史上最高シーズンか!? ヒラメ大爆釣!! 【外房・銚子外川~河口沖】

史上最高シーズンか!? ヒラメ大爆釣!! 【外房・銚子外川~河口沖】

シーズンは各地でヒラメが絶好調。「史上最高」と言っても言い過ぎではない好釣果があがっている。いたるところで「コレがヒラメの釣果?」と疑いたくなるような、爆発的な釣れっぷりを見せているのだ!


あり得ないほどの釣果が当たり前のように続くのだ! 史上空前の激釣エリアを体感しよう!

「今年は信じられないぐらいヒラメを釣りましたよ。2ケタは当たり前でした」と常連の福原さん。

「福田丸」のイケスは水温調節が可能で、どんなときでもイワシは元気いっぱいだ。

「すごいときなんて、仕掛けが底に着かなかったんですよ」と女将の福田るみ子さん。その前に食ってくる状態だったという。

ポイントは犬吠埼沖〜利根川河口沖にかけて。水深は30〜70mほどをねらった。

今シーズンのイワシは型も良く、丸々と太っている。こっちが食べたいぐらいだ。

突然、超大物と思われるアタリがやってきた…

多重マツリであがってきたのは何と! シュモクザメだった。

濁り潮に効く! 水中ライト。「潮が濁ったときに、コレを付けているといいですよ」と女将さん。ヒラメは潮が濁ると食いが悪くなると言われるが、これはエサをうまく見つけられないため。そこで、アピール度の高い水中ライトを使うというわけ。道糸と仕掛けの接続部に。もちろん、潮が澄んでいるときもアピールできるはずだ。

この日は1〜2㎏の食べておいしいサイズが多かった。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・銚子外川港「福田丸」。

「今シーズンの最高は、ちょっとここでは言えないぐらいの信じられないような数でした。釣果情報にはそのままの数は出していませんけど、とにかくすごかったですよ」と言うのは、女将にして釣りの腕もピカイチな「福田丸」の福田るみ子さん。
「仕掛けが着底しないんですよ。その前にみんな食ってきちゃうから」と、この時期ヒラメに通い詰める福原唯之さんは話す。
その後も「船中150枚は普通に続いた」などの景気のいい話が続く。
ヒラメって、ちょっと前まではボウズが当たり前の釣りじゃなかったっけ? 釣魚の中でもかなりの上位に位置する高級魚じゃなかったっけ? なのに史上空前とも言える釣れっぷりを見せている。もはや〝異常事態〟なんじゃないか? とさえも思えてしまうほどなのだ。
「夏場に数釣れることはありますが、今年はずーっと数が出ていますね。みなさん普通に10枚以上釣っていきますからね」と福田稔船長は言う。
外川エリアは、6月から翌3月までと釣期が長い。他エリアが9月、10月、11月と解禁し、好釣果を記録しているが、連日その「解禁直後」みたいな状態をキープしているのだ。
今後、水温低下に伴い深場も攻めていく。これからはサイズアップも大いに期待できるぞ!

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

昨年に続いてカモシ釣りで伺ったのは「作栄丸」。昨年の取材時には10㎏級のヒラマサが三連発という驚愕の釣りを体験した。今年もヒラマサは好調に釣れているとのこと、大型ヒラマサの期待を胸に行川港へと向かった。


ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。


泳がせ釣りで大型ヒラメをGET! エサ釣りから応用編まで(北龍丸)

泳がせ釣りで大型ヒラメをGET! エサ釣りから応用編まで(北龍丸)

これから真夏を迎える日本海。春や秋と異なり、昼の釣り物が少なくなるシーズンだ。しかし、小アジなどの生きエサさえ手に入れば、比較的近場でヒラメなどのフィッシュイーターたちの泳がせ釣りが楽しめる。


最新の投稿


釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

釣果安定傾向、ライトタックルで狙おう! 東京湾のタチウオ(義和丸)

東京湾の夏タチウオが、今年も楽しめそうだ。開幕してから釣果のアップダウンが激しかったが、このところ安定傾向にあるようだ。


お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

お手軽に半日船で行く! 東京湾・中ノ瀬のシロギス釣り(荒川屋)

晴れると日中は暑いこの季節。朝は涼しくて気持ちいいので、早起きして釣りに行きたくなりますね。5月25日、金沢八景「荒川屋」さんより半日船のシロギスへ行ってきました。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえる! 伊東沖のサビキ泳がせ(村正丸)

ビビビ! ククククッ! と竿先に生きエサが逃げ惑う様子が伝わり、「食え!食い込め!」、そしてドーン! と竿が海中に突き刺さる。泳がせ釣りの魅力が手軽に味わえるのが伊東港「村正丸」のサビキ泳がせだ。


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読