MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏の沖釣り祭り・マダイ&ヒラマサ編【外房・勝浦沖】

夏の沖釣り祭り・マダイ&ヒラマサ編【外房・勝浦沖】

夏の外房エリアでおすすめの釣りのひとつが、勝浦沖のカモシ釣りだ。カモシ釣りは、サンマミンチのコマセを使い、10㎏オーバーの大型ヒラマサや5㎏オーバーの大型マダイを狙う外房独特の釣法。例年、夏場はマダイ狙いがメインになるが、今シーズンは6月の開幕からヒラマサがまじって釣れている。

マダイにまじりヒラマサも!

夏の勝浦沖では、カモシ釣りが面白い。夏場はマダイ狙いが中心となるが、今年は開幕からヒラマサもまじっていて、マダイ、ヒラマサまじりの釣りが楽しめる。

カモシ釣りを得意とする「盛幸丸」。カモシファンの人気も高く、この日は2隻出し、本庄克己大船長の船でも良型のマダイ、ヒラマサが上がった。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・勝浦松部港「盛幸丸」。

秋には10㎏オーバーの大型ヒラマサが釣れることも珍しくない外房勝浦沖のカモシ釣りだが、夏場はマダイがメインターゲットだ。カモシ乗合で出船している勝浦松部港「盛幸丸」では、このところ好調にマダイが上がっており、トップ12枚と2ケタ釣果を記録する日もあるほどだ。型は1〜3㎏前後主体に、4〜5㎏級もコンスタントに姿を見せている。
このマダイにまじってヒラマサも食ってくるのが、今季の特徴。
「今の時期もヒラマサの群れは居るには居るんですが、シーズン初期はルアーには反応するけどカモシではなかなか食ってこないことが多いんです。でも今シーズンは最初からヒラマサが食ってます。2〜3㎏主体ですがひとり4、5本上げる人もいます」と「盛幸丸」本庄信行船長。
大型ヒラマサはいないようだが、良型マダイと2、3㎏のヒラマサでアタリは頻発している。カモシビギナーの入門におすすめの状況だ。

両狙いの仕掛けはハリス6号5ヒロ

大型ヒラマサの引きにも耐えられるよう、ドラグパワーの強いレバードラグリールと、伸縮性のあるナイロンラインを使うのがカモシ釣りの特徴だが、近年はPEラインでもOKの船宿が多く「盛幸丸」でもPEラインと電動リールの組み合わせで挑むひとも少なくない。今のところ大型ヒラマサとのファイトは想定外なので、中型電動リールにPE6〜8号、オモリ負荷80〜100号の青物竿などという組み合わせでも十分だ。狙いをマダイに絞ってしまえば、ハリスは3〜4号でもかまわないが、タイにまじってヒラマサも食ってくる状況なので、あまり細いと切られてしまう。

「マダイ、ヒラマサの両狙いなので、ハリス6号5ヒロ(7.5m前後)、ハリはグレの10号、11号がおすすめです」と本庄船長。
ヒラマサはコマセに突っ込んでエサを食うが、マダイはその下から遠まきにエサを狙っている。ヒラマサが連発しているようなときは太目のハリスで3、4ヒロと短めにしてもいいし、マダイを狙いたいときは細めで6、7ヒロと長めにしてみるのもいい。

しっかりかもして大ダイ&ヒラマサを釣り上げろ

コマセのサンマミンチは海水で溶いて、ビチャビチャの状態にして使う。これをヒシャクやポンプでカモシ袋につめて投入。コマセマダイと同様に、まずテンビンから、続いてハリス、最後に付けエサを投入する。このとき、手がミンチで汚れていると、ハリスに脂が付いてしまう。その脂は海中で白濁した汚れとなって目立つので、魚の食いが悪くなってしまう。汚れた手はしかり洗ってからハリスをつかむようにしよう。
カモシ釣りでは、コマセをまくことを「かもす」という。その、かもし方は上のイラストの要領で。しっかりかもして、ミンチのツブが付けエサを包みこむような状況を作り出してやる。
潮が速いことが多いエリアなので、コマセが途切れないようにこまめにシャクッて、かもしてやるように。その動作で大きく付けエサが動くのも誘いになるので、まめにかもしてやることが大切だ。
マダイは5㎏前後の大型も上がっており、ヒラマサも小ぶりながら強い引きが味わえる。夏の勝浦沖でカモシ釣りを楽しんでみては。

以上の記事は「つり丸」2013年7月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
最新記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00
「アジ・サバ釣り体験教室」(主催:日本釣振興会東京都支部)が9月28日(土)に東京都平和島「まる八」(TEL 03・3762・6631、東京都大田区平和の森公園)で開催される。
更新: 2019-08-19 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読