MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
史上最高シーズンか!? ヒラメ大爆釣!! 【外房・銚子外川~河口沖】

史上最高シーズンか!? ヒラメ大爆釣!! 【外房・銚子外川~河口沖】

シーズンは各地でヒラメが絶好調。「史上最高」と言っても言い過ぎではない好釣果があがっている。いたるところで「コレがヒラメの釣果?」と疑いたくなるような、爆発的な釣れっぷりを見せているのだ!

あり得ないほどの釣果が当たり前のように続くのだ! 史上空前の激釣エリアを体感しよう!

「今年は信じられないぐらいヒラメを釣りましたよ。2ケタは当たり前でした」と常連の福原さん。

「福田丸」のイケスは水温調節が可能で、どんなときでもイワシは元気いっぱいだ。

「すごいときなんて、仕掛けが底に着かなかったんですよ」と女将の福田るみ子さん。その前に食ってくる状態だったという。

ポイントは犬吠埼沖〜利根川河口沖にかけて。水深は30〜70mほどをねらった。

今シーズンのイワシは型も良く、丸々と太っている。こっちが食べたいぐらいだ。

突然、超大物と思われるアタリがやってきた…

多重マツリであがってきたのは何と! シュモクザメだった。

濁り潮に効く! 水中ライト。「潮が濁ったときに、コレを付けているといいですよ」と女将さん。ヒラメは潮が濁ると食いが悪くなると言われるが、これはエサをうまく見つけられないため。そこで、アピール度の高い水中ライトを使うというわけ。道糸と仕掛けの接続部に。もちろん、潮が澄んでいるときもアピールできるはずだ。

この日は1〜2㎏の食べておいしいサイズが多かった。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・銚子外川港「福田丸」。

「今シーズンの最高は、ちょっとここでは言えないぐらいの信じられないような数でした。釣果情報にはそのままの数は出していませんけど、とにかくすごかったですよ」と言うのは、女将にして釣りの腕もピカイチな「福田丸」の福田るみ子さん。
「仕掛けが着底しないんですよ。その前にみんな食ってきちゃうから」と、この時期ヒラメに通い詰める福原唯之さんは話す。
その後も「船中150枚は普通に続いた」などの景気のいい話が続く。
ヒラメって、ちょっと前まではボウズが当たり前の釣りじゃなかったっけ? 釣魚の中でもかなりの上位に位置する高級魚じゃなかったっけ? なのに史上空前とも言える釣れっぷりを見せている。もはや〝異常事態〟なんじゃないか? とさえも思えてしまうほどなのだ。
「夏場に数釣れることはありますが、今年はずーっと数が出ていますね。みなさん普通に10枚以上釣っていきますからね」と福田稔船長は言う。
外川エリアは、6月から翌3月までと釣期が長い。他エリアが9月、10月、11月と解禁し、好釣果を記録しているが、連日その「解禁直後」みたいな状態をキープしているのだ。
今後、水温低下に伴い深場も攻めていく。これからはサイズアップも大いに期待できるぞ!

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読