MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年は当たり年でキマリ!! 金谷沖のアオリイカ【東京湾・金谷沖】

今年は当たり年でキマリ!! 金谷沖のアオリイカ【東京湾・金谷沖】

金谷沖のアオリイカがいい感じ。デカモンゴウもいい感じ。引き良し、味良し、今年は特にオススメです。イカが好きならば、いざ釣行。行かなきゃ嘘だぜ!

この日はアオリイカを一人5杯前後ずつ、これに同数のスミイカやモンゴウイカがまじった。イカ好きにはたまらない展開だ

ダイワの北本茂照さんはこの釣りの大ファン。アオリを連発させた。

餌木は3.5号が標準。今回北本さんが使った餌木。

取り込みはタモでアシストを。

この日最大はキロオーバー。この時期にこのサイズなら大満足だ。

こちらはモンゴウイカ(カミナリイカ)。大型になるイカで、緑色のラインが特徴だ。ここが茶色だとスミイカ。

みなさん、いい釣りができました。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・金谷港「さえむ丸」。

開始早々に「きたよ!」とダイワフィールドテスターの北本茂照さん。ショートロッドがギュン、ギュンギューンと引き込まれている。間違いなくアオリイカだ。数回シャクっただけで、あっという間の本命ゲット。
「今年は各地でアオリイカが好調だけど、金谷もいいみたいだね」
秋のアオリシーズンは中小型の数釣りシーズンで、ひとり2ケタ釣果も珍しくない。
「ここは、モンゴウやスミイカも多くまじりますよ。どれもうまいよ」と、金谷港「さえむ丸」の三浦市郎船長は言う。実際、この日はアオリを一人5杯前後ずつ、これに同数のスミイカやモンゴウイカがまじった。これはイカ好きにはたまらない展開だ。
これから年末に掛けて大チャンスのアオリイカ。激しい乗りを味わおう!

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
「広布号」の野島幸一船長が展開している、大原流のスーパーライトジギング!イナダ、マダイ、マハタ、ワラサ、ヒラマサ、サワラなどなにが飛び出すか分からない!手軽で奥深い注目のゲームスタイルだ!
アイランドクルーズFCが展開している、シーバスタックルでさまざまなターゲットを狙う五目ゲーム!その多彩な魅力を紹介しよう!
東京湾・走水沖のタイラバマダイが絶好調!走水港「政信丸」ではタテの釣りで細かい情報を取りながら狙う!今後は数釣りも期待大!タイラバでマダイゲームを満喫しよう!
最新記事
南房太海沖のFサビキによるクロムツ釣りが好調だ!ムツは40cmオーバーの大型主体に数釣りも!後半スルメはダブル・トリプルも…今後上昇に期待!!
外房 飯岡沖でマダイが確変フィーバー中!飯岡港「梅花丸」取材当日も水深27m前後の漁礁周りで大ダイ、中ダイが連発!記録更新を狙うなら今がチャンスだ!
金澤美穂さん!千葉県大原港の「長福丸」さんで、人気急上昇中のSLJを初体験!タダ巻だけでも魚種多彩に釣れるうえ、タックルもライトなので、ビギナーにも超オススメです!
伝統釣法!外房・川津沖のカモシ釣りは秋のヒラマサ高確率シーズン到来!10kgオーバーの大型も狙え、ワラサやマダイもまじる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読