MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南房 江見沖 爆釣!絶品イサキ五目!根魚、青物フルコース!

南房 江見沖 爆釣!絶品イサキ五目!根魚、青物フルコース!

江見港「新栄丸」では、絶品イサキ&高級五目釣りが盛況!連日イサキの爆釣が続き、1時半で規定数50匹に達する日も!美味イサキを確保したら、五目釣りにシフト!豪華なフルコースを楽しんでほしい。

イサキのお土産を十分釣ったあとは、いろいろな釣り方で多魚種が狙える!

江見港「新栄丸」では、周年通して季節を感じる旬の魚が五目釣りで楽しめる。
 
このところ連日イサキの爆釣が続いて、わずか1時半で規定数50匹に達する日もある。

脂が乗った美味しいイサキを確保したら、五目釣りにシフトチェンジ。

この高級五目釣りを目当てに、足を運ぶファンも多い。

前半はイサキ狙い

5時40分、武ノ内一浩船長は好調が続くイサキポイントを目指した。
 
漁場が豊富で、江見沖を中心に吉浦沖や和田沖の40m~70mの水深を広範囲に狙っている。

そのため多彩な魚種が顔を出す。
 
ポイント到着までの間、基本的な釣り方やこの釣りの楽しさが船内にアナウンスされる。
 
3本バリ仕掛けの、上2本のハリにはバイオベイトを付けて、一番下のハリにはオキアミをていねいに付ける。
 
バイオベイトはアミコマセと同調させるために、アミに合わせた大きさでカットする。

オキアミエサは、高級魚のハタなどに備えたもの。

活性が上がれば、カラーコーティングされた空バリだけでもガンガン食ってくる。

「ハイやりましょう。38mです。ビシが底に着いたら、28mまでやってください」と開始の合図。
 
ビシが着底したら指示ダナまでシャクリ上げて、アタリがなければもう一度、指示ダナの範囲をシャクリ誘う。

「反応出てますよ」と船長。すると、右舷トモでは大崎さんに本命良型イサキのファーストヒット。

「今日の狙いはハタです。この時期は鍋が最高ですね」とニッコリ。
 
自席に戻って竿を出すと、指示ダナで「キューン」とすぐに竿が曲がる。

シャープな引きの正体はアジの3点掛けだった。
 
コマセが効いて活性が上がってきたようだ。隣では、遠山さんがゲームロッドで引きを存分に楽しむ。

お見事、良型イサキの3点掛け達成。
 
この釣りは、シャクリのスピード、強さと食わせる間が大切。

この間で釣果が大きく左右することも珍しくない。

速めのテンポや、食わせる間をアレンジしてヒットパターンを見つけよう。

「釣りは観察力と応用力ですよ」と船長。

「うーん、ダメだな」と、これだけ釣れても船長は浮かない様子。

そして、「ハナダイポイントに移動します。仕掛けは同じで大丈夫です」とポイント移動のアナウンス。

コマセはアミ。仕掛けはカラーバリ

コマセはビシに8分目くらい入れる

イサキ、ハナダイ仕掛けはカラーバリにイカタンやオキアミを併用する

途中から五目で盛り上がる!

移動距離が短く、時間ロスもない。ハナダイ狙いでは、全てのハリにオキアミを付けて様子を見る。

「60mです。仕掛けを底に這わせてからやってみてください」とホウボウ等の実績も高いポイントだ。
 
左舷ミヨシでは、五目釣りにハマッている竹内さんに狙い通りのハナダイが三連チャンで顔を出す。

「船長の指示どおり、底でしばらく待って誘い上げたら食ってきました。今日はイワシのエサも持ってきてますよ」と根魚もターゲット。
 
大崎さんは、ジャンボアジの一荷。続いて、狙いどおりにサバエサでアカハタを釣り上げた。

ミヨシ側では、嬉しいマハタも顔を出す。
 
さらに好調が続いて、大崎さんに何やら大物の予感。慎重にやり取りすると「凄いことになってるよ!」とニンマリ。

海面に注目すると、オレンジ色の魚体を確認。

キントキの3点掛けに歓声が飛ぶ。

改めて夢のフィールドを実感する一幕だ。
 
自席に戻ると、「バッタンバッタン」と置き竿が揺れている。

ズッシリ重く、正体不明?

細ハリスを慎重にやり取りすると、こちらもグッドサイズのキントキの一荷に笑みがこぼれる。

最後はイサキとタイ狙い!

残す時間もあと1時間となった。

五目釣りを存分に楽しんだところで、どうしても納得のいかない船長はもう一度イサキポイントに移動を決定する。

「イサキとタイ等が狙えるポイントです。仕掛けを長くしてもいいですよ」と船長。
 
すると、船長のポイント移動が的中してイサキが次々にアタった。
 
長ハリスには、マダイによく似たキダイやメジナ、イナダが竿を曲げた。
 
朝のイサキから始まり、イサキで締めくくりお開きとなった。

「イサキを主体に、状況を見ながらマダイ、ハナダイ、アマダイも狙います。魚がまとまってこれから釣りやすくなります。五目釣りは楽しいですよ」と船長。
 
欲張りな釣り人の心をくすぐる高級五目釣りは注目度抜群。

「新栄丸」の欲張りメニューを、ぜひ楽しんでいただきたい。

南房 江見沖 絶品イサキ五目!釣行レポート

ポイントは港から10〜20分と近い

イサキは小気味よい引きが楽しめる

前半に狙うイサキは好調。規定数到達も珍しくない

最初に狙うイサキは好調にアタった!

嬉しいマハタをゲット!

イナダもまじった。ワラサやカンパチがまじることもある

アジもまじる

キントキがトリプル!

キントキもまじる

筆者はキントキのダブル

オデコが張り出した良型ハナダイ!

こちらはアカハタ

カサゴも掛かった

キダイもまじった

胸ビレがきれいなホウボウ

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・江見「新栄丸」

江見港「新栄丸」では、丸々太った絶品イサキと、高級五目釣りで盛り上がりを見せている。
 
最初に狙うイサキには、研究を重ねて作られた実績の高い船宿仕掛けが絶対オススメ。

イサキが十分釣れたら、釣り場を変えて長ハリス仕掛けや泳がせ釣り、胴付き仕掛け、ライトタックル、ルアーなど「周りに迷惑にならなければうちは何でもOKです」と船長。

「イサキばかりで飽きちゃったよ」と、何とも贅沢なコメントにも答えたシステム。

常連さんのなかには、泳がせ釣りや根魚用のタックルを持つ姿も見られた。
 
イサキを主体にマダイ、ハナダイ、キダイ、アマダイなど、これだけでも五目になる。

根魚や青物などを含めると10種目達成も夢ではない。

高級魚揃いで、いろいろ釣れればクーラーボックスは宝石箱状態だ!
 
この釣りは、ビギナーや親子のファミリーフィッシングにもオススメ。

魚種が多彩で子供たちも飽きることなく楽しめるだろう。
 
食卓も大賑わいだ! 脂の乗った絶品イサキの刺身は抜群の美味さ。

煮付け、焼き物、揚げ物、汁物、ひと手間掛けた干物もオススメ。

「今日はハタ狙いで来ました。この時期はハタ鍋が楽しみです」と常連さん。
 
この釣りの魅力は、美味しい高級魚がいろいろまじること。

豪華なフルコースを是非楽しんでいただきたい!!

以上の記事は「つり丸」2019年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
最新記事
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読