MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今年は当たり年でキマリ!! 金谷沖のアオリイカ【東京湾・金谷沖】

今年は当たり年でキマリ!! 金谷沖のアオリイカ【東京湾・金谷沖】

金谷沖のアオリイカがいい感じ。デカモンゴウもいい感じ。引き良し、味良し、今年は特にオススメです。イカが好きならば、いざ釣行。行かなきゃ嘘だぜ!

この日はアオリイカを一人5杯前後ずつ、これに同数のスミイカやモンゴウイカがまじった。イカ好きにはたまらない展開だ

ダイワの北本茂照さんはこの釣りの大ファン。アオリを連発させた。

餌木は3.5号が標準。今回北本さんが使った餌木。

取り込みはタモでアシストを。

この日最大はキロオーバー。この時期にこのサイズなら大満足だ。

こちらはモンゴウイカ(カミナリイカ)。大型になるイカで、緑色のラインが特徴だ。ここが茶色だとスミイカ。

みなさん、いい釣りができました。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・金谷港「さえむ丸」。

開始早々に「きたよ!」とダイワフィールドテスターの北本茂照さん。ショートロッドがギュン、ギュンギューンと引き込まれている。間違いなくアオリイカだ。数回シャクっただけで、あっという間の本命ゲット。
「今年は各地でアオリイカが好調だけど、金谷もいいみたいだね」
秋のアオリシーズンは中小型の数釣りシーズンで、ひとり2ケタ釣果も珍しくない。
「ここは、モンゴウやスミイカも多くまじりますよ。どれもうまいよ」と、金谷港「さえむ丸」の三浦市郎船長は言う。実際、この日はアオリを一人5杯前後ずつ、これに同数のスミイカやモンゴウイカがまじった。これはイカ好きにはたまらない展開だ。
これから年末に掛けて大チャンスのアオリイカ。激しい乗りを味わおう!

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
5月後半から絶好調!鹿島沖のマゴチ!今期はまだまだ魚影も濃く、ロングランが予想される!ジグヘッド+当たりワームでぜひトライしてほしい!
今回はカンタンに製作できるツインアシストフックを紹介。アシストラインの両端でフックを外掛けで結び、溶接リングをセットしたシンプルなパターン。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
東京湾人気ルアーターゲットのタチウオ!4月下旬、ロケットスタートを切ったのは横浜新山下「渡辺釣船店」。良型&メーターオーバーが連日登場!浅場と深場の両タックルを準備して、挑戦しよう。
最新記事
泳がせ、キハダのマストアイテム電動リールがさらにパワーアップ 「フォースマスター6000」
飯岡沖を代表する人気ターゲットのリレー釣り!飯岡港「龍鳳丸」では、40cm超えのショウサイフグ、ヒラメも良型揃いで絶好調!今シーズンもかなり期待できそうだ!
4月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”!今期のカンパチの状態はすこぶるよく、下田「龍正丸」ではイカorムロ泳がせで良型カンパチが絶好調だ!
あらゆるライトゲームに活躍。スプールがワンタッチ交換可能な小型電動リール「エラン SW DENDO 150PH」
駿河湾・焼津沖のタチウオが好調!じっくり攻めてドラゴン狙い!LTでアグレッシブに攻めて数狙い!釣り方、楽しみ方は貴方次第!ベストシーズンはこれからだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読