MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
秋ダイ高活性! 食べごろサイズの数釣り満喫!【東京湾口富浦沖】

秋ダイ高活性! 食べごろサイズの数釣り満喫!【東京湾口富浦沖】

秋本番で各地の魚たちはみな高活性! 釣り物選びに困ってしまう季節。そこで、沖釣りの超人気ターゲットであるマダイをセレクト! 釣果の程を紹介する。

perm_media 《画像ギャラリー》秋ダイ高活性! 食べごろサイズの数釣り満喫!【東京湾口富浦沖】の画像をチェック! navigate_next

ここのマダイ釣りの特徴は、ハリスの長さが10m、少量のオキアミコマセで高ダナでマダイを浮かせて狙うこと

9月〇日にあがった6.8㎏の大ダイ。今年の「共栄丸」レコードサイズ。

大型新造船での釣りだ。平日が狙い目。

小型から大型まで誰にでもチャンスがあるぞ!!

「共栄丸」では、下船後に釣った魚を並べて記念撮影する。十分に数釣りと言える釣果を得ることができる。

このサイズが一番食べごろだ。数釣りはこのサイズがメインとなる。

夫婦二人三脚で船宿営む「共栄丸」。右から笹子広宣船長、奥様のかおりさん。

東京湾口の富浦沖でマダイが活発だ。
秋といえば、食べごろサイズである1㎏前後のマダイが数釣りできるシーズン。まさにそれにぴったりと当てはまっているのが、富浦沖だ。
「今期は9月半ばからコマセマダイを再開しました。のっけから、3㎏〜6.8㎏の大ダイをキャッチできたので、この秋はもしかして当たりかな? と思っていたのですが、半月ほど様子をみてみると、1㎏前後のマダイが数釣りできてますのでほぼ例年どおりですね」とは、コマセマダイに力を入れている富浦港「共栄丸」の笹子広宣船長の弁。
ここのマダイ釣りの特徴は、ハリスの長さが10m、少量のオキアミコマセで高ダナでマダイを浮かせて狙うこと。静岡や新潟と同じ釣り方だ。
秋のマダイ攻略のカギは、早い手返し、つまり、エサ取り対策にある。そして、3号以下の細ハリス使用はできるだけ避けたい。なぜなら、1発大物ヒットがあるからだ。
今後、ゲストには、イナダ、ワラサなども多くまじるようになる。富浦沖の青物の超一級ポイント、象背根も青物回遊待ちでいつワラサがフィーバーするか分からない。
秋ダイの数釣りに加えて、ワラサも視野に入れて秋の内房のコマセ釣りを楽しんでもらいたい。

ハリスの全長は10m オキアミコマセで狙う

コマセはカゴの半分くらいまで。ドバまきはしない。

探見丸には、マダイの魚影がくっきりと。この反応が出ているポイントで大ダイがヒット中。

ビシは80号。コマセはオキアミなので、タックルは、一般的なマダイ専用でオーケー。
波静かな館山湾内での釣りとなるので、2m前後のショートロッドでもよい。
ハリスは全長10mが基本。上ハリス6号6m、下ハリス4〜5号4mというのが、基本仕掛け。ハリは1本がオススメ。
ハリス選びで注意したいのは、下ハリスはけして3号以下は使わないこと。なぜなら、前述のとおり、大ダイが高確率でヒットするポテンシャルの高いフィールドだからだ。
産卵を終えたマダイは元気がいい。さらに水温も高いので身軽なマダイは青物のように泳ぐ。つまり、ヒットしたらかなり引きが強烈なのだ。
ゆえに、3号以下の細ハリスでのやり取りは危険。少し太目と思われるハリス5号でもマダイの食いが落ちることはない。
ハリは、マダイの8〜10号。食いが渋くなったら、ハリを小さめにするのが効果的だ。
エサは、オキアミ。
「共栄丸」は、1.5㎏のオキアミブロックを2個支給されるが、そのコマセ用のなかから付けエサをセレクトするとよい。もちろん、付けエサのみを持参してもよい。

釣り方は高ダナでマダイを浮かせて釣るスタイル。誘いは落とし込みと誘い上げが有効

小型のマダイは抜きあげだ。手のひらサイズは、できるだけリリースを心がける。

この海域でもスタンダードになりつつある、高ダナ指示のコマセマダイ釣り。
内房でいち早くこの釣法をとりいれ実践しているのが「共栄丸」だ。
さて、釣り方だが、まずはコマセについて。
ワラサ釣りのように、コマセのドバまきはしない。
まず、プラカゴやステン缶に入れるコマセは半分も詰めれば十分。
コマセの振り出し量を調整するのであれば、プラビシなら下窓は1〜2㎜ほど開け、上窓を全開。つまり、ステン缶のようにオキアミコマセがポロポロと出るようにするのがベスト。
船長はタナを指示する。
まずは、指示ダナより5mほどビシを沈め、指示ダナまで数回に分けて軽くコマセを振り出す。
さて、ここから大事。
指示ダナで置き竿でアタリを静かに待つのが基本だが、アタリを待つとき、誘いをかけるときは、けして、指示ダナよりビシを下げないこと。
むやみに下げてしまうと、浮いた魚が沈んでしまうから。
秋のマダイは底狙いというが、コマセマダイ釣りでは、コマセ効果によりかなり浮く。浮いたマダイを釣っているほうが、乗船者全員にチャンスが行き届き、結果として、釣果を期待できるのだ。
誘いの定番は、春同様、落とし込みだ。
この誘いをする上で注意しなければならないのは、前述のとおり、ビシを指示ダナから下げないこと。
つまり、落とし込みの誘いを行うには、指示ダナよりビシを2〜3mほどあげて、そこから指示ダナまでビシを下げるようにする。
誘い上げも同様で、指示ダナからデッドスローで3mほどリールを巻き上げるか、竿を持ってゆっくりを聞き上げるようにする。
タイラバでマダイがエサを追いかける様子をイメージしてみよう。この誘いは1㎏前後のマダイには効果てき面だ。

エサ取り対策が秋のマダイ攻略のカギ。ハリスは2mまでは伸ばしてオーケー

“秋ダイ釣りはエサ取り魚との戦い”ということをまず頭に入れよう。
エサ取り魚になりうるのは、ソウダガツオ、ウマヅラハギ、サバ、フグ、ハナダイなど。
とくにソウダが回遊しているときは、仕掛けの投入中にエサを食ってしまい、オマツリを多発させる。
そんなときは、ひと工夫が必要だ。
まずは、早い手返し。周りもしくは自分の回収した仕掛けをみて、エサがあるかどうかを常に気にしよう。
エサが取られているようであれば、投入から回収のインターバルは、約3分としよう。
せわしない釣りになるが、これが秋のマダイ釣りだ。
ビーズなどのアピール系アイテムも外してしまおう。ビーズを重さを加える目的で付けているのであれば、ビーズではなく、ガン玉で対応する。
ハリの色にも注意したい。金バリは、エサ取り魚を呼ぶ。銀、もしくは黒色のハリを選択しよう。
エサ取り対策をしながら、回収したハリにエサが残っていたらチャンスだ。
大ダイもしくはマダイの群れが船下に回遊している可能性がグンッと高くなる。海のなかで上位種のマダイがエサ取り魚を寄せ付けないからだ。
このタイミングで落としこみ、もしくは誘い上げを行うと大型ヒット率があがるだろう。
コマセマダイ釣りでは、食い渋るとハリスを長くするのが得策とされているが、「共栄丸」では、2mまで伸ばしてオーケー。
しかし、秋ダイはまいたコマセのなかに突っ込んでくる傾向もあるほどなので、ベテランの常連さんは、逆にハリスを短くする人もいる。
ハリスの長さは10mとし、釣れる! と信じて釣り続けるのが秋の釣りと考えるのが正解だろう。
さらに、気になることは、仕掛けを重くするかどうか。
ハリスのチモト付近に重みとなるビーズやガン玉を付けると、ちょっとした動作で付けエサに動きを与えることになる。つまり、魚に高アピールすることになる。
この理由を理解して、仕掛けを調整してみよう。
迷ったら、シンプルイズベスト! の考えで基本の釣り方を思いだして対応するとよい。

以上の記事は「つり丸」2017年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル