MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
駿河湾 静浦沖~船長推奨!タチウオテンヤで夜ドラゴン迎撃!

駿河湾 静浦沖~船長推奨!タチウオテンヤで夜ドラゴン迎撃!

今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!

スタンダードなテンビン釣りも 良いけど、船長オススメの タチウオテンヤでドラゴン退治

当地は夜釣りのカカリ釣り タチウオは至る所にいる!

いかに食いダナを見つけ、さらにどう掛けるかのゲーム性の高さが魅力のタチウオ釣り!

今期は、晩秋を迎える現在も、東京湾を筆頭に、どのエリアでも好調に釣れて楽しめているが、とりわけ駿河湾の夜釣りは〝タナも浅くて釣りやすいうえ、大型も狙える〟とファンはもちろん、ビギナーたちも大注目しているので、その釣り方を紹介して行こう。

「今期は早い時期から湾奥全体にタチウオが入っていて、どのポイントに行っても釣果があるから助かっているんだけど、ここにきて若干、小振りの個体が目立ってきてさ。きっと小型の新しい群れが大挙して入って、アベレージとなる指3~4本クラスより先にエサに食いついてるんだと思うんだけど…小型ばかりじゃね。今日は型にこだわって動くんで期待して」と近況と抱負を語ってくれたのが、今回この釣りの案内役をお願いした沼津静浦港「真成丸」の高橋判船長。

彼は当地のタチウオ釣りを長年にわたって研究。

独自の釣法を編み出すなど、お客さんを楽しますスペシャリストでもあるのだ。

取材では船長が予測して入った江梨沖(少し湾奥に入り込んだ水深70mダチ)のタナ50mで、ドラゴンまじりの釣果を出して、大型の健在ぶりをアピール。

「これで目途も立ったし、これからも大型狙いで爆進するよ。釣り方は、通常のテンビン釣りも良いけど、タチウオテンヤが断然、面白いんで、ぜひ挑戦してみて。一度これで釣ったらハマるからさ」とのことなので、ここではその釣り方を中心に解説して行こう。

大型のヒット率が高い タチウオテンヤで迎撃

東では、まだ馴染みの薄いタチウオテンヤだが、関西ではテンビンではなく、このテンヤ釣りが主流で、古くからタチウオ釣りに使われている。

この仕掛けの最大の魅力は、釣れるタチウオのサイズが大きいことにあると船長は言う。

「ハリの懐の広さや長さなどが関係してるんじゃないかな。捕食シーンを連想すれば分かるんだけど、タチウオはテンヤにセットされたイワシの腹を狙って噛み付いてくるからさ。で、アタリを感じてアワセを入れると、テンヤのヘッドが立ってタチウオのほっぺにハリ先が当たるハズなんだけど、小型のタチウオだと刺さる面積が小さいんでハリをスルーしちゃうんだよね」と、小型が掛からない理由を聞いたと同時に、今回の取材でも明らかに大きいタチウオが釣れていたことを思い出した。

テンヤのタックルは、前記の通りアタリを取って掛けて行く釣りになるので、ロッドは先調子竿が基本になる。

「ウチでは操作性の良い2m前後の8:2~7:3調子の竿を使っている人が多いよね」。

リールは、後に説明するが、タナ探りに役立つ小型から中型電動をチョイス。

道糸は、ガツン!とアワセを入れても安心できるPE2号以上で挑み、さらにその先には大型のタチウオの鋭い歯を考慮したワイヤーリーダーのソフトタイプ(フォールのアタリを取りやすい)を、50㎝付けることを推奨している。

なおテンヤの重さなどは、仕掛け図通りだ。

2m前後の先調子ロッドと小型〜中型電動。道糸はPE3~4号で挑もう

タチウオテンヤの重さは50号。

大きなエサは頭をカットして使おう

タチウオテンヤで使うエサは冷凍イワシで、丸々1匹をテンヤに巻き付けて使用する。

通常は備え付けのハリガネがテンヤに付いているので、それを巻いて固定しよう。

具体的な付け方は、上のイラストで紹介した通りで、頭側をしっかりハリガネで固定することがキーポイントになる。

「腹側は柔らかいからさ。キツク巻くと、内臓が出たりしてバランスが悪くなるので、優しく巻くと覚えておくこと。あと肝心のエサなんだけど冷凍イワシを用意している船宿って少ない(ウチもそう)ので、要確認だよ。試したい人は購入してくることを忘れずにね。で、もし買ったイワシが大きかった場合は、頭をカットして使えばいいと覚えておいて」と船長からアドバイスがあった。

リアクションバイトで アタリダナを見つける

タチウオ釣りは、テンヤに限らず、テンビン釣りもアタリダナを見つけることからゲームがスタートするが、夜釣りのタチウオ釣りは、そもそも深場からエサを求めて浮上してくる活性の高い個体を狙うので、それを発見しやすいと船長は言う。

「本当に活性の良い時は、オレが指示したタナにタチウオテンヤを置いとくだけでもアタリが来るからさ。ただ最近はそこまで活性が上がらないんで、やっぱりレンジを探ってアタリダナを見つけることになるんだけど、それにフィットする釣り方がタチウオテンヤだってことが分かってさ」と目を輝かせた。

この釣りは、テンヤを動かしている方が、圧倒的にアタリが多く出るので、エサを良く追う夜釣りの個体のタナ探りにマッチしていると言うのだ。

具体的な探り方は、上部で紹介しているリアクションバイト(反射食い)系の王道3パターンが基本で、これで事足りるので覚えておこう。

特徴は以下だ。

●電動スローの巻き上げは、巻く速度を変えることによって活性の高いタチウオにも、低いタチウオにも対応できる。

●ストップ&ゴーでは、巻き上げ距離と止める時間に変化を付ければ、数種類の誘いパターンが可能となる。

●ワンピッチジャークは、シャクリ幅から速度、巻き上げる距離を変えることで、さまざまに探れるのだ。

違和感を捉えたら 電撃フッキング!

アタリダナを見つけて、タチウオからのシグナルを捉えたら、間髪を入れずにビシッ!っと、ロッドを振り上げる電撃アワセを入れよう。

先程も伝えたが、タチウオテンヤは動かしている方が、アタリが断然出る釣りだ。

つまり、アタッたかも知れない?と思って動きを止めてアタリを再確認したり、送り込むなどをしても、まず期待は持てないのだ。

逆に、ちょっとでも違和感を捉えたら、とにかく瞬時にロッドを振り上げてアワセを入れるクセをつけよう。

この方が、ヒット率がグ〜ンと上がるのだ。

「ガツン!っとアワセが決まった瞬間は、気分爽快。テンビンがない分、ダイレクトに魚の重みが加わるんで、釣った感はヒシヒシと伝わり、もう病み付きになるからさ。ぜひ体感して下さい」と船長が続けた。

なお、その後のファイトは、ドラゴンクラスの大型にはポンピングを行い、確実に締め上げよう。

テンビンで挑むなら 船長作のハリが心強い

テンヤで思うような釣果やアタリが得られない時は、スタンダードなテンビン仕掛けにチェンジして再度、タナ探りから始めてみよう。

「比較的、早めの動きで誘うタチウオテンヤの〝動〟の釣りから、ハリス付きの仕掛けをナチュラルにフカして誘う〝静〟のテンビン仕掛けにするのも功を奏する時があるからね。釣行時にはテンビン用の仕掛けも持参して」と船長は言う。

タックルは、仕掛け図に紹介している通りだが、ひとつだけ注目したいパーツがあるので紹介したいと思う。

それはタチウオ釣りにこだわっている船長が考案したハリで、このハリにはハモ用の16号が使われていて、それに数㎝ほどワイヤーリーダーが接続されている。

「長年の経験で行き着いたんだけど、刺さりはもちろん、飲まれても切られないってのが特徴かな。エサのサンマを付けた時の動きなんかも考えたし、こだわりを言えばきりがないけど、自信を持って推奨できるよ」とのこと。

「真成丸」に行けば購入も可とのことなので、気になる人はドラゴンを釣りに出掛けて、問い合わせること。

ハモバリを使用した船長特製のタチウオバリ。ズバリ!釣れます

市販の仕掛けでも釣れるが、高橋船長は自作のハリにコダワル

テンビン仕掛けは誘い上げて食わす

最後にテンビン釣りの基本釣法も解説しておこう。

夜釣りのアンカーを打ったカカリ釣りだけに、タチウオは船の灯に誘われて集まった小魚を捕食しに浮いてくる。

つまりこちらも食い気がある個体が多くなり、そんな奴らは往々にしてリアクションバイト(反射食い)してくるので、これを念頭に釣りを展開すると釣果が伸びる方程式が完成する。

具体的には、船長が指示するタナの範囲で、エサをタチウオに見せて、シャクって誘い、食わす。または追わせて、食わすのだ。

「上のイラストでも解説しているけど、竿をシャクルことと、リールで道糸を巻き取ることを交互に行って、上へ上へとエサを動かして釣るんだよね」と船長。

竿先のみ弾く小さなアクションや胴から誘い上げる大きなアクションに、リールの巻き取り量・ハンドルを1回転動かしたり、90度ずつ四分の一回転ずつ動かす。

また30度ずつ動かす六分の一回転を行うなど、バリエーションを試して、その時の食いパターンを探って迎撃しよう!

テンビン仕掛けはもちろん、大型率の高いタチウオテンヤを 使ってドラゴン級を迎撃しよう!!

駿河湾・静浦沖~江梨沖 絶好調の夜タチウオ釣行レポート

釣り応えある堂々の指5本サイズだ

当地では2月までロングランで楽しむことができる

抜き上げが決まると気分は爽快だ

「タチウオテンヤで掛けたら、病みつきになりますよ」と常連さんは言う

常連さんは、ドラゴンサイズを4本揃え、納得の表情を見せた

ナイスサイズ!

これ1本でも、十分おかずになる

アグレッシブな引き味もこの釣りの魅力!

「船長のポイント選択が大当たり。首尾良く釣れました」とご満悦です

トルクのある引き込みでアングラーを魅了するタチウオ。

絶好調の駿河湾 夜タチウオ

釣趣バツグン

「前アタリから追わせて食わすまでの駆け引きが最高に楽しいですよね」とのこと

鮮度を維持するならタチウオを丸めずに持ち帰れるクーラーを持参しよう

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「真成丸」

今期も駿河湾の各地で絶好調の夜タチウオ。

ここ静浦沖も例外ではなく大型まじりでコンスタントに釣れているので要チェック!

「今期は湾奥全体にタチウオが入っていて、どのポ イントに行っても釣果があるから助かっているんだけど、ここにきて小型の個体が目立ちだしてきてさ…。そんなワケで、今日はいつもと違うポ イントに行って様子を見てこようと思ってんだよね。お客さんも良型を期待して来てくれてるからさ」とポジティブシンキングで出船したのが、この釣りにアツい情熱を持って挑んでいる「真成丸」の高橋判船長だ。

到着したのは江梨沖の水深70mダチ。

本来ならもう少し寒くなってから攻めるポ イントだそうだ。

アンカーを入れて、船長が指示ダナをアナウンスして釣りがスタート。

すると、首尾良くタチウオがヒット。
アチコチで取り込まれていく。

中には指5本クラスのドラゴンもまじり、船内は大いに賑わいを見せた。

研究熱心な船長は、最近、タチウオテンヤでの釣りを推奨している。

「仕掛けの特性上、良型のヒット率が高いからね。電撃アワセで掛けるので釣った感も味わえるからさ」とニッコリ。

釣れる場所へ案内してくれる船長の元で、釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!

以上の記事は「つり丸」2019年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
今季東京湾ではシロギスが絶好調!子供やビギナーにも釣りやすい。ゲストを含めアタリも頻繁だから一日中夢中になること請け合いだ。
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
最新記事
今季東京湾ではシロギスが絶好調!子供やビギナーにも釣りやすい。ゲストを含めアタリも頻繁だから一日中夢中になること請け合いだ。
クロメジナ(オナガメジナ)はスズキ目メジナ科メジナ属。メジナよりも大きくなり、三重県熊野市で4.2kgという記録がある。
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読