MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
2019テイルウォークカップ北村秀行フェスティバルIN波崎12/8開催

2019テイルウォークカップ北村秀行フェスティバルIN波崎12/8開催

2019テイルウォークカップ『北村秀行』チャーマスフェスティバルIN波崎12月8日開催 参加者募集

「2019テイルウォークカップ『北村秀行』チャーマスフェスティバルIN波崎」(主催:エイテック、征海丸)が12月8日(日)に波崎沖大根周辺海域で開催される。

参加定員は60人。

参加費は大人1万1000円、女性・中高生9000円(船代・氷・昼食代・保険料含む)。

釣法はルアーのみ。

対象魚はヒラマサ、ブリ類、カンパチ、マダイ、イシナギ、マハタ、カツオ類、マグロ類、ホウボウ、サワラ類、ヒラメ、マゴチ、根魚類。

検量方法は対象魚3匹までの総重量で決定。

表彰は全て個人戦で、総合の部は3位まで、大物賞、レディース賞、ジュニア賞は各1位のみを表彰。

時間は5時受付開始。

ゲストに北村秀行、マシーン山崎各氏を迎える。

イベントでサンマのつかみ取りあり。

申込みは12月7日(土)までにメールで下記船宿まで。

●釣楽園征海丸
☎ 090-3100-6991
FAX 0479-44-8118
メール chourakuen@au.wakwak.com
http://www.chourakuen.com/s-master/

関連するキーワード
関連記事
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
最新記事
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読