MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
全面解禁!茨城 鹿島沖 アタリ鮮明!LTで大ビラメと勝負!!

全面解禁!茨城 鹿島沖 アタリ鮮明!LTで大ビラメと勝負!!

12月の全面解禁でチャンス拡大!茨城県鹿島沖のヒラメ!鹿島港「植田丸」ではLT専門乗合で出船し、絶好調!0.5~2㎏クラス主体に3~4㎏級まじりでトップ2桁釣果の好釣果が続いている。

当地初のライトタックル専門乗合 LTで軽快に!アタリも鮮明!大判の引きを楽しもう!!

12月の全面解禁でチャンス拡大好シーズン

11月に一部エリアを部分解禁、12月1日から全面解禁となり、ヒラメシーズン本番に突入した茨城エリア。

各港からヒラメ乗合が出船し、活況を呈している。

そんな茨城エリアのヒラメ釣りで新たな試みを行っている船宿がある。

それが鹿島港「植田丸」。今シーズンからヒラメ乗合をライトタックル(LT)専門にしたのだ。

数年前から千葉方面で人気が上昇していたLTヒラメだが、鹿島の船宿でもその需要が高まっていたという。

「今までも、ノーマルとLT同船でどちらもOKという船は鹿島にもあったんですが、どうせなら専門船でやりたくて、ウチは今年からLT専門にさせていただきました」。こう話すのは「植田丸」植田竜也船長。

植田船長がLTヒラメ専門船にした大きな理由は、LTのほうがお客さんがより「竿を手に持って釣ってくれるから」。

「ヒラメ釣りのときには、前からお客さんによく『ロッドキーパー持ってこなくていいよ』って言っていたんです。つまり、置き竿じゃなくて手持ちで釣って、って意味ですけどね。やっぱりヒラメは手持ちでアタリを取って釣ったほうがぜったい釣果が伸びる。LTなら軽くて疲れないから、お客さんも一日手持ちで頑張ってくれるでしょ。そうすれば釣果も伸びます!」と植田船長は話す。

細身、軽量なタックルと細い道糸を使うLTはヒラメのアタリはもちろん、イワシが逃げ惑う動き、さらには海底の様子など、海中の細かな情報をキャッチしやすい。

しかし、それも手持ちで釣ってこそ。
植田船長は多くの釣り人に一日竿を手に持って釣ってもらうためにLT専門乗合という選択をしたのだ。

もちろん、LTではノーマルタックルに比べて、かなり引き味が増幅されるのも魅力のひとつだ。

「12月の全面解禁で大ビラメのチャンスが高い時期ですから、ぜひLTで大型の強い引きを楽しんでください!」

道糸はPE1.5号以下 オモリ50号または60号

「植田丸」でのLTのルールは「道糸1.5号以下を使用」。

オマツリなどトラブルなども考慮すればPE1~1.5号が標準だろう。

使用するオモリは50号または60号ということなので両方持参しよう。

竿は、その使用オモリに見合ったLTヒラメ専用竿、またはLTロッド、ゲームロッドなど。

7対3から6対4調子ぐらいで軽量、高感度なものがベスト。

「植田丸」では状況により横流しで狙う場合もあるので、竿はあまり短いものは操作しにくい場合もある。

できれば2.1mか2.3m前後、LT・ゲームロッドの中でもやや長さがあるものがおすすめだ。

このところ狙っている水深は20~30m台中心なので、リールは小型両軸リールでOK。

ときに40m台なども狙うとのことなので、小型電動リールで手返しアップをはかるのもいいだろう。

道糸PE1.5号にリーダーとしてフロロ5~6号を1.5mほど接続しておくといい。

仕掛けは最近「LT専用」などというものも市販されているが、一般的なものでもOK。

ただし、3mの竿を前提に作られている仕掛けだと、幹糸部分(接続スナップからハリスを出す三つ又サルカンまで)がLTでは長すぎる場合がある。

そんな仕掛けを使っていると、いざ取り込みというときになかなかヒラメが寄せられなくてタモ入れしにくい場合がある。

幹糸部分は短くして使うか、リーダーを付けていれば無くてもかまわない。

植田丸のLTヒラメ用レンタルタックルは「アルファタックル フネタツ ライトヒラメ」と「アルファタックル CZ BC SW150」の組み合わせ。「手ぶらのビギナーの団体さんでもОKですよ!」

水深は20~30m台中心。手巻きの小型両リールで十分対応可能

LTのメリットを生かし デメリットは最小限に

「植田丸」では状況によって潮流し(エンジン流し)または横流し、両方の流し方で狙う。

横流しの場合は船下に道糸が入っていくこともあるので、道糸が船底に当たらないように注意を。

感度の良さなどメリットの多いLTだが、細い道糸を使う分トラブル時の高切れのリスクは増えるので、無用なトラブルは極力避けるよう気を遣おう。

エサ付けはノーマルのヒラメ釣りと変わりはない。

親バリを鼻掛けまたは口掛け、孫バリのトレブルフックは背中、または肛門付近というのがセオリー。

ただし前述した「高切れ回避」を念頭に入れると、トレブルフックの場合孫バリは背中に掛けたほうが根掛かりは減り、トラブルが少なくなるのでは。

投入時もオマツリ防止のために糸フケを出さないように気を付けよう。

オモリが着底したらオモリを底に着けっぱなしにするのはNG。

最低でも「オモリトン、トン」ぐらいでオモリが底スレスレになるように調整しよう。

また、根があるようなところではタナ取りは頻繁に。

LTだと「これヤバそうだな」って感じのゴリゴリ感も明確に伝えてくれるので、そんな場所ではこまめに&丁寧にタナを取り直して根掛かりを回避してやろう。

そんな根の中では意外と上のほうにヒラメが泳いでいることもある。

一発大型狙いの高ダナ攻めもOKだ。

アタリ明確なLT攻めのアワセを心がけよう

LTではヒラメのアタリが分かりやすいのが最大のメリット。

ヒラメから逃げ惑うイワシの動きもわかるほどだ。

今まで静かだったイワシが急にピリピリと泳ぎ出す動きが感じられたらチャンスかも。

そしてゴツゴツとイワシに食いつく前アタリ。

もちろんここでいきなりアワせちゃダメ。

スッポ抜けてしまうのがオチだ。

アワセは『ヒラメがしっかり食い込んで、ギューッと引き込まれたら』が一般的なセオリーだが…。

「そんなに待ちすぎないほうがいいと思いますよ。強い引き込みがあろうと無かろうと、ガツガツッという前アタリがひと段落して静かになったくらいでアワせちゃっていいと思います。もちろんこれでハリ掛かりしないでバラしてしまうこともあるんですけど、アワせないで逃げられるよりいいんじゃないですか」と植田船長。

確かに、ずっと待っていても強い引き込みがある場合もあれば無い場合もある。

さらに言えば、強い引き込みでアワせたからといって、必ずしもハリ掛かりするわけでもない。

前アタリがひと段落したくらいのタイミングでは、もうかなりエサが口の中に入っているという判断もアリだろう。

「“ヒラメ40”みたいに、じっくり待って食わせるのもいいですけど、せっかくのLTですから、もっとアクティブに楽しんだほうがいいと思いますよ。LTで手持ちでやっていればアタリをキャッチできる数もきっと増えると思うので、アタリを感じたらどんどん積極的に掛けに行く!そんな感じでやってみましょう‼」と植田船長。

「植田丸」ではLT専門にするにあたって新たにLTヒラメ専用竿の貸し道具を用意したとのことなので、LTを持ってない方も気軽にチャレンジできる。

シーズン本番の鹿島沖の大ビラメにLTで挑んでみては!?

脂が乗って刺身が最高!鹿島沖 解禁大ビラメ釣行レポート

今回の取材で井上直美ちゃんが持参したのは「アルファタックル フネタツ ライトヒラメ220」に小型電動「テイルウォーク エラン SW DENDO150」

鹿島初のLTヒラメ専門乗合をスタートさせた鹿島港「植田丸」。ライトタックルは感度がよく、海底イメージを掴みやすくアタリも明確!

なおちんこと井上直美さんは今回なんとバスで鹿島釣行。シケ後の底荒れに苦戦したものの、見事本命キャッチ!

12月に全面解禁し、今は大型の確率も高い時期。LTで大判ヒラメの強烈な引きを楽しもう‼

サイズは0.5~2kg前後がメイン。それに3~4kgクラスがポツポツまじってくる。12月の全面解禁後はトップ2桁前後釣る日も

取材日は11月末、つまりまだ部分解禁だったが、船中コンスタントにヒラメをキャッチ。

12月はさらに期待度アップだ!

LTでヒラメの引きを存分に楽しもう

イナダが入れ食いになる時間帯もあった

グッドサイズのマゴチもまじった。いいお土産だ

超デップリの大型メバルも

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「植田丸」

12月から全面解禁(11月は一部解禁)となり、シーズン本番を迎えた茨城県鹿島沖のヒラメ。

0.5~2㎏クラス主体に3~4㎏級まじりでトップ2桁釣果もある好釣果が続いている。

そんな鹿島沖に今シーズンからLT(ライトタックル)ヒラメ専門乗合で出船しているのが鹿島港「植田丸」だ。

「ライトタックルはアタリも引きもダイレクトに伝わって楽しいっていうのもあるんだけど、それに加えてタックルが軽ければみんな手持ちで釣るでしょ。置き竿じゃダメ、手持ちで狙ったほうがヒラメは釣れますよ!」。

こう話すのは「植田丸」植田竜也船長だ。

細い道糸と軽いオモリを使うことによって感度を上げ、アタリや海底の様子がより鮮明に分かるようになるのがLTのメリット。

さらに、ひとたび魚が掛かれば軽量で柔軟なLTタックルが、その引きの気持ちよさを倍増してくれるのも大きな魅力だ。
 
取材当日はまだ11月で全面解禁前だったうえ、シケ後で底荒れという悪条件。

それでも船中あちこちで竿が曲がり次々とヒラメがキャッチされた。

「これからしばらく、解禁したポイントを探っていきます。12月からは大型のチャンスも多くなります。LTで大ビラメを楽しんでください!」と植田船長。

以上の記事は「つり丸」2020年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
最新記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読