MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
晩秋~冬の風物詩・夜タチウオ開幕!【駿河湾・沼津沖】

晩秋~冬の風物詩・夜タチウオ開幕!【駿河湾・沼津沖】

駿河湾・沼津沖に、熱い夜の季節がやってきた。晩秋から冬に最盛期を迎える「夜タチウオ」が開幕したのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》晩秋~冬の風物詩・夜タチウオ開幕!【駿河湾・沼津沖】の画像をチェック! navigate_next

甘み強く、味には定評がある駿河湾のタチウオ。ルアー組は平均20本程度、エサ組はトップ40本程度。食べるには十分な釣果だ

船上は熱気ムンムン!

当日はスローなシャクリパターンがよかった。

ヒットパターンを見つけるのがタチウオジギングのおもしろさ。ヒットの瞬間のズンとくる重みもたまらない!

当日はグローが入ったジグに高ヒット! 「Salt EX」にも登場してくれたマグロゲームのエキスパート・佐野ヒロムさんはタチウオジギングも大得意。

波静かな沼津沖は親子フィッシングにもおすすめ。ワームはただ巻きでOKなので子供さんもこの通り!

スピニングタックルで広範囲に攻めるのも効果的だった。

当日はエサのほうがアタリは多かった。2本バリ仕掛けではダブルも!

サイズは指3本平均と少し小型ながら、数は例年並みに釣れている。これだけ釣れれば十分でしょ!

今年の「夜タチウオ」だが、数は例年並みといったところ。サイズは指3本が大半とちょっと小さめ。ただ、まだ始まったばかりなので、これから新群れが入ってくるなど状況が大きく変わる可能性もある。大型はこれからに期待だ。
指3本サイズといえども甘みが強く、味では定評のある駿河湾のタチウオ。11月上旬の取材では開始から終了までポツポツとアタリがあり、ルアー組は平均20本程度、エサ組はトップ40本程度とまずまずなので、食べるには十分な釣果だった。
沼津沖の夜タチウオは、北寄りの風が吹く日が多くなるこれからの季節は海がベタ凪となり出船率が高いのも魅力。ヒットパターンの模索に頭は熱くなるが、風は非常に冷たいので防寒対策は万全にして出掛けよう!

夜タチ・ジギングタックル&ルアー

ベイトタックルメインに、スピニングタックルも持参しよう。

ジグのカラーは多数揃えたい。当日はグローが入ったものがよかった。

ヴァンフックからタチウオ専用フックが登場。オススメ!

プライヤーやフィッシュキャッチャーは必需品。

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾の夏といえば、江戸川放水路「林遊船」が提案する“カスタム和船”で攻める湾奥マゴチゲーム!“新江戸前の釣り”の本番はこれからだ!
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
東京湾のマダコは今期も絶好調だ!大人気の餌木タコ&テンヤもOK!何よりも、本当に美味しいのでぜひ自分で釣って食べてみてほしい!
待望の〝照りゴチ〟シーズン到来!今期は鹿島サイズと呼ばれる60cm前後の大型がコンスタントにヒット!エサとルアーの二刀流で挑むのがベストだ!
東京湾のマダコが6月に開幕した。小型主体も数は上々のスタート!餌木タコの独特の釣り味にハマってみよう!もちろんテンヤでも楽しめる!今シーズンも期待大だ!
最新記事
シノビテングハギ(スズキ目ニザダイ科テングハギ属)北限は伊豆諸島利島沖。三重県志摩市でも見つかっているが、鹿児島県屋久島以南では珍しい魚ではないだろう。
感度と操作性にこだわった次世代ひとつテンヤロッド「がま船 ひとつテンヤ真鯛3」
東京湾の夏といえば、江戸川放水路「林遊船」が提案する“カスタム和船”で攻める湾奥マゴチゲーム!“新江戸前の釣り”の本番はこれからだ!
外房大原の根魚五目!今シーズンは開幕からキントキが絶好調!多点掛け連発の爆釣も!釣って良し、食べて良し!マハタも掛かって大満足だ!
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル