MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年は当たり年でキマリ!! 金谷沖のアオリイカ【東京湾・金谷沖】

今年は当たり年でキマリ!! 金谷沖のアオリイカ【東京湾・金谷沖】

金谷沖のアオリイカがいい感じ。デカモンゴウもいい感じ。引き良し、味良し、今年は特にオススメです。イカが好きならば、いざ釣行。行かなきゃ嘘だぜ!

この日はアオリイカを一人5杯前後ずつ、これに同数のスミイカやモンゴウイカがまじった。イカ好きにはたまらない展開だ

ダイワの北本茂照さんはこの釣りの大ファン。アオリを連発させた。

餌木は3.5号が標準。今回北本さんが使った餌木。

取り込みはタモでアシストを。

この日最大はキロオーバー。この時期にこのサイズなら大満足だ。

こちらはモンゴウイカ(カミナリイカ)。大型になるイカで、緑色のラインが特徴だ。ここが茶色だとスミイカ。

みなさん、いい釣りができました。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・金谷港「さえむ丸」。

開始早々に「きたよ!」とダイワフィールドテスターの北本茂照さん。ショートロッドがギュン、ギュンギューンと引き込まれている。間違いなくアオリイカだ。数回シャクっただけで、あっという間の本命ゲット。
「今年は各地でアオリイカが好調だけど、金谷もいいみたいだね」
秋のアオリシーズンは中小型の数釣りシーズンで、ひとり2ケタ釣果も珍しくない。
「ここは、モンゴウやスミイカも多くまじりますよ。どれもうまいよ」と、金谷港「さえむ丸」の三浦市郎船長は言う。実際、この日はアオリを一人5杯前後ずつ、これに同数のスミイカやモンゴウイカがまじった。これはイカ好きにはたまらない展開だ。
これから年末に掛けて大チャンスのアオリイカ。激しい乗りを味わおう!

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読