MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
気配濃厚!大型&良型連発中!茨城 鹿島沖テンヤマダイ!

気配濃厚!大型&良型連発中!茨城 鹿島沖テンヤマダイ!

ひとつテンヤでマダイを狙うなら、大型マダイの気配が濃厚な茨城海域・鹿島沖だ。12月中旬の鹿島新港「第五悌栄丸」では、午前船で4.8kgと2.8kg、午後船では6.7kgと5.1kgという大型、良型が取り込まれた。

水温が下がる時期だが 大型の気配ムンムン! 大型を狙っていこう!

条件次第で大型連発もある!

2019年の秋は、関東に大型台風が連続して上陸。

その影響か関東周辺の多くの釣り場では、秋が好シーズンとされる釣り物が不調続きということも珍しくなかった。

鹿島沖のテンヤマダイも秋が不調だったターゲットの一つ。

「台風の後は本当に不調続きでした。いつもなら釣れる時期なのに、どこのポイントでもアタリが少なかったです。ようやく12月に入ってアタリが出だして、本来の調子を取り戻してきました」と話すのは鹿島新港「第五悌栄丸」の久保治彦船長。

「第五悌栄丸」の取材は12月半ば。航程30〜40分の鹿島沖水深30m前後を狙っていくと、中盤に2.8㎏と4.8㎏が連発してアタり、無事に取り込まれた。

その日の午後船では開始早々に6.7㎏と5.1㎏が取り込まれたのだ。

年明け頃も大型気配濃厚の鹿島沖。

大型狙いでいこう!

鹿島沖のテンヤマダイタックルについて

年明け頃も狙う水深は30〜40mがメインの見込み。

そのためタックルは標準的なひとつテンヤ用でOK。

竿は10号、または12号ぐらいまでのテンヤに対応した専用竿。

長さは2.1〜2.7m。

取材当日、ノリーズの榎戸さんはノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛710M」を使用して4.8㎏の大ダイを手にした。

リールはドラグ性能がいい小型スピニングリール。

道糸はPEラインの0.6〜1号を150m以上巻いておくこと。

テンヤは重さも色も バリエーション豊富に

PEラインの道糸の先にリーダー(ハリス)を結ぶが、ここの結びはFGノットやPRノットなどで直結にする。

リーダーはフロロカーボンの2〜3号が標準。

長さは3〜5mぐらい。

そしてリーダーの先にテンヤを結ぶが、テンヤはバリエーション豊富に用意しよう。

重さは2〜12号ぐらいまで。

水深10mに対して1号という基準でテンヤの重さを決定するといいだろう。

例えばポイントの水深が30mであれば、テンヤは3号を使用する。

3号で着底がわからなければ、着底がわかるまで重くしていく。

カラー(オモリの部分)によってもアタリが偏ることもある。

いろいろなカラーを持参して試してみよう。

一人で連発している人がいれば、その人が使っているテンヤのカラーを真似てみるといいだろう。

エサは冷凍のエビ。基本は1匹付け。

上のイラスト右のように、エビの頭部と尾部を固定するように孫バリを刺す。

冷凍エビは頭部が取れやすい。
仕掛けを上げ下げすることで、頭部が取れかかったり、エビ全体がズレたりすることもある。

その状態では海中でテンヤが不自然に動くので、食いが悪くなるのだ。

仕掛けを回収した時に、頭部が取れかかっていたり、ズレていたら付け替えること。

エビが小さいときは、上のイラスト左側で示したように2匹付けもアリだ。

「第五悌栄丸」で使用しているエビエサ

エコギアから大型に対応した太軸使用の「スイミングテンヤ」が新発売

エコギアから「スイムシュリンプ」などの液漏れ防止の「携帯パウダー」も新発売

底付近から 少し上のタナも探ろう

テンヤを投入したら、まず着底させる。
テンヤが落下している最中は、あまり糸フケを出さないこと。

糸フケを出しすぎると、テンヤが落下している最中のアタリや着底がわかりにくくなるからだ。

テンヤが着底すると糸がフケる。
潮が速いときはテンヤが着底すると、そのあとテンヤがどんどん流されて糸が出ていくので、着底の瞬間を見逃さないように注意しよう。

テンヤの着底がわからないときは、着底がはっきりわかるまでテンヤを重くするといいだろう。

テンヤが着底する前にアタることもある。

着底前のアタリは急に糸がフケたり、走ったりするので、糸の変化を見逃さないように。

とにかく変だと思ったらアワせるようにしよう。

テンヤが着底したら、50㎝〜1m巻き上げてアタリを待つ。

アタリを待つ間、竿をシャクリ上げて戻してテンヤを動かしてもOK。

アタリがなければ、再度50㎝〜1m巻き上げて上のタナを探ってみよう。

ベイトなどが多く、浮いた反応が見られるようなときは海底から10mぐらいまでを探ってみよう。

取材当日は午前船で2.8㎏が取り込まれ、その直後に4.8㎏がアタった。

2.8㎏は底付近でアタッたが、アワセが不十分だったのか外れてしまった。

そこでテンヤを回収しようと5mぐらい巻き上げたところで再びアタってフッキングした。

その様子から榎戸さんは、少し上のタナを意識して釣りを組み立てることに。

テンヤが着底し、そのままにしておくと浮き上がるのでラインをだして底付近をキープ。

そしてテンヤを誘い上げてみたところ4.8㎏がヒットした。

アタリがあったら、必ずしっかりアワせること。

マダイの口周りには頑丈な歯がある。
アワセが弱いと、確実にハリ掛かりせず、やり取りの最中に外れることも珍しくない。

大型が掛かったときは、魚が走ったら、止まるまでラインを出すこと。

無理に走りを止めると、細いラインを使っているので、簡単にラインブレイクしてしまう。

走りが止まったら巻き上げ、また走ったらラインを出すことを繰り返して、魚との距離を詰めて巻き上げてくる。

最後は船宿スタッフや同船者にタモですくってもらおう。

鹿島沖 ひとつテンヤマダイ釣行レポート

当日は鹿島沖の水深30m前後を主に狙った

榎戸さんにヒット!ラインが出される強い引き

大ダイが浮いた!

リーズの榎戸 富さんは、午前船で4.8kgをゲット!エコギア「オーバルテンヤ」3号にヒットした!!

こちらも午前船でヒット。2.8kgの良型

当日は午後船で5.1㎏が上がった!(画像は船宿ブログから)

こちらも午後船で6.7kg!(画像は船宿ブログから)

ジグにもヒットした!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島新港「第五悌栄丸」

ひとつテンヤでマダイを狙うなら、茨城海域の鹿島沖が大型マダイの気配が濃厚だ。

2019年の秋は連続して強力な台風が関東に上陸。

その影響なのか台風後は低調だった鹿島沖だったが、12月に入ると本来の調子を取り戻した。
 
12月中旬の鹿島新港「第五悌栄丸」の取材では、午前船で4.8kgと2.8kg、午後船では6.7kgと5.1kgという大型、良型が取り込まれた。
 
取材時にヒットした大型、良型マダイは、いずれもエビエサのテンヤにアタった。

大型はテンヤに分があるようだが、状況次第ではタイラバやタイジグにアタリが集中することもある。

これらの道具を準備できるなら、持参するといいだろう。

「第五悌栄丸」ではひとつテンヤのほか、タイラバ、タイジグで狙うのもOKだ!
 
条件次第では、今後も大型が期待できる鹿島沖。

新年の初釣りでは、夢を大きく持って大型マダイを狙って釣行しよう!

以上の記事は「つり丸」2020年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
テクニカル系沖釣りの代表格「カワハギ」。冬場は海水温が低下し、カワハギたちはより快適な深場に集まってくる。誘わないも誘いのひとつ!?別名“エサ取り名人は”魚の活性に合わせた誘いを心がけよう!
南房エリアでコマセ五目釣り一筋の江見港「新栄丸」。周年狙えるイサキに、マダイ、ハナダイ、秋にはイナダやカンパチの青物、この時季だとアマダイ、ホウボウ等々がメインターゲット!七目も八目も期待できる。
最新記事
駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカは大型で肉厚、しかも、甘みが強くおいしい。沼津の魚市場では高値で取引きされているブランドイカだ。今期も連日安定釣果。大型メインで釣れるのもこれからだ。
東京湾ビシアジが好調にアタっている。走水港「政信丸」ではレギュラーサイズ25〜30㎝級だが、40㎝級のジャンボアジもギュギューンとヒット!数は平均30〜40匹台で安定、お土産には困らない釣果だ。
違和感なくエサを食わせるしなやかさと操作性と軽さを両立したアカムツ専用ロッド「アナリスター アカムツ S-230」
外房エリアにイワシの群れが回遊。そうなると釣り場のポテンシャルは急上昇する。イワシの群れを追うヒラメは一気に活性が上がり、これからは5㎏オーバーが一気に竿を引き絞るようなシーンも見られるはず。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読