MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
晩秋~冬の風物詩・夜タチウオ開幕!【駿河湾・沼津沖】

晩秋~冬の風物詩・夜タチウオ開幕!【駿河湾・沼津沖】

駿河湾・沼津沖に、熱い夜の季節がやってきた。晩秋から冬に最盛期を迎える「夜タチウオ」が開幕したのだ。

甘み強く、味には定評がある駿河湾のタチウオ。ルアー組は平均20本程度、エサ組はトップ40本程度。食べるには十分な釣果だ

船上は熱気ムンムン!

当日はスローなシャクリパターンがよかった。

ヒットパターンを見つけるのがタチウオジギングのおもしろさ。ヒットの瞬間のズンとくる重みもたまらない!

当日はグローが入ったジグに高ヒット! 「Salt EX」にも登場してくれたマグロゲームのエキスパート・佐野ヒロムさんはタチウオジギングも大得意。

波静かな沼津沖は親子フィッシングにもおすすめ。ワームはただ巻きでOKなので子供さんもこの通り!

スピニングタックルで広範囲に攻めるのも効果的だった。

当日はエサのほうがアタリは多かった。2本バリ仕掛けではダブルも!

サイズは指3本平均と少し小型ながら、数は例年並みに釣れている。これだけ釣れれば十分でしょ!

今年の「夜タチウオ」だが、数は例年並みといったところ。サイズは指3本が大半とちょっと小さめ。ただ、まだ始まったばかりなので、これから新群れが入ってくるなど状況が大きく変わる可能性もある。大型はこれからに期待だ。
指3本サイズといえども甘みが強く、味では定評のある駿河湾のタチウオ。11月上旬の取材では開始から終了までポツポツとアタリがあり、ルアー組は平均20本程度、エサ組はトップ40本程度とまずまずなので、食べるには十分な釣果だった。
沼津沖の夜タチウオは、北寄りの風が吹く日が多くなるこれからの季節は海がベタ凪となり出船率が高いのも魅力。ヒットパターンの模索に頭は熱くなるが、風は非常に冷たいので防寒対策は万全にして出掛けよう!

夜タチ・ジギングタックル&ルアー

ベイトタックルメインに、スピニングタックルも持参しよう。

ジグのカラーは多数揃えたい。当日はグローが入ったものがよかった。

ヴァンフックからタチウオ専用フックが登場。オススメ!

プライヤーやフィッシュキャッチャーは必需品。

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
日立久慈沖の激うまアカムツが開幕!今期は真沖の120mからスタート!日立久慈港「釣友丸」では当日、47㎝1.6㎏の大型もキャッチ!日立沖はいまがチャンスだ!
平塚港「庄三郎丸」ではイナダ&ワカシをメインに狙うLTイナダ五目船が好調!船長のオススメ仕掛けはウイリー!今後はカンパチも期待大!
聖地、波崎沖カンネコ根のアカムツが乗っ込みハイシーズンを迎える!波崎「仁徳丸」では連日良型が浮上中!誘いのパターンを理解して、激うまアカムツを確実にゲットしよう!
沼津沖の夜タチウオが開幕!アンカーを打ってのカカリ釣りでドラゴンを狙う!金洲はカツオ&キハダが絶好調!太いハリスで勝負だ!
マハタが好調!勝浦松部港の「信照丸」では、トップ8匹の日、船中20匹も上がった日も!ここ数年で、マハタの魚影がもっとも濃いように思う。極上の味覚を狙いに勝浦へ行ってみよう。
最新記事
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読