MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾タチウオジギング!小型&ロングジグでメーター超え連発!

東京湾タチウオジギング!小型&ロングジグでメーター超え連発!

フィールドは近場から定番ポイ ントまで広範囲!良型まじりで気軽に楽しめる東京湾タチウオジギング!金沢八景「太田屋」釣行で、新パターン!小型ジグ&ロングジグの活躍を紹介する!

東京湾のタチウオジギングの新パターン!小型ジグ& ロングジグの可能性を探る

本牧沖の水深35~40mラインが主戦場

人気の東京湾タチウオジギング。

近年ではほぼ周年を通してアングラーをひきつける、東京湾では欠かすことができない、ルアーターゲットとなっている。

金沢八景「太田屋」も、タチウオジギングを得意とする船のひとつ。

担当の佐野一也船長は、タチウオへの思い入れも深く、詳細なポイント開拓、アングラー目線でのテクニカルな攻略法などの習得にも余念がない、頼れる船長だ。

12月中旬の取材日は、本牧沖の水深35~40mラインが主戦場となった。

秋口から釣れ続いていたポイントだが、秋よりはやや深くなり、タチウオの平均サイズもひと回り大きくなっていた。
 
取材日は特大こそ出なかったが、アベレージサイズは80~90㎝の、幅広で肉厚魚ばかり。釣り応え、食べ応えは十分な魚が揃うので、お土産としては5本もあれば満足できる魚ばかり。
 
しかし、釣り応え、という意味では1日5本で満足できる人は少ないだろう。

取材日のトップは21本。
平均で15本前後。これは前後の釣果からすれば平均的な数。

ただ、乗船したアングラーのなかで上位の数を得た方やビッグサイズを選んで釣った方のテクニックには興味深いものもあった。

ここではそれらに注目して紹介していきたい。

タフなベイトリールが使いやすい

小型ジグとロングジグのメリットとは!?

東京湾タチウオジギングの基本釣法はかなり成熟していると思われる。

とりわけジグに注目してみると、シーズンやポイントにもよるが、120g前後、150g前後を指定する船宿がほとんだ。

浅場であってもあまり軽量化しない、というのが近年の特徴でもある。
 
ジグの形状はさまざまだが、基本としてはセンターウエイトのショートタイプは絶対外すことはできない。

これに加えて、リアウエイトの、こちらもショートタイプのものが活躍する。

この2つのジグを基本に、少々の形状変化を楽しみ、カラーローテーションをすれば、まず外すことなくタチウオジギングを楽しめる。
 
しかし、以上に加え、取材日は2つの異なるパターンが有効なケースがあった。

ひとつは小型ジグの使用、もうひとつはロングジグの使用。

対極的なこれらのジグパターンだが、取材日以外でもこれらが活躍する状況は多くあった、とは佐野船長だ。

「捕食しているベイトが、小さなイワシと親指くらいの幅、20㎝くらいの長さのタチウオの2つがあるんです」
 
捕食しているベイトに応じて、マッチさせたジグセレクトが効を奏した、という結果のようだ。
 
具体的に小型のもの、となると、鉛製ジグのなかで小型を選ぶ手もあるが、タングステン製ジグが最も理想的だ。

鉛製ジグに比べると高額なため、ロストの恐怖はあると口にしていた常連さんは、それでも積極的に使用。

とりわけ食い渋りの状況で、ひとりだけ連続ヒットを演じる時間帯もあった。

小型ジグは鉛製ジグのなかで小型を選ぶ手もあるが、タングステン製ジグが最も理想的

使い方はただ巻きやソフトな大きなワンピッチアクション

使い方はただ巻きや非常にソフトな大きなワンピッチアクションが中心。

ジャーク後のフォールアクションを出さないことがキモなのかも知れない。

とはいえ、フリーフォールではバイトを得ていたので注意が必要だ。

水深40m弱を攻めることが多かった取材時は80~120gを多用していた。
 
もうひとつのロングジグパターンは、こちらも小型タチウオを捕食している大型タチウオに照準を絞った、いわゆるマッチ・ザ・ベイトという考え方に合致したジグセレクト。

実際、釣りあげたタチウオが小さなタチウオを吐く場面があり、理にかなった攻略法といえる。

「食い渋っているときに、ひとりでロングジグを使った人が連続ヒットを演じた日があって。持っていた周囲の人が使ったら、バタバタと釣れたこともありました」
 
ジグは青物用に使う、20㎝前後のセミロングタイプがおすすめだ。

ウエイトは120g、150gと通常のジグと同様でよいだろう。
 
小型がヒットしにくい、ということで選り分けができていることもあるが、普通にワンピッチで使っているだけで、ヒットしてくるタチウオの平均サイズがグッと上がっていたのが印象的だった。

取材日の最大2本は、このジグパターンでキャッチされたものだ。
 
以上の小型&ロングジグは、あらかじめ意識していなければ用意していないタイプのジグだろう。

興味のある方は、少量でよいのでボックスに忍ばせてみてはいかがだろうか?
 
ただ、いずれのパターンであっても通常の基本ジグがあってのもの、と認識しておきたい。

また、ポイントやシーズンが変われば、当然通用しないこともある。

その点を理解のうえ、ぜひ試してみてはいかがだろうか?

ジグは青物用20cm前後のセミロングタイプがおすすめ。ウエイトは120g、150g

東京湾タチウオジギング!メーターオーバー釣行レポート

水深40m弱を攻めることが多かった取材時は80~120gを多用

年始は定番ジグの120~150gが主力となるだろう

普段はタイラバを楽しむことが多い、と言っていたアングラー。好調に数を重ねた

取材日は平日。釣り座に余裕があり、臆することなく抜き上げできた

立派なドラゴン!? 一歩手前の1本だ

浅場なのでファイトは強烈!リールを巻く手にも力が入る

この日のアベレージサイズ。なかなかの良型

釣り上げたタチウオが吐き出したタチウオ。共食いだ

スレ掛かりはタチウオジギングでは当たり前。巻き上げ力の強いベイトリールがありがたい

背中の紫色が綺麗なメーターオーバー。釣り応え、食べ応え十分だ

ずっしりと手ごたえ十分のメーターオーバー!口からは小型のタチウオを吐き出していた

タングステン製ジグで連続ヒットを演じていた手練れの常連さん

取材日、数少ないゲストとなった。イシモチ

終了間際にビッグヒット!相手はワラサ!?と期待したが惜しくもラインブレイク

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「太田屋」

「ここのところはずっと近場で釣っています。昨日は大会でしたが、トップは30本以上キャッチできました。それなりには釣れると思いますよ」

近々の状況を教えてくれたのは、金沢八景「太田屋」でタチウオ乗合を担当する、佐野一也船長。

その言葉通り、取材時のスタートは本牧沖の水深40m弱から。

アベレージサイズは幅広の80~90㎝。

メーターオーバーもポロポロまじる、という。

「ジグは120gでお願いします」

開始からひとり、ふたりとキャッチが続く。

しかし、バタバタという状況はない。

丁寧に1本1本キャッチしていく、という展開だ。

潮のたるんだ状況では、当然のごとく食い渋り。

このタイミングでは小型のタングステン製ジグをただ巻きで使い、連続ヒットを重ねていたアングラーが目立った。

「小型ジグもいいですが、ロングジグもいいですよ」

船長のアナウンスにロングジグにチェンジ、メーターオーバーを連発したアングラーもいた。

一般的なジグをオーソドックスなワンピッチで使う。

これでも一定の釣果は期待できる。

しかし、あの手この手を使って1本を獲る。

これもテクニカルな面白さだ。結果、トップは21本。

15本前後が平均釣果だった。

タチウオは良型揃い。
年始も本牧沖から横須賀沖、観音崎沖までの40~70mダチまでを視野に同様の釣りが楽しめるはず、とは船長の弁。

初釣りにもおすすめのタチウオジギングだ。

以上の記事は「つり丸」2020年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
手軽でゲーム性高く超楽しい!SLジギング「公布号」では、マダイ、ヒラメ、ヒラマサ、ワラサ、サワラ、マハタ、カサゴ、アイナメ…と、外房エリアに生息、回遊して来る代表的な魚はほとんどヒットしている。
千葉県長浦港「こなや」では、この時期シーバスジギングが活況。水温が上がり始めればグッと釣果も上向くのが例年のパターン。ここでは、基本的なタックルセレクトとベーシック釣法&釣行レポートを紹介する。
相模湾のサワラのルアーゲームは、イワシを追って跳ねればキャスティング、それ以外はジギング。タックルは2種類が必要となる。今回はタックルと釣り方の概要を紹介!極上サワラをぜひキャッチしていただきたい。
東京湾の冬の名物ジギングシーバスがシーズン佳境を迎える。川崎「つり幸」は古くからシーバス乗合を続けている船のひとつだ。タックル、釣り方の基本を押さえておこう!
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
最新記事
まだまだ寒いこの時期、オニカサゴが好調。金沢八景「忠彦丸」が現在狙っているポイントは、洲崎沖と沖ノ瀬。デカオニが潜む起伏のある場所を中心に攻めている。今回はその攻略法と釣れっぷりを紹介する!
東京湾の人気ターゲット!イシモチが爆釣中!暖冬がもたらした「想定外の好釣果」だ。金沢八景「小柴丸」では連日トップ「束(100匹)」越えを記録!この爆釣フィーバーをぜひ今のうちに!
相模湾東部のヤリイカが復調。2月前半の時点ではトップ20杯~30杯台を記録。春のヤリイカは数釣り期待!マルイカも好調。同時期にトップ30杯以上を記録。これからの時期は、2種ともに楽しみなターゲットだ。
東京湾の激うまブランド〝黄金アジ〟の必釣テクを伝授だ!重要なのは、コマセと仕掛けの同調!ビギナーでも安定釣果で楽しめるLTで迎撃しよう!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読