MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
数も型もイケる! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

数も型もイケる! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

東京湾のマコガレイが産卵期を間近に控え、荒食いシーズンに突入した。夏場に口を使わなかったカレイたちが、一斉にエサを追い出し、春の大型狙いと並ぶ、好シーズンである。

マコガレイの釣果は、トップ10枚前後、一人平均6枚前後。さらにその最大サイズは40㎝から45㎝と型も良し

この日、攻めの釣りを展開して10枚以上の釣果をあげた。

ポイントは小柴沖。荒川屋がもっとも得意とするポイントだ。

カレイの食いもいいという、マルキユーの海づりイソメ。イソメが苦手は人は使おう。

女性アングラーもゲット。

船長推奨のエサ付け。これは通常の付け方。

これはボリュームを出したいときのエサ付け。ハリを頭から1cmほどの場所に刺している

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「荒川屋」。

金沢八景「荒川屋」では、トップは10枚前後、一人平均6枚前後のマコガレイの釣果が記録されている。さらにその最大サイズは40㎝から45㎝と型も良く、カレイファンの注目を集めている。
取材日は、かかり釣りの定説を覆し、どの釣り座にも万遍なく本命のアタリが出た。これはマコガレイの本命ポイントである小柴沖の魚影の濃さを象徴している。そのため今シーズンは特にビギナーにも入門しやすいだろう。
またその一方で、この釣りにのめり込んだベテランたちは、さまざまな戦術を駆使し、非常にアクティブな釣りを展開していることにも驚く。間口が広く奥行きの深い釣りで、釣趣も深い。
マコガレイといえば煮付け。この旨さは世間一般でも定番料理となっているほど。さらにお刺身も秀逸で、高級食材であるエンガワも取れる。お寿司屋さんで「カレイのエンガワ」というメニューを見かけたことがある方もいるだろう。
「荒川屋」のマコガレイ船は、年内釣れ続く限り出船を続けるとのことだ。
今がチャンス! 釣れているうちに急げ!!

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
相模湾のコマセのキハダ&カツオが本格化!カツオは怒濤の食いを見せ、キハダは20~30㎏クラスがヒットする激アツモードに突入!基本を押さえて逃さずキャッチしよう!
東京湾のタチウオが絶好釣!一級ポイント、富津沖を得意とする富津港「浜新丸」では連日ドラゴン級まじり&数釣りでタチウオフリークを熱くさせている!
飯岡沖ではまるでハイシーズンのような大型ラッシュが続いている!飯岡港「幸丸」では4㎏、5㎏の大ダイは当たり前。なんと7㎏!のモンスターサイズも飛び出した!
最新記事
大型まじりで釣果上向き傾向!!東京湾のアマダイが絶好釣!神奈川・久比里「山天丸釣船店」で当日最大は46㎝!50㎝超もポツポツまじっている!
ヒラマサは厳しくてもサンパク&ワラサ狙いも面白い!そんなアングラーにおすすめなのが初秋の外房ジギングゲームだ!マハタやヒラメ、サワラ、ハガツオ、カンパチなどゲストも多彩!
三浦半島・城ヶ島沖ではヤリイカが釣れだした。小型主体も群れ濃厚!状況変化に合わせて対応を!秋イカシーズン開幕だ!
最新のリアルオキアミ大型バケを採用したキハダ仕掛け「最強キハダRО仕掛GK1」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読