MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
数も型もイケる! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

数も型もイケる! 小柴沖のマコガレイ【東京湾・小柴沖】

東京湾のマコガレイが産卵期を間近に控え、荒食いシーズンに突入した。夏場に口を使わなかったカレイたちが、一斉にエサを追い出し、春の大型狙いと並ぶ、好シーズンである。

マコガレイの釣果は、トップ10枚前後、一人平均6枚前後。さらにその最大サイズは40㎝から45㎝と型も良し

この日、攻めの釣りを展開して10枚以上の釣果をあげた。

ポイントは小柴沖。荒川屋がもっとも得意とするポイントだ。

カレイの食いもいいという、マルキユーの海づりイソメ。イソメが苦手は人は使おう。

女性アングラーもゲット。

船長推奨のエサ付け。これは通常の付け方。

これはボリュームを出したいときのエサ付け。ハリを頭から1cmほどの場所に刺している

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「荒川屋」。

金沢八景「荒川屋」では、トップは10枚前後、一人平均6枚前後のマコガレイの釣果が記録されている。さらにその最大サイズは40㎝から45㎝と型も良く、カレイファンの注目を集めている。
取材日は、かかり釣りの定説を覆し、どの釣り座にも万遍なく本命のアタリが出た。これはマコガレイの本命ポイントである小柴沖の魚影の濃さを象徴している。そのため今シーズンは特にビギナーにも入門しやすいだろう。
またその一方で、この釣りにのめり込んだベテランたちは、さまざまな戦術を駆使し、非常にアクティブな釣りを展開していることにも驚く。間口が広く奥行きの深い釣りで、釣趣も深い。
マコガレイといえば煮付け。この旨さは世間一般でも定番料理となっているほど。さらにお刺身も秀逸で、高級食材であるエンガワも取れる。お寿司屋さんで「カレイのエンガワ」というメニューを見かけたことがある方もいるだろう。
「荒川屋」のマコガレイ船は、年内釣れ続く限り出船を続けるとのことだ。
今がチャンス! 釣れているうちに急げ!!

以上の記事は「つり丸」2012年12月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
房総半島・洲崎沖&勝浦沖の浅場根魚!エサは違えど道具&釣り方の基本は同じ!ビッグな根魚が待ってるヨ!!浅場根周りは大型根魚パラダイスだ!
完全に乗っ込み!コンスタントに大型が上がっている剣崎沖のマダイ。剣崎間口港の仕立船「孫武丸」では、出船の度に3~5㎏前後の大型を上げている。剣崎沖から目が離せない!
アジ釣りのメッカ走水漁港。プラチナ色に輝く、大きく肉厚で体高なアジが釣れる。食べて美味しく、釣って楽しいビシアジ。「関義丸」の半日船は、ビギナーやファミリーにもオススメだ!
最新記事
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
暑さ吹き飛ぶ驚異の日焼け対策冷感ウエア「氷瀑ロングスリーブシャツMQ-01」「氷瀑タイツMQ-01」
初夏の大原沖では、イサキの数釣りとシマアジの強烈な引き&最高の食味、両方が味わえる絶品リレーがオススメ!また、大原沖の根回りは魚種が豊富!高級魚五目でクーラーを満タンに!
各種リールの糸回収を電動ドリルを使う便利品「ラインリムーバー電動ドリル用ビット」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読