MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
剣崎沖のワラサ、ブリ級まじりで本格化!【剣崎沖】

剣崎沖のワラサ、ブリ級まじりで本格化!【剣崎沖】

シーズンは6月後半からスタートした剣崎沖のイナダ&ワラサ。開幕当初から2㎏前後のサイズが多く、好調に釣れ続いてきた。そして10月中旬すぎ、その剣崎沖でブリまじりでワラサ級がまとまって釣れはじめた。

お腹が膨れた3㎏級のワラサがコンスタントに取り込まれていく

永井裕策名人は当日最大となる5kgオーバーをゲット!

風が強くなり11時に早揚がりとなったが、この釣果!

付けエサの基本はオキアミ。

ダブルヒットは何回もあった!

タモ入れは、お互い協力しておこなおう!

3㎏を超すワラサ級。このサイズが多くなった。

清水希香さんは3㎏級のメジマグロ(小型のクロマグロ)をゲット!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「大松丸」。

取材は11月初旬、剣崎松輪「大松丸」にて敢行。開始から好調にアタり続け、周囲の船も好調にヒット。お腹が膨れた3㎏級のワラサがコンスタントに取り込まれていく。そんななか、永井名人が5㎏を超えるサイズを食わせ、無事に取り込んだ。また、ゲストも多彩。定番のマダイ、アジのほか、2〜3㎏のメジマグロ(小型のクロマグロ)もまじった。
「ワラサは好調です。もうしばらくイケそうですよ」とは「大松丸」の鈴木勇一船長。
青物シーズンもそろそろ終盤。早めに釣行して、ラストスパートの好釣を楽しもう!

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
南房のオニカサゴが好調キープ! 冬の釣り物と思われがちだが、じつは周年狙うことのできるターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」と話してくれたのは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
更新: 2019-09-18 07:00:00
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地・銭洲では、いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからが絶好機だ!
更新: 2019-09-17 08:07:47
アングラーズアイドル2020 第11代 アングラーズアイドルオーディション10月13日まで参加者募集中
更新: 2019-09-16 12:00:00
部分解禁している片貝沖のヒラメが好スタートを切っている。2、3㎏の良型まじりで、アタリも多い。9月の部分解禁で釣り場拡大、10月には全面解禁で今以上に期待が高まる!今後がますます楽しみだ!
更新: 2019-09-15 07:00:00
相模湾、秋の「青物」釣りはキハダのブレイクで、影が薄いが、どっこいイナダも元気いっぱい!バツグンな引きで楽しませてくれている。イナダ乗合で出船している片瀬港「島きち丸」では8月中にトップ80匹といった大釣りも記録。今後も楽しみだ。
更新: 2019-09-17 21:46:58
最新記事
細身軽量のパワーロッド登場!シマノ「バンディッド アオモノ」
更新: 2019-09-18 12:00:00
南房のオニカサゴが好調キープ! 冬の釣り物と思われがちだが、じつは周年狙うことのできるターゲットだ。「1kg級主体に、浅場でいい感じに釣れています。潮次第で数釣りも期待できますよ」と話してくれたのは、相浜港「安田丸」安田智浩船長。
更新: 2019-09-18 07:00:00
ハヤブサ60周年記念インスタフォトコンキャンペーン10月31日まで開催 参加者募集
更新: 2019-09-17 12:00:00
日帰りの遠征大物&高級五目釣りの聖地・銭洲では、いま泳がせ釣りでカンパチが激アツだ。この時期のエサはチビムロと呼ばれる小型のムロアジ。秋の銭洲は大型にも期待が高まる。銭洲の泳がせ釣りはこれからが絶好機だ!
更新: 2019-09-17 08:07:47
アングラーズアイドル2020 第11代 アングラーズアイドルオーディション10月13日まで参加者募集中
更新: 2019-09-16 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読