MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
晩秋~冬の風物詩・夜タチウオ開幕!【駿河湾・沼津沖】

晩秋~冬の風物詩・夜タチウオ開幕!【駿河湾・沼津沖】

駿河湾・沼津沖に、熱い夜の季節がやってきた。晩秋から冬に最盛期を迎える「夜タチウオ」が開幕したのだ。

甘み強く、味には定評がある駿河湾のタチウオ。ルアー組は平均20本程度、エサ組はトップ40本程度。食べるには十分な釣果だ

船上は熱気ムンムン!

当日はスローなシャクリパターンがよかった。

ヒットパターンを見つけるのがタチウオジギングのおもしろさ。ヒットの瞬間のズンとくる重みもたまらない!

当日はグローが入ったジグに高ヒット! 「Salt EX」にも登場してくれたマグロゲームのエキスパート・佐野ヒロムさんはタチウオジギングも大得意。

波静かな沼津沖は親子フィッシングにもおすすめ。ワームはただ巻きでOKなので子供さんもこの通り!

スピニングタックルで広範囲に攻めるのも効果的だった。

当日はエサのほうがアタリは多かった。2本バリ仕掛けではダブルも!

サイズは指3本平均と少し小型ながら、数は例年並みに釣れている。これだけ釣れれば十分でしょ!

今年の「夜タチウオ」だが、数は例年並みといったところ。サイズは指3本が大半とちょっと小さめ。ただ、まだ始まったばかりなので、これから新群れが入ってくるなど状況が大きく変わる可能性もある。大型はこれからに期待だ。
指3本サイズといえども甘みが強く、味では定評のある駿河湾のタチウオ。11月上旬の取材では開始から終了までポツポツとアタリがあり、ルアー組は平均20本程度、エサ組はトップ40本程度とまずまずなので、食べるには十分な釣果だった。
沼津沖の夜タチウオは、北寄りの風が吹く日が多くなるこれからの季節は海がベタ凪となり出船率が高いのも魅力。ヒットパターンの模索に頭は熱くなるが、風は非常に冷たいので防寒対策は万全にして出掛けよう!

夜タチ・ジギングタックル&ルアー

ベイトタックルメインに、スピニングタックルも持参しよう。

ジグのカラーは多数揃えたい。当日はグローが入ったものがよかった。

ヴァンフックからタチウオ専用フックが登場。オススメ!

プライヤーやフィッシュキャッチャーは必需品。

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
駿河湾焼津沖のタチウオが終盤戦。サイズも数もとにかく絶好調! 指3〜3.5本あるので刺し身や炙りで食べるにはちょうどいいサイズ。大型となると1㎏を超えで日に何本かまじっていて、数についてはトップ80本を超えるような日もあるんだとか。
更新: 2019-03-15 07:00:00
駿河湾の最奥部、沼津沖千本浜前でタチウオが絶好調に釣れている。釣り方は、エサ釣りはテンビン使用の1本バリ仕掛け、またはテンヤ釣り。ルアーはジギングが主流。つまり、どんな釣り方でもOKなのだ。
更新: 2019-03-07 12:00:00
利島沖では、4㎏以上の大型ハタがアベレージ。釣り方はヒラメ釣りで使うイワシエサの泳がせ、またはジギング。2月半ば、南伊豆弓ヶ浜港「惠丸」からこの大型ハタを釣るために良川福一船長秘蔵のポイントを目指す。
更新: 2019-02-22 12:00:00
相模湾・平塚沖〜大磯沖で楽しむ、高級魚ホウボウ釣り!テクニカルで面白さも想像以上で、しかも美味しいときたら、ハマる人も多い。ジグは主に30〜40gを使用。フックはアシストのみで楽しめる。
更新: 2019-02-06 07:00:00
暖冬で年が明けても暖かい日が続いているが海の中も暖冬のようで、例年であればすでにベストシーズンを迎えて極寒の中、夜な夜な熱いバトルが繰り広げられる「夜タチウオ」が昨年末に来てようやく調子を上げてきた。
更新: 2019-01-24 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読