MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
衝撃!夜タチゲーム!指8本の“超”ドラゴン!駿河湾 清水港

衝撃!夜タチゲーム!指8本の“超”ドラゴン!駿河湾 清水港

清水港「大宝丸」ではF8=指8本という驚異的なサイズのタチウオがヒット中!ここではF8を狙うタックル、釣り方など攻略法を解説。防寒対策をしっかりとして挑んでいただきたい。

狙えF8スーパードラゴン!静岡・清水港 夜のビッグタチウオゲーム

PEラインは1号を基準に考えたい

清水港「大宝丸」ではF(フィンガー)8=指8本という驚異的なサイズのタチウオを狙うことができる。

しかも、沖縄や鹿児島ではなく、首都圏から日帰り可能な静岡県の清水だ。

スペースが限られているので早速本題に入ろう。

まずはF8を狙うタックル。
基本的には通常タチウオを狙う道具と変わらないが、サイズがデカイだけにいくつか気をつけなければならない。

ロッドは長さ6ft前後のタチウオジギング用やスローピッチ用、ライトジギング用など。魚のサイズが大きいからと特別なものを用意する必要はない。

重要なのはここから。
リールは、タチウオではフォールバイトが多いのでベイトが有利だが、「大宝丸」の場合はメインとなるポイントの水深が20〜30m程度と浅いので、ルアーをキャストして広範囲を攻めたほうが有利なケースもある。

そのため、スピニングタックルがあってもよいだろう。

そして、F8超ドラゴンクラスともなると一般的なタチウオの引きとは別物で、トルクもあり、スピード感もある。

「大宝丸」長橋船長いわく「まるで青物のよう」。

そのため、リールはドラグ性能のよいものをチョイスしたい。

ラインは、通常のタチウオジギングであればPE0.8号が基準となるが、サイズがサイズだけにもうワンランクアップさせたほうが安心だ。

ルアーは、ジグはメインポイントの水深が20〜30mということで、潮の流れを考慮しても一般的には60〜100g程度で十分対応可能。

だが、取材日の様子を見ていると、船の灯りに集まったベイトにマッチした小型のジグにも指5本以上のサイズがヒットしており、また120〜150gといったシルエットが大きくアピール力のあるジグにもヒットしてた。

どんなジグにヒットして来るのかは、こればかりは当日の状況による。

様々なタイプのジグを用意しておこう。

ジギングタックルは一般的なタチウオ狙い用でOK。ラインは1号がオススメだ

ジグは大・小(軽・重)多様に用意したい。浅いからと軽いものがいいわけではないのだ。狙いは指8本。未知の世界だけに悩みに悩む…

浅いことを考慮して ゲームを組み立てる

次は釣り方だ。
「大宝丸」が主に狙うポイントの水深は浅いため、ジグはキャストして広範囲を攻めたほうが魚との遭遇率が高まる。

また、キャストすることにより、船の灯りとの明暗差を狙うこともできるだろう。

夜のルアーゲームにおいては、明暗差攻略は定石のひとつだ。

ただ、その明暗差は何も船から遠いところだけではない。

足元、つまり船の下にもできる。
遠くばかりを狙うのではなく、足元の攻略も忘れないようにしよう。

ジグのアクションも様々なパターンを試したい。

基本的なワンピッチについても、大きく小さく、フォールを入れる、速い動き、遅い動き…とその種類や組み合わせは多種多様。

そのなかからどのパターンにヒットして来るのか、探っていく。

取材日は超ドラゴンは長橋船長のエサにしかヒットしなかったが、「もちろんルアーにもヒットしますよ。ぜひチャレンジしてみてください!」と言う。

防寒対策をしっかりとして挑んでいただきたい。

ドラゴン〝F8〟の衝撃!! 夜タチウオゲーム釣行レポート

主なポイントは清水港内の水深20〜30m。波は静かだが、これからの時期は寒いので防寒対策は万全に!

水深が浅く魚のサイズもいいので、本当にタチウオか?と思うような引きを見せる

サイズがいいからランディングは無理せずネットで行おう!

CB ONE、スタジオオーシャンマーク、ヨツアミ、ヴァンフック等、多くのメーカーからサポートを受けるプロアングラー・佐野ヒロムさんは指5本サイズ。「ここのタチウオは狙う価値が十分ありますね!」

佐野さんオススメのジグは「C1」(CB ONE)。センターバランスで様々なテクニックに対応可能なオールマイティーなジグだ

佐野ヒロムさんのご子息(中学校3年生)は寒い中頑張って指4本の良型!

一般的には十二分にいいサイズなのだが…

ここでは“小さい”になってしまう…

常連さんは着実に指5本サイズを釣り上げていく

こちらも指5本サイズ

全長はそんなにないが、太さがあるのがここのタチウオの特徴だ

エサ釣りにもヒット。指3.5本クラスも時々まじる

驚異の指8本!! “超”ドラゴン登場!

清水港「大宝丸」長橋寿光船長は圧巻の指8本!!取材前「狙いは指8本ですよ!」と言われたのだが、当然のことながら半信半疑。こんなのが本当にいるんだ…とオドロキだった。「これですよ、これ! ぜひ皆さんも狙いに来てください!」。ちなみに船長はエサ釣りでキャッチした。もちろんジギングでもヒットするぞ!

F8=指8本。まさに超ドラゴンと呼ぶにふさわしい、極太のタチウオだ

長橋船長のクーラーボックス。指8本を頭に指7本、6本という超ド級のタチウオが横たわる…驚愕の光景だ

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・清水港「大宝丸」

首都圏から容易に日帰りできるエリアで、こんなサイズのタチウオが珍しくなくヒットするんだ…。

そのとてつもない魚体を何本も、しかも次々と見せつけられたとき、そう思った。

ここは超ドラゴンタチウオで有名な沖縄でもなく鹿児島でもなく、静岡県静岡市の清水区なのだ。

船宿の釣果情報にはF7と紹介されているが、私が撮った写真を見ると魚体と重ね合わせた指にズレがあってF8に見える。

F8。つまり、フィンガーエイト。指8本。まさに超ドラゴンと呼ぶにふさわしい、極太のタチウオだ(写真ではF8に見えるので、ここではF8で紹介させていただく)。

その驚異のタチウオを持つのは、清水港「大宝丸」長橋寿光船長だ。

「数は少ないですが、出ればデカイです。私はエサで狙いましたが、もちろんジグでもヒットします。ぜひチャレンジしてみてください!」

今回、初めて「大宝丸」に乗船したプロアングラーの佐野ヒロムさんも、このサイズにはさすがに驚いた様子。

「まさか地元の静岡でこのサイズが狙えるというのが正直驚きです。これは価値があります。ぜひあのサイズを獲ってみたいですね」と佐野さん。

清水港のF8狙いは年明けも続く。

これは本気で狙いたい!

以上の記事は「つり丸」2020年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
人気の中深海スロー系ジギング。焼津市アングラーズショップ「アクア」のキンメ仕立て船に同船。キンメはナンヨウキンメもまじえ,、全員がキャッチに成功!2㎏クラスも登場!大盛り上がりの釣行となった。
こんなときだからこそ、アシストフックの作り方を覚えておきたい!ストックを増やしておきたい!そんな前向きなアングラーに向け、アシストフック作り方講座を開催!
外房 青物ルアーゲームがベストシーズンに突入!現在はジギングでワラサが絶好調!当日は女性陣も満喫。ひとりで何本もキャッチしていた。ヒラマサの大型も回遊!タックルを万全にして出かけよう!
東京湾に横浜新山下「アイランドクルーズFC」が展開する、クロダイ&キビレ新釣法が登場!ワームを使ってキャスティング、ボトムを攻める!ボトムチニング!!その魅力と基本釣法を紹介!
人気の高いショアからのアジングゲーム。勢いはオフショアの釣りにも波及。磯子「釣福丸」は東京湾でも数少ない、通年アジを狙い続けている船だ。連日、沸騰中のアジングナイトゲーム!ぜひ、チャレンジを!
最新記事
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
最軽量のトランク型クーラーがさらに軽量化し使いやすくなって登場!「ライトトランクα」ZSS/SU/GU/S 3200・2400
小物釣りの代表シロギスと、そのゲストでこちらも美味なメゴチを天ぷら用にさばく方法!釣りたてホクホクのシロギス&メゴチ天を作ってみよう!
人気の中深海スロー系ジギング。焼津市アングラーズショップ「アクア」のキンメ仕立て船に同船。キンメはナンヨウキンメもまじえ,、全員がキャッチに成功!2㎏クラスも登場!大盛り上がりの釣行となった。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読