MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾口 剣崎沖~乗り味最高!パラソル級ヤリイカ大釣り中!

東京湾口 剣崎沖~乗り味最高!パラソル級ヤリイカ大釣り中!

東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!

派手さはないが堅実な乗り 水温低下で群れ固まれば大釣りも!初心者はツノ数を減らして挑もう!

サイズが一気にアップして乗り味最高!いよいよ本格シーズンへ 

イカ界の期待を背負うヤリイカ 冬本番で本格化!

ここ数年、夏場のスルメイカが全国的に不漁続きだ。

関東付近でも例外ではなく最も庶民的イカも今や高級化してしまった。

そんな中で期待が集まるのがヤリイカだ。

今シーズンの東京湾口エリアは派手さはないもののまずまず堅調さをキープしている。

「ガンガン乗るっていう日はまだあまりないけど群れはまずまずいますね。昨年は早い時期から良かったけど、今年は少し遅れているかもしれませんね。これから本番ですよ」とは、金沢八景「一之瀬丸」の一之瀬竜也船長。

ヤリイカは早い時期は晩夏に開幕するが、本来のシーズンは冬から春にかけて。

この時期、南西の強風が吹くことが多く、すると水温が下がりヤリイカの群れが固まっていく。

こうなるとトップ50杯以上、時に3ケタに迫るかという釣果も記録されるようになる。

現在、近場のヤリイカは剣崎沖~洲崎沖、城ヶ島沖周辺で狙っている。

現在は、水温が高く潮が速くて狙えないが、落ち着けば沖ノ瀬も狙うようになって本格シーズンを迎える。

まだ数はトップ30杯前後のことが多いが、この時期に特筆すべきはヤリイカが食べてうまいこと。

サイズは中小型でも丸々として身が厚く甘みが強い。

ぜひ、この時期のヤリイカを味わってみよう。

市販仕掛けも乗りバツグンのセッティングでおすすめだ/オモリは150号使用

慣れない人はツノ数を減らす ヤリイカオンリーでOK

竿は1.5~1.7mほどのヤリイカ専用竿が基本。

ヤリイカの繊細な乗りの感触を竿先で感じ取って掛けていく釣りなので、先調子で穂先感度が優れたものがを選ぼう。

特にシーズン中盤くらいまでは小型のヤリイカも多く、慣れないと乗っているのかどうかわからないこともある。

リールは小型電動リールを使用する。
狙う水深は100mぐらいから深いときは200mを超えるので、電動リールは必須アイテムになる。

サイズはダイワなら300番クラス、シマノなら1000番クラスが軽量で扱いやすい。

道糸はPE3~4号を300m以上。
現在のヤリイカはPE3号程度が標準になっている。船宿によっては4号以下厳守というルールのところもある。

仕掛けはプラヅノ11㎝5~8本程度のブランコ仕掛けが標準だ。

「慣れない人は3本でもいいかもね。毎回仕掛けが絡んじゃってほとんど仕掛けを入れられない人もいるからね。これじゃあいつまで経っても上達しないよ」

船長が言う通り、慣れないビギナーはツノ数を3、4本に減らすのがいいだろう。

減らすことで回収、再投入が格段にやりやすくなり、仕掛けを海中に入れている時間が長くなる。

そうすればおのずと乗せる数も増やすことができる。

通常の仕掛けだと、投入時に手前マツリ、回収時にも絡んで仕掛けをグチャグチャにして釣りにならないことも。

慣れたら少しずつ増やしていけばいい。

慣れた人は10本程度使用することもあるが、底でしか乗らないようなときは減らして手返しを早めるのもひとつの手だろう。

また、爆乗りしているようなときもツノ数を増やして一度にたくさん乗せるのではなく、ツノ数を5本程度にしてスピード勝負で数を稼ぐのもいいだろう。

プラヅノはピンク、ブルー、ケイムラ系に赤白の糸巻きスッテをまぜておくといい。

中オモリやヨリトリリングは慣れていない人、アタリがよくわからない人は装着しない。

本来は手前マツリしにくくするための目的もあるが、慣れないとこれらがあるために逆に手前マツリさせることも多くなる。

オモリは「一之瀬丸」では150号を使用する。

また、投入器は船宿で借りられる。

船長から投入の合図があったら、すぐに投入できるようにしておこう。

投入しそうなときはオモリを手にして待機しておく。

投入の合図があったら、オモリを前方に軽く投げ入れる。

混み合っている時などは遠目に投げたほうがオマツリを防ぐことができる。

プラヅノ11cm5~8本程度を使用。慣れない人は3本くらいから始めるのもいいだろう

投入時は竿に絡めない 仕掛けを入れてナンボ!

このとき注意したいのは、この時期は風が強いことが多く、普通に投入すると、投入器から出た仕掛けが竿に絡むことがある。

実際、これを繰り返して仕掛けをダメにしては、仕掛けばかり交換して釣果が全く伸びないことがある。

これを防ぐために、竿を持って仕掛けと離してやること。

離すのが難しいようなら竿を立ててやり、仕掛けが海中に全て入ったら戻してやるといいだろう。

これだけを守るだけでも釣果が絶対に変わってくるので、慣れない人は必ず実行しよう。

軽くサミングして海底まで一気に仕掛けを沈める。

もし、途中でサバが掛かったときは、そのまま落ちていくならそのまま落下させる。

止まってしまうときは素早く全速力で電動巻き上げしよう。もたもたするとオマツリを招くだけでなく、自分の仕掛けがぐちゃぐちゃになってしまうことも。

海底にオモリが着いたら、糸フケを取りながらまずは竿先を見てみよう。

竿先がフワフワとか、ツンツンとお辞儀するような動きをしたときは、すでに乗っている。

まずはこの最初の乗りを確認しよう。乗ったと思ったら軽く竿を持ち上げてアワせてやる。

乗らないときは、竿を大きく持ち上げて誘う。

誘いの動作はシャクリ上げるのと、大きくシャクった後に、ストンと落とす、落とし込みの誘いをする。

イカは魚同様に落ちてくるものに反応することが多い。

最近の誘いの主流はこの落とし込んだ誘いだ。

「ここのところはほとんど底ばかりだね。浮いてきたら言うけど、基本は底ばかりだと思っていいですよ」

シャクリ上げてストンと落とし、仕掛けが落ちていく演出をしたら竿先をしっかりとストップ。

ここで変化があったら竿先を持ち上げて軽くアワせる。

アタリが出た時にアワせておくとバレにくくなる。

しばらくしてアタリがない場合は数十メートル一気に巻き上げて、再度落とす、落とし込みを行う。

これが基本の動作になる。

1杯乗ったら追い乗りを狙いたい。
その場で竿をゆっくりと上下する場合とゆっくりと巻きながら乗せていく場合とあるが、状況を見て行おう。

イカが小さい場合などは、時間が経つとバレる可能性が高くなる。

イカの活性が高いほど乗ってくるが、逆の場合はすぐに上げたほうが無難。

いずれにせよ、周りの人の乗り具合など見て調整しよう。

現在、ヤリイカのポイント周辺にはワラサが多い。

剣崎沖~城ヶ島沖でようやくワラサ釣りが本格化してきたが、ヤリイカのポイントにも多く回遊し、イカを奪われることも。

そんなことが続くようなら1杯釣ったら追い乗りを待たずにすぐに巻き上げる。

イカを乗せて仕掛けを上げてくると、ヨレていることが多くなる。

こんな時はヨレを取ってから投入しよう。

剣崎〜洲崎沖ヤリイカハイシーズン釣行レポート

ポイントは剣崎~洲崎沖、沖ノ瀬まで狙う

シャクリ上げて、落とし込んで乗せていくスタイルが効いた!

ズッシリとしたパラソル級だ。

「今シーズンの最大だね」と一之瀬船長

このサイズが多いが、しっかり誘ってアタリを取って乗せていこう

美しく光り輝くヤリイカ

良型ダブルは嬉しい!

喜び爆発!? 乗り渋った日だけに貴重なダブルだった

今日一番のズッシリ感!でかいのか、多点掛けか!

でかい!!それに、まだ下にもいる!

ラスト近くに良型3点掛け達成!

シーズン前半は丸々としているヤリイカ。こんな形のものは味も抜群だ

「活きイカパック」を開始。

一人1杯はサービス中!ぜひ生きたまま持ち帰ってみよう

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」

東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入した。

「今年は無茶苦茶乗ったっていうのは少ないけど、まずまず安定はしていますね。11月になってサイズはだいぶ良くなってきたよ」とは、金沢八景「一之瀬丸」の一之瀬竜也船長。
 
現在、「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の釣果が続いている。

この海域ではついこの前までキハダが釣れていたくらいなので水温が高めに推移。

ヤリイカの群れが固まりさらに本格化するには水温低下が待たれるところだ。
 
シーズン序盤は小型が多かったが、この日は中型以上のサイズが目立ち、「パラソル級」と呼ぶにふさわしいジャンボサイズも乗ってきた。
 
シーズン前半のヤリイカは特に味わい深くて超美味。

これから冷え込んでいけば数も型も期待大。

春までロングランで楽しめるぞ!

以上の記事は「つり丸」2019年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
最新記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読