MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
連釣!東京湾テンヤスミイカ!釣趣バツグン!乗りズッシリ!

連釣!東京湾テンヤスミイカ!釣趣バツグン!乗りズッシリ!

今年も東京湾のスミイカが開幕。取材日は中ノ瀬の水深20m台を風裏中心に狙い、250〜500g級がトップ8杯。ほとんどの人が型を見ることができた。釣趣バツグン!食味も最高!スミイカを狙おう。

テンヤのスミイカ釣りに初チャレンジ! 周囲のアドバイスを受け初物をゲット!!

今年も晩秋から東京湾のスミイカが開幕。

肉厚な身は、江戸前寿司に欠かせない。

伝統的なテンヤ釣りでスミイカのデビュー戦を飾るべく、超先調子のスミイカ竿を携え、小柴港「三喜丸」から出船した。

今シーズンの東京湾は水温高く、スミイカは遅れ気味!?

開始早々に船中で本命が取り込まれる

11月23日、小雨が続くなか、釣友の島新太郎さんとシャコで有名な小柴漁港に到着。

底曳網やアナゴ筒の職漁船を横目に船宿へ向かう。

「三喜丸」にはLTアジのお客さんも姿を見せ、スミイカ船は10数人の賑わい。この釣りは初挑戦。

斎田正道大船長に挨拶し、テンヤを拝借。
 
1人あたり5匹のシャコが配られ、道具を準備している間に出船時間の7時15分だ。

「25分ほど走るので、後ろに行ってください」と、スミイカ船担当の河野秀昭船長。
 
八景島を右手に出港。風とウネリがあるも、7時40分に中ノ瀬へ到着。

「水深は19mです。もしスミをかけてしまったら、お互い様なので頭を下げてください」

右舷で250g級がさっそく上がり一安心。

バケツの中でヒレを波打たせている。

続いて島さんも400g級を取り込んだ。

「チップ(イカが触った)した」と、右隣の方が再びテンヤを落とし込むと乗った!

次第にスミイカの前をテンヤが通るようになったのか?

筆者も早めに型を見るべく参戦。
シャコを丸めてつかみ、ハサミで尾の先を切り、船宿オリジナルのテンヤへ通す。

念のためスッテも結ぶ。

「ドラグはフルロックで、竿をシャクる時はなるべく元ガイドに手を近づけ、鋭くシャクること」と、島さんからもアドバイス。

独特のフォームでシャクるのが特徴

筆者もテンヤでの初スミイカをゲット

1月に水族館でスミイカの新子を見る機会があったが、あまり活発に泳ぐのではなく、目の前のエサに一瞬で抱き着くように捕食していた。

ツツイカ類よりゆっくり泳ぐイカであることを念頭に考えて狙いたい。
 
スミイカは「道糸に糸フケを出すこと」が大切。

テンヤが動くと乗らず、止まっていると乗るという。

シャクリは誘いよりイカをカンナに掛ける要素が強いのか?

シャコが跳ねている様子を演出するという説もある。
 
周囲の様子を見ながらシャクっていくうちに、ズシッと重みが乗った!

緩めないよう素早く巻き取り、海面に姿を見せたのは400g級の本命!

最近の状況から数釣りできるイカではないため、嬉しい1杯。

抜き上げた瞬間、船ベリがスミだらけ!

テンヤを掴まずハリスを掴んだのが原因。

急いで洗い落とす。
 
この日は船が風で流されるため、着底したテンヤもどんどん流されてしまうが、こんな時はまめにクラッチを切れる両軸リールが使いやすい。

この時期は水深が浅い。
広く探りたいならスピニングリールを使うのもアリだ。
 
時々、オマツリもあるが、道糸がPE2号なので比較的ほどきやすい。

テンヤは20~25号を使うため、極細PEはアワセ切れの恐れもある。あまり細くしない方が無難だ。
 
すると、チップしたような感触が伝わった。

再びテンヤを落とし込み、数メートル送り込んで糸フケを取り、鋭くシャクると乗った!

さっきより重く、潮に乗ると確かに抵抗する。

「首根っこを掴むといいよ」と、右隣の方にアドバイスをいただきつつ取り込んだのは500g級。
 
船中ではスッテにも乗ってくるが、良型はテンヤに乗ることが多い。

一人、また一人とスミイカを手中に収めていく。

「竿は角度を45度に保ってシャクってください。テンヤの動きがいいから」と船長。
 
筆者と同じく「海人スミイカ240」を使用中のお客さんも、テンヤ1本で良型の本命を仕留めた。

島さんも2杯追加する。

エサは生きたシャコ

シケ気味の荒天でもトップ8杯!

この日は終始風雨とウネリが続き、船長は風裏へ船を回してくれたが、外気より波しぶきが暖かい。

スミイカは一回スミを噴射した後もスミを吐き続け、バケツの中は真っ黒だ!
 
最後はスカリごと洗ってスミを落とし、ビニール袋に入れてからクーラーへ納める。

甲羅の先が鋭いため、船ベリで叩いておくといい。
 
14時に納竿。釣果はトップが右舷の8杯。

あとは2~3杯程度が多く、残念ながらオデコも出てしまった。

それでも時化気味のなか、ここまで釣らせてくれた船長に感謝。

「今は水温が20度あるのでイカが散らばっているが、18度を切ればイカが集まって釣りやすくなるよ」と船長。

「スミイカを始める人は、船長にひと声かけてください。聞くのが一番です。凪の日に来てください」とも。

船宿には貸竿もある。
 
東京湾のスミイカは、2月いっぱいまで狙えるが、場合によっては3月上旬まで出船する時もある。
 
釣り場の水深は現在20~30m前後までだが、シーズンが進めば80~100mの深場を攻めることもある。

こうなると両軸リールが一番。
 
場所は中ノ瀬の他、大貫沖や竹岡沖も有望。

場所によってはマダコやアカメフグがまじるから楽しみ。

アフターフィッシングでは刺身でも、ゲソに火を通しても、ねっとりとした食感と独特の甘みがこれまた美味。

専門性が強いため、これまで二の足を踏んでいたスミイカだが、スミイカたちの10本脚はテンヤのみならず、釣り人の心も乗せてしまう。

重量感ある手応えと、食味の良さ、スミイカは冬の釣りものとしての価値は1級だ!

乗ったときの重量感がたまらない!!東京湾のテンヤスミイカ!釣行レポート

20号のスミイカテンヤにシャコを付けて狙う

スッテの併用もオススメ!テンヤの上方に枝スを出して、そこにスッテを結ぶ

乗った!糸を緩めないように巻き上げよう

シーズン初期のアベレージサイズ

良型のスミイカをゲット

取材者も良型を手にした

こちらはスッテに乗った!

この日は比較的サイズがよかった

嬉しい1杯!

抜き上げて取り込む

この時期はスッテに乗りやすい!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小柴港「三喜丸」

 東京湾のスミイカが開幕している。

小柴港「三喜丸」は生きたシャコをエサにしたテンヤで釣果を上げている。

専用竿がベストだが、浅場を狙う間はカワハギ竿でも代用でき、スピニングリールで遠投して探るのも有効。

エサを交換する時はスナップスイベルが便利。

テンヤ以外にスッテも併用すればチャンスが増える。餌木でもOK。

「スミイカは予約をお願いします。凪で大潮、中潮の時に来てください。釣り方は聞くのが一番です。テンヤが着底したら動かさないよう糸フケを出し、7〜10秒に1回シャクってください。」と「三喜丸」の河野秀昭船長(テクニックは船宿のHPも要チェック)。

テンヤに乗れば、次のシャクリでズシッとハリ掛かりする。

カエシがないため道糸を緩めずに寄せ、テンヤを持ったらスミイカの漏斗がある白い面を海へ向ける。

さもないと濃厚なスミをぶっかけられる。

もし船内でスミを噴射されたら、素早く洗い流そう。


取材日は風とウネリがあったが、中ノ瀬の水深20m台を風裏中心に狙い、250〜500g級がトップ
8杯。

ほとんどの人が型を見ることができた。これからは大貫沖や竹岡沖でも期待できる。

今後はスミイカの型が良くなり、水深が深くなっていく見込み。

今の時期は身が柔らかく、食味も最高!

防寒対策を万全に、スミイカを狙おう。

以上の記事は「つり丸」2020年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
アブラボウズ。めったにお目にかかれない巨大魚だ。大きいと優に重量は100㎏を超える。この時期は、石廊崎周辺水深600mの根周りに産卵のためにアブラボウズが集結。深海モンスターゲットのチャンスだ!
深海の巨大魚、アブラボウズは100㎏も現実的なモンスター。近年のスロー系ジギングの盛り上がりとともに、ルアーマンの攻略法も進化。一般アングラーでも十分に挑戦できるターゲットになった。
駿河湾・沼津沖の夜タチウオが絶好調!静岡・沼津静浦港「幸松丸」ではトップ30本前後、日によっては70本という釣果を記録!1㎏オーバーのドラゴンサイズもヒットするなど、こちらも大きな魅力!
相模湾のホウボウゲームが開幕。相模湾の冬の釣り物として定着したこの釣り。平日でも2隻出船するほどの人気を誇る。釣り方は、ジギングまたはエサ釣りだが、ここでは人気ゲームのジギングを特に詳しく解説する。
ターゲット不足に悩まされていた常磐・鹿島沖のルアー船。鹿島「幸栄丸」では大洗沖の水深20〜30mのタチウオに照準を合わせると、なんとタチウオが大爆釣。前例のないフィーバーに今後も期待だ!
最新記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読