MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾東部 アジ、マダイ、青物など!いろいろ狙える超五目!

相模湾東部 アジ、マダイ、青物など!いろいろ狙える超五目!

小 坪港「洋征丸」では、アジ&マダイ&クロムツを狙う五目で出船。初冬までは食わせサビキ仕掛けでの青物狙いも加わっている。新年の初釣りは、アジ、出世魚で縁起がいいワラサ、ブリもゲットしよう!

いろいろ狙える超五目!ビシ仕掛けでアジ&マダイ 落とし込みで青物が狙える

アジ&マダイと青物狙いの2本柱!

小坪港「洋征丸」はカツオ&キハダが終了すると、アジ&マダイ五目乗合で出船する。

イワシミンチをコマセにしたビシアジ仕掛けで、アジ、マダイのほかクロムツなどを狙うが、ここ2、3年の晩秋~初冬はイナダ&ワラサも狙う超五目メニューになっている。

取材当日は朝イチにビシアジ仕掛けでアジ、マダイ狙い。

次は食わせサビキ仕掛けを使った落とし込み釣りでイナダ&ワラサなどの青物狙い。

そして最後はアジ狙いという流れだった。

取材当日はアジ、サバ、ワラサ、ヒラメが取り込まれた。

日によっては前記の魚種に加え、マダイ、イナダ、カンパチ、クロムツなどの高級魚が釣れる。

新年早々も同様の流れで狙う展開になりそうな見込み。

初釣りでいろいろ釣りたいのであれば、この釣りがオススメだ。

タックルはビシアジ用でOK

12月中旬の時点でも、「洋征丸」では前述したようなアジ&マダイ、青物をメインに狙っている。

そこで、必要なタックルは、とりあえずビシアジ用があればOK。

このワンタックルがあれば、ビシ仕掛けで狙うアジ&マダイも落とし込み釣りの青物狙いもできる。

竿は130~150号のオモリに対応したビシアジ用、2m前後。

リールはPEラインの4~6号を300m以上巻ける小型電動リール。

イナダ、ワラサとやり取りをするので、巻き上げ力が強いものがオススメだ。

こだわる人は青物狙いには、ライト泳がせ用やコマセキハダ用タックルを用意してもOKだ。

アジ&マダイ狙いの仕掛けについて

アジ、マダイはイワシミンチのコマセ釣りで狙う。

「洋征丸」では130号のビシを使用。
持っていなければ船で用意しているレンタルビシを使おう。

中型片テンビンにビシを装着し、クッションゴムを介して仕掛けをつなぐ。

クッションゴムの径は、ハリスの太さに適合したもの(だいたい1.2~1.5㎜径)。

長さは20~30㎝。

仕掛けはアジだけを狙う場合は、ハリス1.7~2号、全長2m前後。

ハリはムツ10号、ハリ数は2~3本。

冬場は潮が澄むことが多いので、ハリスが太いと食いが悪くなるので注意しよう。

アジ狙いの付けエサは、船で配られるアカタンのほか、アオイソメも持参するといいだろう。

アジを狙っていると、マダイも掛かることがある。

前述したアジ仕掛けではハリスが細いので、マダイが掛かると切られやすい。

そのためマダイの反応が出ているというアナウンスがあったときなど、マダイを狙うにはハリスを太くしよう。

マダイだけを狙うには、ハリス3~4号、2m前後。

ハリは太地ムツ11~12号。

エサは1㎝角に切ったサバの身を付ける。

「洋征丸」ではアジとマダイを同時に狙えるオリジナル仕掛けを販売している。

上のイラストの左側に示したのがそれだ。

3.5号の幹糸の先にループが二つ出ており、一番先端のループに、太地ムツ12号を結んだ3号ハリスをループtoループで接続。

もう一つのループに、ムツバリ10号を結んだ2号ハリスをループtoループで接続する。

3号ハリスを結んだ一番下のハリに、1㎝角に切ったサバの切り身を付けてマダイ狙い。

2号ハリスを結んだ枝バリには、アカタンを付けてアジを狙う。

ビシはプラビシの130号

マダイ狙いにも対応した「洋征丸」オリジナルのアジ&マダイ仕掛け

アジ狙いにはアカタン、マダイ狙いには1cm角にカットしたサバの切り身

アジ狙いはコマセを 狭く濃くまく!

釣り座が決まったら、まずは道具のセッティング。

上のイラストのように、ロッドキーパーのトモ側にコマセオケをセツトすると仕掛けが絡みにくくなる。

ビシにコマセを7~8分目ぐらい入れ、ハリにエサを付けて投入する。

ビシが着底したら、すぐに糸フケを取る。

タナが海底から5mの場合、3m巻き上げたところでコマセをまく。

さらに1m巻き上げてコマセをまく。

そして、もう1m巻き上げたところでコマセをまいてアタリを待つ。

1~2分待ってもアタらなければ、仕掛けを回収して巻き上げよう。

コマセをまくのは海底から3~5mの範囲。

この幅2mの範囲でビシ内のコマセを全て出すようにまくこと。

狭い範囲に濃くコマセをまくことで、アジを集中的に寄せるのだ。

これよりも幅広くコマセをまくと、アジはコマセにつられて広範囲に散らばり、食いダナが広くなって食わせづらくなるのだ。

また、長時間仕掛けを入れっぱなしにしないこと。

アジはコマセに反応しやすいので、手返しよく仕掛けを入れ替えてコマセを切らさないようにするのが、コンスタントにアタリを出すコツだ。

とくにビギナーは手返しが遅くなりがちなので注意しよう。

マダイヒットの可能性もあるので、タナを取ったあとは必ずドラグ調整を忘れずに!

もしアジとは違う引きが強い魚が掛かった場合は、ラインを出しながら慎重に巻き上げてくるようにしよう。

落とし込み釣りで青物を狙うには?

「洋征丸」の高木洋征船長が青物狙いでオススメしているのが落とし込み釣り。

仕掛けは「食わせサビキ」と呼ばれる専用のサビキ仕掛けを使う。

船で用意している仕掛けは、幹糸12号、枝ス10号。

ハリは喰わせ胴打の8号、8本バリ。

ハリにはサバ皮とハゲ皮が交互に付けられている。

道糸の先にオモリが付いていないプラビシをつなぎ、その先に仕掛け、オモリの順番でつなぐ。

コマセはイワシミンチを使う。
仕掛けを投入し、オモリが着底したら、すぐに糸フケを取る。

そして小刻みにコマセをまきながら、海底から5~6m上まで巻き上げてアジのアタリを待つ。

まいたコマセのなかに仕掛けを通していくイメージだ。

竿先が震えてアジが掛かったら、ゆっくりオモリを着底させる。

そして2m巻き上げた位置で青物のアタリを待つ。

アタリがなく、しばらく待っているとアジの元気がなくなる。

元気がないアジはアタりにくいので、仕掛けを回収して再投入する。

アタったら即アワセは禁物。
ハリが小さいのでスッポ抜けやすいからだ。

完全に食い込んでから竿を立ててハリ掛かりさせる。

巻き上げ時もドラグを効かせて慎重に!

強引に巻き上げると、ハリが小さいのでスッポ抜けやすい。

落とし込み釣りの仕掛け(食わせサビキ)は船で購入できる

アジ、マダイ、青物 クロムツ、ヒラメなど!超五目 釣行レポート

取材当日は秋谷沖〜城ケ島沖を狙った

アジ狙いはコマセワーク次第で差がつくぞ!

小坪港「洋征丸」では、この時期、アジ&マダイ五目で出船。

イワシミンチコマセで狙うアジは良型主体!

こちらも良型

食いが立てば一荷もある

嬉しい一荷

ビシアジスタイルで狙う!

青物は水深70m台でヒットした!

落とし込み釣りにヒット!

ワラサが浮上!

当日はワラササイズだけだったが、ブリ級が取り込まれることもある

食わせサビキに掛かるアジはこのサイズ。エサにピッタリ!

阪本智子さんも落とし込み釣りでワラサをゲット。

嬉しい1本!

こちらは泳がせ釣りにアタった

ワラサは出世魚。初釣りで釣れれば縁起がいい

カップルでワラサをゲット!

落とし込み釣りではヒラメも掛かる!

こちらも落とし込みで掛かったヒラメ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・小坪「洋征丸」

小 坪港「洋征丸」では、キハダ&カツオが終了してからアジ&マダイ五目で出船している。

イワシミンチコマセを使ったビシアジスタイルでアジだけでなくマダイやクロムツを狙うメニューだが、ここ数年、初冬までのシーズンは青物狙いも加わっている。
 
青物は食わせサビキ仕掛けを使った落とし込み釣りのほか、泳がせ釣りでも狙える。

「洋征丸」の高木洋征船長がオススメするのが、釣趣抜群で実績も高い落とし込み釣りだ。
 
落とし込み釣りは、コマセをまいてアジを食わせ、アジが掛かったら青物のタナへ仕掛けをセットしてアタリを待つという釣り方。

取材当日はワラサのほかヒラメもヒット。

このほかカンパチやブリがヒットすることもある。
 
新年の初釣りは、アジのほか、出世魚で縁起がいいワラサ、ブリもゲットしよう!

以上の記事は「つり丸」2020年1月15日号の掲載記事です。

関連記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!
好調が続いている日立久慈沖のテンヤマダイ!これからは浅場がメイン!大型まじりでゲストもカンダイ、イナダ、カサゴなどアタリ多く、ビギナーにもオススメだ。
カモシ釣りの有名ポイント、外房御宿沖三本松にヒラマサ回遊中!カモシヒラマサ入門には最適期だ!他には1.5~3㎏級の乗っ込みマダイも釣れている!
最新記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読