒くもないし、今が一年で一番いい季節。天気がよくって、最高に気持ちいい!」。マルイカもムギイカも、釣りが楽しいうえに食べて最高にうまい! 最高のターゲットだ

「ほら、いいサイズ!」。マルイカは良型主体。この日はマイクロサイズはほとんどまじらなかった

竿先に出るアタリを見極める。この釣りは、アタリでアワせて乗せた瞬間が快感!

初心者は直ブラまたはブランコなど、枝スのある仕掛けでやってみよう。状況によっては中上級者も使ってみたい

この日はムギの比率が高かったので、コジレイは幹糸をプラスして8本仕掛けに。仕掛けの扱いに慣れない人は無理せず5本仕掛けで

マルイカとムギイカのダブル。今のシーズンはムギもよく釣れる。ムギはアタリがマルイカよりも大きく出やすいので釣りやすい

「魚バサミ返して〜(笑)」とコジレイが作っているのは、なんとムギイカの丸干し。ちなみにお味のほうはというと…「丸焼きにするならやっぱり生のほうが美味しかった」とのこと。干すなら肝などを取ったほうがいいみたい

潮カスが多い影響か、派手な色によく乗る傾向にあった

上のほうにも反応が出ていたら、一杯乗せたら最初はゆっくりと巻いてみよう。上でムギが乗る可能性も

高い反応が出ている状況では、上から攻めていくのも手

これから浅場で釣れるようになるので、より手軽に楽しめる

今がベストシーズン。ぜひチャレンジを!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・葉山あぶずり港「秀吉丸」

相模湾の亀城根周辺では、ムギイカまじりでマルイカが好調だ。

取材は5月中旬。
水深40〜60mを攻めたが潮カスが多く、しかも青物が回っているようで、投入直後しかアタリが出ない。

「こういう状況では、着乗り勝負です。それに今日はムギが多いので、仕掛けも追加しちゃおっと!」とは、コジレイこと児島玲子さん。

スッテを5本から8本にすると、この作戦が奏功し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。

「去年に比べれば今年は明らかにいいですね。反応は随所にあり、大きな反応もあります。これから潮がもっとよくなれば、乗りはさらによくなると思いますよ。しかも、例年ならそろそろ浅場で乗り始める頃。いっそう釣りやすくなります。マルイカはこれからがベストシーズンで、ムギイカも多いです。チャレンジするには、今がまさに最適です」とは、葉山あぶずり港「秀吉丸」の栗飯原力太郎船長。

「暑くもなくて、寒くもない。今が一年で一番気持ちいい季節。こんな陽気のなかで、マルイカ釣りができるなんて最高に幸せ!」とコジレイ。

もちろん、マルイカやムギイカは食味も抜群。

この釣りはタックルがライトだから、女性も手軽に楽しめる。

さあ、みんなでマルイカ釣りに出掛けませんか?

以上の記事は「つり丸」2017年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
川崎「つり幸」さんで、東京湾の夜カサゴ釣りに挑戦!キャストして探るとアタリが頻発!仕掛けもタックルもライトなので、今回釣れた15~20㎝の個体でも十分な引きを感じることができました。
最新記事
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読